石川啄木 ローマ字日記 明治42年4月8日 - にゃん吉一代記
FC2ブログ

石川啄木 ローマ字日記 明治42年4月8日



石川啄木が東京で書いていたローマ字日記を読んでみた。
読むついでに日本語にしてみているが、めちゃ時間がかかる。
よくぞ、ローマ字で綴ったものだと尊敬する。





8 TH, THURSDAY.

8日(木曜日)

 Tabun Rinsitu no Isogasisa ni magirete wasureta no de arô, (wasurareru to yû no ga sude ni Budyoku da : ima no Yo no Kyôgû de wa sono Budyoku ga, mata, Tôzen na no da. Sô omotte Yo wa ika naru koto nimo waratte iru.) okite, Kao wo aratte kite kara, 2jikan tatte mo Asa-mesi no Zen wo motte konakatta.


たぶん隣室の忙しさにまぎれて忘れたのであろう。(忘れられるというのがすでに侮辱だ、今の余の境遇では、その侮辱がまた当然なのだ。そう思って余はいかなることにも笑っている。)起きて顔を洗ってきてから、2時間経っても朝飯の膳を持ってこなかった。



 Yo wa kangaeta : Yo wa ima made konna baai ni wa, itu de mo damatte waratte ita, tui zo okotta koto wa nai. Sikasi kore wa, Yo no Seisitu ga Kwanyô na tame ka ?  osoraku sô de wa aru mai.  Kamen da, sikarazuba, motto Zankoku na Kangae kara da.  Yo wa kangaeta, sosite Te wo utte Dyotyû wo yonda.

 余は考えた。余は今まで、こんな場合には、いつでも黙って笑っていた。ついぞ怒ったことはない。しかし、これは余の性質が寛容なためか?おそらく、そうではあるまい。かめんだ、叱らずは、もっと残酷な考えからだ。
 余は考えた、そして手を打って女中を呼んだ。




  Sora wa odayaka ni hareta.  Hanadoki no Timata wa nani to naku ukitatte iru.  Kaze ga toki-doki Suna wo maite sozoro yuku Hito-bito no Hana-mi-goromo wo hirugaesita.

 空は穏やかに晴れた。花時の巷は、なんとなく浮き立っている。風が時々、砂をまいて、そぞろ行く人々の花見衣を翻した。


 Sya no kaeri, Kôgakusi no Hinosawa-kun to Densya de issyo ni natta.  Tyaki-tyaki no Haikarakko da.  Sono sitate orosi no Yôhuku-sugata to, Sodeguti no kireta Wataire wo kita Yo to narande Kosi wo kaketa toki wa, sunawati Yo no Kuti kara nani ka Hiniku na Kotoba no deneba naranu Kôki de atta : " Dô desu, Hanami ni yuki masita ka ? "  " Iie, Hanami nanka suru Hima ga nain desu."  " Sô desu ka. Sore wa Kekko desu ne." to Yo wa itta. Yo no itta koto wa sukoburu Hei-bon na koto da, tare de mo yû koto da.  Sô da, sono Heibon na koto wo kono Heibon na Hito ni itta no ga, Yo wa rippa na lrony no tumori na no da.  Muron Hinosawa-kun ni kono Imi no wakaru Kizukai wa nai: ikkô Heiki na monoda.  Soko ga omosiroi no da.

 社の帰り、工学士の「ひのかわ」君と電車で一緒になった。チャキチャキのハイカラっ子だ。その仕立て下ろしの洋服姿と、袖口の切れた綿入れを着た余と並んで腰をかけた時は即ち余の口からなにか皮肉な言葉の出なばならぬ好機であった。「どうです、花見に行きましたか?」 「いいえ、花見なんかする暇がないんです。」  「そうですか、それはけっこうですね。」と、余は言った。余の言ったことは、すこぶる平凡なことだ、誰でも言うことだ。そうだ、その平凡なことを、この平凡な人に言ったのが、余は立派なイロニー(皮肉)のつもりなのだ。
 むろん「ひろさわ」君に、この意味のわかる気遣いはない。いっこう平気なものだ。 そこが、おもしろいのだ。



 Yo-ra to mukai atte, hutari no Obâsan ga kosikakete ita.  " Boku wa Tôkyô no Obâsan wa kirai desu ne." to Yo wa itta.  " Naze de su ? "  " Miru to Kanji ga waruin de su.  Dô mo Kimoti ga warui.  Inaka no Obâsan no yô ni Obâsan rasii tokoro ga nai. " Sono toki hitori no Obâsan wa Kuro-megane no naka kara Yo wo nirande ita.  Atari no Hito tati mo Yo no hô wo tyûi site iru.  Yo wa nani to naki Yukwai wo oboeta.

