ふと、昔を懐かしむ - にゃん吉一代記
fc2ブログ

ふと、昔を懐かしむ



大塚食品の、ボンカレーが発売されたのは、昭和43年である。
レトルト食品の最初だったと思う。
ちなみに、ハウス・バーモンドカレーが発売されたのは、
昭和38年のことである。
カレーは、辛くて大人の食べ物であった。
昔は、カレーを作るにも、手間隙がかかっていたであろう。
田舎では、レトルト食品も、すぐには受け入れられなかったのであろう。
にゃん吉のご幼少のみぎりに、ボンカレーは発売されていたはずであるが、
初めて、ボンカレーを食べたのは、向学心溢れる小学校の中学年だった気がする。
定かな記憶ではない。
ちなみに、昔は電子ジャーや炊飯ジャーは一般的ではなかった。
象印が、電子ジャーを販売したのは、昭和40年の頃である。
大ヒット商品となった、電子ジャーであるが、
こちらも、すぐに普及したわけではない。
電子ジャーや、炊飯ジャーが普及する前の、ご飯は、
炊飯直後は、温かいものであるが、
時間がたてば、冷えるのが当たり前のことであった。
ジャーが普及し始めた最初の頃は、今ほど温度制御が正確ではなかった。
そのため、しばらく保温すると黄変したり硬くなったりした。
ジャーで保温した米を好まない人も多くいたのである。
今でも、若干その傾向は残っているが、
TDKの感温リードスイッチなどが使用されるようになってから、
ジャーで、しばらく置いた、お米も悪くはなくなっているのである。

さて、にゃん吉が幼少のみぎりの頃のカレーといえば、
冷えたご飯にかけて、食べることが多かった。
朝とかに炊かれた米が残った時に、昼に食べる。
その時に、あたたかいカレーをかけて食べると、
それはそれで、美味しかった気がするのである。
猫舌であるので、辛くて熱いものは苦手である。
その点、冷えたご飯にかけた、カレーはまろやかなのであった。

レトルト食品が多くなり、一人前づつ作って食べられるような
時代ではなかった。そして、お米もいつまでも保温はできなかった。
でも、その時代なりの工夫をして、楽しい食事をしていたのである。
学校で行われる、集団のキャンプといえば、
飯盒炊飯と、カレーであった。
多少、間違っても食べ物になる点がよかったのである。
贅沢ではないのであるが、贅沢な気分でもあった。
ほんの、40年ほど前のできごとであるが、
今となっては、かなり昔のことのように感じるのである。


関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

新しい記事
関西に4か月あまり居た。 Nov 30, 2022
一週間は意外に短い Nov 28, 2022
動画 予告 Nov 27, 2022
ホビーランドぽちのイベント Nov 26, 2022
FXなねこ Nov 24, 2022
FXなねこ Nov 22, 2022
インフルエンサーって何? Nov 09, 2022
鉄道模型を買ってみた Oct 31, 2022
FXなねこ Oct 18, 2022
FXをはじめてみた Oct 17, 2022
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂と思ってから、すでに5年以上。
YOUTUBE cat558 もよろしく!
まだまだ、更新!

最新コメント