命がけ - にゃん吉一代記
FC2ブログ

命がけ



にゃん吉、昔は釣りに凝っていたのである。
海釣りが大好きであった。
休日になれば、磯釣りや舟釣りに出かけていたものである。

釣りは、いつもいつも大漁ということには、ならない。
ちょっとしたことで、釣果は大きく変わってくるのである。
不思議なことに、同じような釣りかたをしていても、
釣果に大きな差が出ることもある。

一人で釣りに出かけることは少なかった。
たいてい、何人かで出かけたものであるが、
普通は、こっちの釣果が勝ったり、
一緒に行った人の釣果が勝ったりであった。

ただ、一人、毎回、勝てない人がいたのである。
道具や仕掛けを同じものにしても、どうしても勝てない。
こちらが得意とする磯に上がっても勝てないし、
同じ舟で隣で釣っても勝てないのであった。

その人が参加していない時には、竿頭になることもある。
ところが、その人がいる時は、いくらがんばっても二番なのである。
何戦やったかは覚えていないが、100戦は超えている。
10人の釣り人がいて、他の人がほとんど釣れない中でも、
その人は大漁、こちらは普通に釣れていることもあった。

どうしても、勝てない。
ある日、その人と飲みながら話したこと。
その人が言った言葉が印象に残った。
「釣りは、こちらは遊びでも相手は命がけ。」
そうである、魚は命がけで食事をしているのである。
こちらは軽い遊びの気持ちであるが、
釣られた相手は、命を失うことになるのであった。
そう考えると、軽い気持ちで釣りに臨むのは失礼である。

釣りも、漁も、こちらが優位な立場である。
狩るもの、狩られるものと考えれば、それがわかる。
そして、相手は命がけなのである。
こちらも、それ以上に懸命にならなければ、
得られるものは少ないのである。

生きることは、何かを犠牲にすることによって成立つ。
植物にも生がある。
動物にも生がある。

だから、生きていることは貴重なのだ。
自分も、自分以外の生も尊ぶために、
できる限り生きることが必要であろう。

相手の立場を考えながら臨めば、多くのことは
うまくいくのである。
それが、自己の発展かもしれない。


「相手は命がけ」
その相手に対するには、
「こちらも命がけ」

軽い気持ちでは命がけの相手には勝てないのである。




関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

新しい記事
https Dec 18, 2018
成田空港第3ターミナル搭乗口なう Dec 13, 2018
成田空港なう Dec 13, 2018
ややこしい質問 Dec 07, 2018
「かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発」 Dec 06, 2018
すいません ほぼ日のパクリ Dec 05, 2018
トレノとポルシェと麻婆豆腐、時々、黒烏龍茶 Dec 04, 2018
500系新幹線の中 Nov 30, 2018
きょうへい君 Nov 30, 2018
フラワーハウス「にゃん吉」 Nov 29, 2018
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
アクセス
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂
電車と、ラジコンヘリと、お出かけが大好き。
おまけのおもちゃB級コレクター。
まだまだ、更新!

Rakuten
最新コメント