余らと向かい合って二人のおばさんが腰掛けていた。「僕は東京のおばさんは嫌いですね。」と、余は言った。「なぜです?」 「見ると感じが悪いんです。どうも気持ちが悪い。田舎のおばさんのように、おばさんらしいところがない。」 その時、一人のおばさんは黒メガネの中から余をにらんでいた。あたりの人たちも余のほうを注意している。余はなんとなく、愉快を覚えた。



 " Sô de su ka." to Hinosawa-kun wa narubeku tiisai Koe de itta.

「そうですか。」と、「ひろさわ」君は、なるべく小さな声で言った。


 " Mottomo, onaji Onna de mo, wakai no nara Tôkyô ni kagiri masu.  Obâsan to kitya minna ko-nikurasii Tura wo site masu kara ne."

「もっとも同じ女でも、若いのなら東京にかぎります。おばさんときちゃ、みんな小憎らしい面(つら)をしてますからね。」

 " Ha, ha, ha, ha."

「は、は、は、は。」



 " Boku wa Kwatudô-syasin ga suki de su yo. Kimi wa ? "

「僕は活動写真が好きですよ、君は?」


 " Mada waza-waza mi ni itta koto wa arimasen."

「まだ、わざわざ見に行ったことはありません。」



 " Omosiroi mon de su yo.  Itte goran nasai.  Nan de syô, kô, pah' to akaruku nattari, pah' to kuraku nattari surun de syô ?  Sore ga omosiroin de su."

「おもしろいものですよ、行ってごらんなさい。なんでしょう、こうパッと明るくなったりパッと暗くなったりするんでしょう?それがおもしろいんです。」


 "Me ga waruku nari masu ne." to yû kono Yujin no Kawo ni wa, Kimari warui Tôwaku no lro ga akiraka ni yomareta.  Yo wa kasuka na Shôri wo kanzezu ni wa irarenakatta.

「目が悪くなりますね。」と言う、この友人の顔にはきまり悪い当惑の色が明らかに読まれた。余はかすかな勝利を感ぜずにはいられなかった。


 " Ha, ha, ha ! " to, kondo wa Yo ga waratta.

「は、は、は!」と今度は余が笑った。



 Kimono no saketa no wo nuwô to omotte, Yoru 8 jigoro, Hari to Ito wo kai ni hitori dekaketa.  Hongô no Tôri wa Haru no Nigiwai wo misete ita : itumo no Yomise no hoka ni, Ueki-ya ga takusan dete ita.  Hito wa izure mo tanosi sô ni Kata to Kata wo sutte aruite ita.  Yo wa Hari to Ito wo kawazu ni, ' yamero yamero' to yû Kokoro no Sakebi wo kiki nagara, tô-tô Sai-hu wo dasite kono Tyômen to Tabi to Sarumata to Makigami to, sore kara Sansiki-sumire no Hati wo hutatu to, 5 sen dutu de, katte kita.  Yo wa naze Hituyô na mono wo kau toki ni made ' yamero ' to yû Kokoro no Koe wo kikaneba naranu ka ?  ' Iti-mon-nasi ni naru zo.' to, sono Koe ga yû: 'Hakodate de wa komatteru zo.' to, sono Koe ga yû !

着物の裂けたのを縫おうと思って、夜8時頃、針と糸を買いに一人出かけた。本郷の通りは春のにぎわいを見せていた。いつもの夜店の他に植木屋がたくさん出ていた。人はいずれも楽しそうに肩と肩をすって歩いていた。余は針と糸を買わずに、「やめろ、やめろ」という心の叫びを聞きながら、とうとう財布を出して、この帳面と足袋とサルマタと巻紙と、それから三色スミレの鉢をふたつと、5銭づつで買ってきた。余はなぜ必要なものを買う時にまで「やめろ」という心の声を聞かねばならぬか?一文無しになるぞ、と、その声が言う。函館では困ってるぞ、と、その声が言う。



 Sumire no Hati no hitotu wo motte Kindaiti-kun no Heya ni itta.  " Kinô anata no Heya ni itta toki, iwô iwô to omotte tô-tô ii kaneta koto ga arimasita." to Tomo wa itta. Omosiroi Hanasi ga kakute hajimatta no da.

