Bトレインショーティー総武流山線 N化完了 - にゃん吉一代記
fc2ブログ

Bトレインショーティー総武流山線 N化完了




Bトレインショーティーで、流山線の電車は3種類発売されているようだ。
2種類は、鉄道模型屋さんで古いものが売られていたので買った。2000形や3000形の頃の車両なので3両編成で走っていた頃の電車だ。実際に見たことはないが写真などでよく見かけた。
2008年8月に総武流山線は、「流山線」が正式名称になったらしい。ところで流山線のBトレインが発売されたのは、いつ頃だろうかと気になったので調べてみた。実は路線名が流鉄流山線に変わる前の2007年12月に発売されていた。新品を見かけないわけだ。


20160818081711b61.jpg

以前に買った流馬と流星。ネーミングは「流山」や「馬橋」からきているのだろう。それぞれの編成で色も変えてあるし名前もつけてあっておもしろい。流馬と流星は中古品とはいえ箱に入った状態で売られているのを見かけるが、なぜか若葉は見かけることがなかった。

ところが、2箱安く売られているのを発見した。当時の販売価格と比較すれば安くはないが、今の新品のBトレインの価格は高騰している。1箱1000円以下なら高いとは思わない。ジャンク品でも、高値のものも多い。一箱には先頭車が1つと中間車が1つ入っている。3両編成を作るには2箱必要になる。8両編成だったりすると中間車が足りなく先頭車が余る現象が起きるが、流山線の場合は珍しく中間車が余る。でも、2箱で完結できるので嬉しい。今は流山線はワンマン化されてすべて2両編成になっている。先頭車2つで完結だ。


DSCN3968.jpg

若葉が届いたのだが、箱の色がすごい。日焼けして色が褪せている。人は日焼けすると黒くなるが、この箱は色が褪せた。箱の色だと若葉と流馬が並んでいるように見えるが、どちらも若葉なのだ。


DSCN3969.jpg

横から見ると、どちらも若葉だ。
ちょっと安心。


DSCN3971.jpg

DSCN3972.jpg

どちらの箱も内の袋は未開封だった。本体の色も褪せていない。



DSCN3975.jpg

DSCN3976.jpg

DSCN3977.jpg

DSCN3978.jpg

捨ててしまう前に箱も撮影しておこう。



DSCN3988.jpg

DSCN3990.jpg

組立とN化完了。


DSCN3998.jpg


DSCN4000.jpg


DSCN4003.jpg


DSCN4010.jpg


何かレイアウトも考えたいと思うが、なかなか浮かばない。





関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

新しい記事
サーフェスのためにデータ消去ソフトを探したが難しい。 Sep 29, 2023
赤城の山も今宵限り Sep 29, 2023
眠いのは、いつものこと Sep 28, 2023
 サーフェスが寿命を迎えたようだ。 Sep 27, 2023
周波数の違いはいらない Sep 27, 2023
ジムニーJB23にピポットガードをつけてみた Sep 26, 2023
畳の色がそこだけ若いわ Sep 25, 2023
国定忠治のお墓 Sep 24, 2023
C11 265 がいた。 Sep 24, 2023
ジムニー JB23にトランスファーガードを取り付けた Sep 24, 2023
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂と思ってから、すでに5年以上。
YOUTUBE cat558 もよろしく!
まだまだ、更新!

最新コメント