京都鉄道博物館のC56 - にゃん吉一代記
fc2ブログ

京都鉄道博物館のC56



このブログのカテゴリーも多くなったものだ。
かなり気分のままに更新しているのだが、そこそこのアクセス数なのがうれしい。

その外出は命よりも大切なものですか?

今のご時世に沿ったアピールだ。

今は、神奈川に来ないで!

少し前まで神奈川県民だったのに。
今のご時世だから仕方ない。
そこは、割り切りだ。



DSCF5054.jpg


DSCF5049.jpg


DSCF5051.jpg


DSCF5052.jpg


DSCF5053.jpg


京都鉄道博物館のC56だ。
動態保存機だ。

ちょうど、お客さんを乗せて走っている日だったので、動的な写真だ。
先輪や動輪がスポークになっている仕様の蒸気機関車は比較的古い機関車だ。
新しいものは、ボックス動輪になっている。


DSCF5055.jpg


DSCF5058.jpg


DSCF5056.jpg


DSCF5059.jpg


DSCF5060.jpg


DSCF5061.jpg


DSCF5062.jpg


DSCF5063.jpg


トロッコ風の客車を牽引している。
ほんの短い距離の往復なのだが、蒸気機関を動かすために準備の時間は長い。
過去には鉄道は手間がかかるものだったことがわかる。
無駄を楽しむことも、本当は無駄ではない貴重な時間のような気がする。
この連休は、貴重な無駄を楽しむこともできそうにない。


DSCF5064.jpg


DSCF5065.jpg


DSCF5066.jpg


DSCF5067.jpg


DSCF5068.jpg


DSCF5069.jpg



テンダー車は、後方視界が悪い。
でも、小型のC56は、テンダーの両端を低くして後方視界を確保しようとしている。
実用的だ。
残念ながら、後退は苦手だったようだが。
このような努力が楽しい。
完成しすぎると、楽しくない。
このテンダーは、まさしく機能美だ。
ポニーと呼ばれたC56の真髄だと思う。


DSCF5083.jpg


DSCF5084.jpg


DSCF5085.jpg


DSCF5086.jpg


DSCF5087.jpg


DSCF5088.jpg


お顔も気品がある。
はやりの小顔だ。


Nゲージ蒸気機関車 KATO C56 小海線 マイクロエース C56 150




模型もなかなかいい。



関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

新しい記事
サーフェスのためにデータ消去ソフトを探したが難しい。 Sep 29, 2023
赤城の山も今宵限り Sep 29, 2023
眠いのは、いつものこと Sep 28, 2023
 サーフェスが寿命を迎えたようだ。 Sep 27, 2023
周波数の違いはいらない Sep 27, 2023
ジムニーJB23にピポットガードをつけてみた Sep 26, 2023
畳の色がそこだけ若いわ Sep 25, 2023
国定忠治のお墓 Sep 24, 2023
C11 265 がいた。 Sep 24, 2023
ジムニー JB23にトランスファーガードを取り付けた Sep 24, 2023
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂と思ってから、すでに5年以上。
YOUTUBE cat558 もよろしく!
まだまだ、更新!

最新コメント