スミレの鉢のひとつを持って、金田一君の部屋に行った。「昨日、あなたの部屋に行った時、言おう、言おうと思って、とうとう言いかねたことがありました。」と、友は言った。おもしろい話が、かくて始まったのだ。


 " Nan de su ? ................ Sâh, ikkô wakaranai ! "

「なんです?---さあ、いっこうにわからない。」


 Tomo wa ikutabi ka tameratta noti, yô-yô ii dasita. Sore wa kô da : -------

友は、いくたびかためらったのち、ようよう言い出した。それは、こうだ---


 Kyôto no Daigaku-sei ga 10 nan-nin, kono Gesyuku ni kite, 7ban to 8ban, sunawati Yo to Kindaiti-kun to no aida no Heya ni tomatta no wa, Kongetu no Tui-tati no koto da.  Dyotyû wa mina Ôsawagi site sono hô no Yô ni bakari Ki wo torarete ita. Naka ni mo Okiyo ----- 5 nin no uti de wa iti-ban Bijin no Okiyo wa, tyôdo 3gai-moti no Ban datta mon da kara, hotondo Asa kara Ban ----- Yonaka made mo kono wakai, Genki no aru Gakusei domo no naka ni bakari ita. Minna wa 'Okiyo-san, Okiyo-san.' to itte sawaida.  Naka ni wa zuibun ikagawasii Kotoba ya, kusuguru yô na Kehai nado mo kikoeta.  Yo wa sikasi, Dyotyû domo no kyodô ni tira-tira mieru Gyakutai ni wa Narekko ni natte iru no de, sitagatte karera no koto ni wa tasyô Mukwansin na Taido wo toreru yô ni natte ita kara, sore ni taisite kakubetu Huyukwai ni mo kanjite ina-katta. Sikasi, Kindaiti-kun wa, sono Rinsitu no Mono-oto no kikoeru tabi, yû ni iwarenu Sitto no Jô ni karareta to yû.

京都の大学生が10何人、この下宿に来て、7番と8番、すなわち余と金田一君との間の部屋に泊まったのは、今月の一日のことだ。道中は、皆、大騒ぎしてそのほうの用にばかり気をとられていた。中にも「おきよ」---5人のうちでは一番美人の「おきよ」は、ちょうど3階もちの番だったもんだから、ほとんど朝から晩---夜中までも、この若い元気のある学生どもの中にばかりいた。みんなは、「おきよさん、おきよさん。」と言って騒いだ。中にはずいぶん、いかがわしい言葉や、くすぐるような気配なども聞こえた。余はしかし、女中どもの挙動にちらちら見える虐待には慣れっこになっているので、従って彼らのことには、多少無関心な態度をとれるようになっていたから、それに対して、かくべつ不愉快にも感じてなかった、しかし、金田一君は、その隣室の物音の聞こえるたび、言うに言われぬ嫉妬の情にかられたと言う。


 Sitto !  Nan to yû Bimyô na Kotoba darô !  Tomo wa sore wo osae kanete, hate wa Jibun-jisin wo asamasii Sitto bukai Otoko to omoi, Tuitati kara 4 kka made no Yasumi wo mattaku Huyukwai ni okutta to yû.  Sosite, itu-ka no Hi ni Sansyôdô e dete, hoh' to Ansin site lki wo tuki, Syô-sijin-kun (sono Hensyûkyoku ni iru aware na Otoko.) no li-gusa de wa nai ga, Uti ni iru yori koko no hô ga ikura Ki ga nonbiri siteru darô to omotta. Sore kara yôyaku sukosi Heizei no Kimoti ni nari eta to no koto da.

