車の整備でもやろうか - にゃん吉一代記
FC2ブログ

車の整備でもやろうか



休日だ。
三密を避けねばならない。


DSC_1959.jpg

朝の検温をしておく。
車の前に自分の整備をしておかないと。
半世紀以上も使っているボディーだ。
そろそろ、オールペイントでもしたい気分だ。
軽くドレスアップしたいが、床屋さんも休業している店が多い。


仕方なく車を眺める。


DSC_1961.jpg

見た目より遅い。
ハンドリング悪い。
ドリフトできるパワーがない。
もともとの動力は、3V だ。



DSC_1963.jpg


古い車なのに、EVなのだ。
直流モーターは、電圧を上げるのが手っ取り早いパワーアップの方法だ。
ただ、モーターのコントローラーなどの受信機も同じ動力からとっている。
ここをバイパスさせるとスピードコントロールができない。
電圧を上げすぎると、このへんが破損するかもしれない。
モーターは消耗品ということで、わりきる。
そのあたりに、いっぱいころがっているし。



DSC_1964.jpg

オリジナルは、このように単三電池2本を車体底におさめる。
ここに、リポ電池でも収納できるようにすれば、1本で3.7V付近のパワーは出せるようになる。
それも悪くは無いが、手軽ではない。
リポ電池は取り扱いにも注意が必要だ。





DSC_1965.jpg

そこで上部に単四乾電池3本の電池ホルダーを取り付けた。
電池の交換時にボディーを外さないといけないが、たいていのミニッツは、ボディーを外して電池交換する。
アルカリ乾電池を使用する場合には、単三電池は1本あたり約23グラム。オリジナルは単三乾電池2本なので燃料の重さは46グラムだ。単四乾電池の1本あたりの重量は、約11グラムだ。これを3本のせると、約33グラムになる。燃料の重量は、約13グラムも軽量化できる。航続距離は短くなるが。
電池ホルダー自体は6~7グラム、配線を入れても10グラム以下でおさまりそうだ。
軽量化は果たしている。




DSC_1962.jpg


重い燃料を、オリジナルのモデルより高い位置に積むことになる。
これは、ハンドリングに悪影響を与えるかもしれない。






関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

新しい記事
ユーチューブ Sep 06, 2020
9月ですね Sep 06, 2020
コロナはイヤ Aug 02, 2020
にゃん吉一代記 Jul 28, 2020
悲しいお知らせ Go to キャンペーン! Jul 16, 2020
県外ナンバーの車 Jun 25, 2020
改造 車内 Jun 25, 2020
どうも調子がよろしくない Jun 25, 2020
蒸気機関車 C50 KATO Nゲージ生誕50周年記念 Jun 25, 2020
梅雨だが Jun 22, 2020
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
220位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
66位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂と思ってから、すでに5年以上。
YOUTUBE cat558 もよろしく!
まだまだ、更新!

最新コメント