もしもしカメよ♪ - にゃん吉一代記
FC2ブログ

もしもしカメよ♪



イソップ物語の「ウサギとカメ」は、知っている人も多いことであろう。
外国の物語なのだが、「うさぎと亀」の唄発祥の地は日本なのだ。


童謡の父・石原和三郎は、花輪地区の出身で、駅の近くにある旧花輪小学校の校長を務めたことがある。その記念として、校庭に記念碑が建てられ、「うさぎと亀」に歌詞が書かれている。また、出生した場所が駅より足尾方面へ2つ目の踏み切りの角にあり、票が立てられている。この地区はかつては、足尾銅山で産出された銅を江戸まで運ぶために開かれた街道「銅街道」の道筋にあり、宿場町として栄えた。今でも、銅蔵を持つ家がある。東町内では国道からは外れてはいるものの、江戸・明治の頃、足尾線が開通されるまでの間、人々が行き来した様子が伺える。なお国道122号線(大間々から足尾間)を銅街道と呼ぶ人がいるが、こちらは新道であり、往来していた頃の街道とは異なる。

Wikipediaより



これは、わたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線花輪駅の中の説明だ。

以前は1面2線の島式ホームだったが、国鉄時代に合理化のため1面1線の単式に変更された。「うさぎと亀」の唄発祥の地にちなみ、列車が接近・到着すると同曲が流れる。接近放送が流れるのは、わたらせ渓谷線内では同駅とJR桐生駅のみである。ホームにうさぎ・亀の石像がある。
Wikipediaより



引用ばかりでページを作ろうとしている。
手抜きだ。


ホームにウサギとカメがいるそうだ。
これは見に行かなければ。


DSCF7532.jpg

♪もしもしカメよかめさんよ~♪


DSCF7533.jpg

なんか趣のある駅だ。




DSCF7534_2020121506544350b.jpg

駅舎の改札を通らなくてもホームに出られる。
リーズナブルだ。
うしろすがた?
ウサギ?かめ?

DSCF7535.jpg

いた!
ウサギとカメ。



DSCF7536.jpg


DSCF7537.jpg

でかい!


DSCF7538.jpg


DSCF7539.jpg


DSCF7541.jpg


DSCF7543.jpg


DSCF7544.jpg


DSCF7545.jpg


DSCF7546.jpg


1DSCF7547.jpg


DSCF7548.jpg


なかなか汽車が来ない。
一緒に撮影したかったが、あきらめた。


関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

新しい記事
ネット重い Apr 04, 2021
すこし Mar 25, 2021
すごくない Mar 21, 2021
古い動画が見られている不思議 Mar 19, 2021
185系の動画を作った Mar 15, 2021
次の動画 C57 1 Mar 12, 2021
歯医者さんに行った Mar 11, 2021
飯田線の電車 Mar 08, 2021
小田急のロマンスカーで小田原に行きたい Mar 04, 2021
花粉がやばかった Mar 02, 2021
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
35位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂と思ってから、すでに5年以上。
YOUTUBE cat558 もよろしく!
まだまだ、更新!

最新コメント