嫉妬!なんという微妙な言葉だろう!友は、それを抑えかねて果ては自分自身を浅ましい嫉妬深い男と思い、一日から四日までの休みを全く不愉快に送ったと言う。そして、五日の日に三省堂へ出て、ほっと安心して息をつき、しょうしじん君(その編集局にいる哀れな男)の言い草ではないが、家に居るよりここのほうが、いくら気がのんびりしてるだろうと思った。それからようやく少し平静の気持ちになりえたとのことだ。


 Okiyo to yû no wa Ni-gatu no sue ni kita Onna da.  Nikukan-teki ni hutotte, Kessyoku ga yoku, Mayu ga koku, ya-ya Kaku batta Kao ni hutoi kikan Ki ga arawarete iru.  Tosi wa hatati da to yû.  Nan de mo, Saisyo kita toki Kindaiti-kun ni daibu sekkin si yô to sita rasii. Sore wo Otune ----- kore mo omosiroi Onna da.----- ga Muki ni natte samatageta rasii.  Sosite, Okiyo wa kyû ni waga Tomo ni taisuru Taido wo aratameta rasii.  Kore wa Tomo no yû tokoro de hobo sassuru koto ga dekiru.  Tomo wa sono go, Okiyo ni taisite, tyôdo Jibun no Uti e tonde haitta Kotori ni nigerareta yô na kimoti de, taezu Me wo tukete ita rasii.  Okiyo no umare-nagara no Tyôhatu-teki na, sono kuse doko ka Hito wo assuru yô na Taido wa, mata, Onna medurasii Tomo no Kokoro wo sore to naku Sihai site ita to mieru. Sosite Kindaiti-kun ----- Ima made Dyotyû ni Syûgi wo yaranakatta Kindaiti-kun wa, Sengetu no Misoka ni Okiyo hitori ni dake nanigasi ka no Kane wo kureta.  Okiyo wa sore wo Sita e itte min-na ni hanasita rasii.  Akuru Hi kara Otune no Taido wa ippen sita to yû.  Makoto ni Baka na, sosite awaremu beki Hanasi da.  Sosite kore koso sin ni Omosiromi no aru koto da.  Soko e motte kite Daigakusei ga yatte kita no da.

おきよというのは、2月の末に来た女だ。肉感的に太って血色がよく眉が濃く、やや角ばった顔に太いきかん気があらわれている。年は二十歳だと言う。何でも最初、来たとき金田一君にだいぶ接近しようとしたらしい。それを、おつね---これもおもしろい女だ。----が、むきになって妨げたらしい。そして、おきよは急に我が友に対する態度を改めたらしい。これは友の言うところでほぼ察することができる。友は、その後おきよに対して、ちょうど自分の家へ飛んで入った小鳥に逃げられたような気持ちで絶えず目をつけていたらしい。おきよの生まれながらの挑発的な、そのくせどこか人を圧するような態度は、また女めずらしい友の心をそれとなく支配していたと見える。そして、金田一君---今まで女中に祝儀をやらなかった金田一君は先月の晦日に、おきよ一人にだけ何がしかの金をくれた。おきよはそれを、下へ行ってみんなに話したらしい。あくる日から、おつねの態度は一変したと言う。誠にバカな、そして哀れむべき話だ。そして、これこそ真に、おもしろみのあることだ。そこへもってきて、大学生がやって来たのだ。


 Okiyo wa tuyoi Onna da !  to hutari wa hanasita.  5 nin no uti, itiban hataraku no wa kono Okiyo da.  Sono kawari Hudan ni wa, Yoru 10 ji ni sae nareba, Hi-to ni kamawazu hitori nete simau sô da. Hataraki-buri ni wa tare hitori oyobu mono ga nai : sitagatte Okiyo wa itu sika Minna wo assite iru.  Zuibun kikan Ki no, metta ni naku koto nado no nai Onna rasii.  Sono Sei-kaku wa Kyôsya no Seikaku da.

