書くということ - にゃん吉一代記
FC2ブログ

書くということ



 啄木の日記などを読んでいると、書くということが難しいと思わされる。センスがある人にとっては難しくないのかもしれない。啄木の晩年に詩が次から次へと浮かんだ時期があるという。有名な歌集の「一握の砂」も「悲しき玩具」も、あれだけの数の詩を、ほんの短い期間で詠んでいる。
 どちらの歌集にも過去の出来事が多く出てくる。啄木が過去に売れない小説やエッセイを書いたことも、最後の歌集のネタになっていることだろう。過去に記憶の中にしまいこまれた詩があふれたのかもしれない。
 啄木は自分を天才と言ってはばからなかったそうだ。幼い頃は神童と呼ばれ、若くして明星に自分の詩が掲載されたりしたのだ。このように考えるのも仕方がない。おそらく自分を立派な人、偉大な人と思ったままでは、一握の砂におさめられているような赤裸々な表現ははばかられただろう。もし、いい詩ができていても自分でブレーキをかけてしまう。こんな惨めな詩を発表するのは、自分の恥だと思って。その呪縛から解かれた時に、詩が溢れ出たのではないだろうか。
 しかし、詩を溢れさせるためには、才能ばかりでは無理だ。生きて何かと関わって、表現するための勉強もして初めて可能になることだと思う。このように雑文を書きながらも、才能のある人がうらやましいと思う。残念ながら、これまで文章に関する勉強は全くしていない。こうして、文章にしようとしていることも勉強かもしれない。




関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

新しい記事
小田急のロマンスカーで小田原に行きたい Mar 04, 2021
花粉がやばかった Mar 02, 2021
3月になった Mar 01, 2021
京急の古い電車の模型が届いた Feb 28, 2021
ぐっすり眠れているのだろうか Feb 28, 2021
減塩作戦 Feb 24, 2021
あたたかすぎる2月 Feb 22, 2021
E2系新幹線の動画をうpした Feb 21, 2021
E2系新幹線 Feb 18, 2021
血圧計を買ってみた Feb 17, 2021
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
34位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂と思ってから、すでに5年以上。
YOUTUBE cat558 もよろしく!
まだまだ、更新!

最新コメント