年末だと感じる瞬間 - にゃん吉一代記
FC2ブログ

年末だと感じる瞬間



年末年始の、それらしさを感じる機会は年を追うごとに薄くなってきている。
世間の人は、どうなのかわからないが自分では不便だった昭和の頃の年末のほうが良かったと、しみじみ思っている。
宅配便のドライバーについて記事が出ていた。もともと年末は荷物が多くなるのに、ここ数年はネットショッピングの荷物が増え続けて、捌ききれないといった記事だ。荷物は増えても、その運賃は安いようで人は増やせられないらしい。会社は世間の風当たりを気にして労働時間の短縮などを叫んでいるらしいが、現実にそれはやりきれないだろう。荷物が増えるということは道路上の車も増えることが多い。こんな中で再配達を減らすために宅配ボックスには早く配達するといったことも行われるらしい。他社の荷物が多くなると宅配ボックスに荷物を入れることができなくなり、数度、足を運ばなければならなくなるからだ。ドライバーにとってコンビニ配送は、とてもいいものらしいが、コンビニの店員にとっては大きな負担らしい。ユーザーの利便性のために多くの人が犠牲になっているのだ。これを当たり前のように感じるユーザーが多いのも事実だろう。人を減らして労働時間を減らして仕事量は増やしてと矛盾を叫ぶ企業のいかに多いことか。国や自治体も一緒になって矛盾の叫びを続けている。某急便という運送会社の社員が荷物を粗末に扱ったと動画がニュースで流されていたが、働く人の苦悩は大きくは取り上げられない。社員が自殺してしまった某大手広告関連会社の件も残業を少なくすることばかりが取り上げられているが、根本を解決しようとする人はいない。午後10時に会社の明かりを消せば残業と社員の苦悩がなくなるのなら、誰も苦労しない。宅配便のドライバーの話に戻ると、それだけ苦労しても給料には、あまり反映しないらしい。某アマゾンの荷物は元は佐川急便が取り扱っていたらしいが運賃で折り合いがつかなくてやめたそうだ。これを考えると佐川急便は偉いと思う。そうしなければ荷物だけでなく人にまで危害を加える事態が起きていたかもしれない。そしていまは、ヤマトと日本郵便などがアマゾンの荷物を扱っているらしいが、運賃は安く働けど働けど猶我が暮らし楽にならずの状態らしい。つまり過当競争を会社が受けて現場に無理をもたらしているのだ。これを無くさずに何を言っても真実はない。



2016122908395433d.jpg

あわただしいまま年末。
仕事納めの翌日の出勤だ。




関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

新しい記事
ユーチューブ Sep 06, 2020
9月ですね Sep 06, 2020
コロナはイヤ Aug 02, 2020
にゃん吉一代記 Jul 28, 2020
悲しいお知らせ Go to キャンペーン! Jul 16, 2020
県外ナンバーの車 Jun 25, 2020
改造 車内 Jun 25, 2020
どうも調子がよろしくない Jun 25, 2020
蒸気機関車 C50 KATO Nゲージ生誕50周年記念 Jun 25, 2020
梅雨だが Jun 22, 2020
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
233位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
70位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂と思ってから、すでに5年以上。
YOUTUBE cat558 もよろしく!
まだまだ、更新!

最新コメント