おきよは強い女だ!と二人は話した。5人のうち、一番働くのはこの、おきよだ。そのかわり、普段には、夜10時にさえなれば人にかまわず、一人寝てしまうそうだ。働きぶりには、誰一人及ぶ者がない。従って、おきよは、いつしかみんなを圧している。ずいぶん、きかん気の、めったになくことなどない女らしい。その性格は、強者の性格だ。


 lppô, Kindaiti-kun ga Sitto bukai, yowai Hito no koto wa mata arasowarenai.  Hito no Seikaku ni Nimen aru no wa utagô bekarazaru Jijitu da.  Tomo wa Iti-men ni makoto ni otonasii, Hito no yoi, yasasii, Omoiyari no hukai Otoko da to tomo ni, Iti-men, Sitto bu-kai, yowai, tiisana Unubore no aru, memesii Otoko da.

一方、金田一君が嫉妬深い、弱い人のことは、また争われない。人の性格に二面あるのは疑うべからず事実だ。友は、一面に誠に大人しい人の良い優しい思いやりの深い男だ。と、ともに一面、嫉妬深い、弱い、小さな自惚れのある女々しい男だ。


  Sore wa, mâ, dô de mo yoi. Sono Gakusei domo wa Kyô minna tatte simatte, tatta hutari nokotta.  Sono hutari wa Siti-ban to Hati-ban e, Konya hitori dutu neta.

 それは、まあ、どうでもいい。その学生どもは、今日、みんな発ってしまった。たった二人残った。その二人は、七番と八番へ今夜一人ずつ寝た。


 Yo wa osoku made okite ita.

 余は遅くまで起きていた。


 Tyôdo I ji 20 pun goro da.  Issin ni natte Pen wo ugokasite iru to, huto, Heya no Soto ni Sinobi-asi no oto to, sewasii lki-dukai to wo kiita.  Hate ! sô omotte Yo wa lki wo hisomete Kiki-mimi wo tateta.

 ちょうど1時20分頃だ。一心になってペンを動かしていると、ふと部屋の外に忍び足の音とせわしい息遣いとを聞いた。はて、そう思って、余は息をひそめて聞き耳をたてた。



 Soto no lki-dukai wa, sin to sita Yohuke no Kûki ni Arasi no yô ni hagesiku kikoeta.  Sibaraku wa aruku kehai ga nai.  Heya-beya no Yôsu wo ukagatte iru rasii.

 外の息遣いは、しんとした夜更けの空気に嵐のように激しく聞こえた。しばらくは歩く気配がない。部屋部屋の様子を伺っているらしい。


 Yo wa sikasi, hajime kara kore wo Nusubito nado to wa omowanakatta. .................. !  Tasika ni sô da !

 余は、しかし、始めからこれを盗人などとは思わなかった---!確かにそうだ!


 Tu to, ôkiku Simada wo itta Onna no Kage-bôsi ga lrikuti no Syôji ni azayaka ni ututta. Okiyo da !

 つと、大きく島田を結った女の影法師が入口の障子に鮮やかに映った。おきよだ!


 Tuyoi Onna mo Hito ni sinonde Hasigo wo agatte kita no de, sono lki-dukai no hagesisa ni, ika ni Sinzô ga tuyoku Nami utteru ka ga wakaru.  Kage-bôsi wa Rôka no Dentô no tame ni uturu no da.

 強い女も、人に忍んで梯子を上がってきたので、その息遣いの激しさに、いかに心臓が強く波打っているかがわかる。影法師は廊下の電灯のために映るのだ。


 Rinsitu no lrikuti no Mawasi-do ga siduka ni aita.  Onna wa naka ni haitte itta.

 隣室の入口の回し戸が静かに開いた。女は中に入っていった。


  " U ----- u," to, kasuka na Koe !  Nete iru Otoko wo okosita mono rasii.

「う-----うっ」と、微かな声! 寝ている男は起こしたものらしい。



 Ma mo naku Onna wa, ittan simeta To wo, mata sukosi hosome ni akete, Yo no Heya no Yôsu wo ukagatteru rasikatta.  Sosite sono mama mata Naka e itta.  " U ----- u ----- u." to mata kikoeru. Kasuka na Hanasigoe !  Onna wa mata lrikuti made dete kite To wo simete, ni-sanpo aruku Kehai ga sita to omô to, sorekkiri nan no Oto mo sinaku natta.

まもなく女はいったん閉めた戸を、また少し細めに開けた。余の部屋の様子を伺っているらしかった。そして、そのまま、また中へ行った。「う----ぅ----ぅ」と、また聞こえる微かな話し声!女は、また入口まで出てきて、戸を閉めて二・三歩歩く気配がした。と、思うと、それっきり何の音もしなくなった。


 Tôku no Heya de ' kan ' to I ji-han noTokei no Oto.

 遠くの部屋で「カン」と、1時半の時計の音。


  Kasuka ni Niwatori no Koe.

 微かに、にわとりの声。

  Yo wa lki ga tumaru yô ni kanjita.  Rinsitu de wa muron mô Yo mo neta mono to omotteru ni tigai nai.  Mosi okiteru Kehai wo sasitara, hutari wa donna ni ka komarudarô. Koitu-a komatta.  Soko de Yo wa naru take Oto no sinai yô ni, madu haori wo nugi,Tabi wo nugi, soro-soro tatiagatte mita ga,Toko no naka ni hairu ni wa daibu Konnan sita. To ni kaku 10pun bakari mo kakatte, yatto Oto naku neru koto ga dekita.  Sore demo mada nan to naku lki ga tumaru yô da. Jitu ni tonda Me ni atta mono da.

余は息がつまるように感じた。隣室ではむろん、もう余も寝たものと思っているに違いない。もし、起きている気配を察したなら、二人は、どんなにか困るだろう、こいつは困った。そこで余は、なるたけ音のしないように、まず羽織を脱ぎ、足袋を脱ぎ、そろそろ立ち上がってみたが、床の中に入るには、だいぶ困難した。とにかく10分ばかりもかけて、やっと音なく寝ることができた。それでも、まだ何となく息がつまるようだ。実にとんだめにあったものだ。


  Rinsitu kara wa, tôi tokoro ni Sisi de mo iru yô ni, sono sewasii, atatakai, Hukisoku na Kokyû ga kasuka ni kikoeru.  Mi mo Kokoro mo torokeru Tanosimi no Mas-saityû da.

 隣室からは遠い所に獅子でもいるように、そのせわしい、あたたかい、不規則な呼吸が微かに聞こえる。身も心もとろける楽しみの真っ最中だ。


 Sono Oto ----- Husigi na Oto wo kiki nagara, naze ka Yo wa sappari Kokoro wo ugokasanakatta.  Yo wa hajime kara ii Syôsetu no Zairyô de mo mituketa yô na Ki ga site ita.  " Ittai nan to yû Otoko darô ?  Kitto Okiyo wo Te ni ire tai bakkari ni, waza-waza i-nokotta mono darô.  Sore ni site mo, Okiyo no Yatu, zuibun Daitan na Onna da."  Konna koto wo kangaeta.  " Asu sassoku Kindaiti-kun ni sirase yô ka ?  Iya, siraseru no wa Zankoku da ............ Iya, siraseru hô ga omosiroi, ............ " 2ji no Tokei ga natta.

その音---不思議な音を聞きながら、なぜか余はさっぱり心を動かさなかった。余は始めからいい小説の材料でもみつけたような気がしていた。「いったい、なんという男だろう?きっと、おきよを手に入れたいばっかりに、わざわざ居残った者だろう。それにしても、おきよのやつ、ずいぶん大胆な女だ。」こんなことを考えた。「明日、さっそく金田一君にしらせようか?いや、知らせるのは残酷だ---いや、知らせるほうがおもしろい---」 2時の時計が鳴った。



 Ma mo naku, Yo wa nemutte simatta.

まもなく余は、眠ってしまった。









啄木ローマ字日記二日目。

これって、啄木より金田一君のほうが読まれたくない内容ではないか。



こっそり、おもしろい。








関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

新しい記事
ユーチューブ Sep 06, 2020
9月ですね Sep 06, 2020
コロナはイヤ Aug 02, 2020
にゃん吉一代記 Jul 28, 2020
悲しいお知らせ Go to キャンペーン! Jul 16, 2020
県外ナンバーの車 Jun 25, 2020
改造 車内 Jun 25, 2020
どうも調子がよろしくない Jun 25, 2020
蒸気機関車 C50 KATO Nゲージ生誕50周年記念 Jun 25, 2020
梅雨だが Jun 22, 2020
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
208位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
57位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂と思ってから、すでに5年以上。
YOUTUBE cat558 もよろしく!
まだまだ、更新!

最新コメント