石川啄木 ローマ字日記 明治42年4月7日 - にゃん吉一代記
FC2ブログ

石川啄木 ローマ字日記 明治42年4月7日



石川啄木のローマ字日記を集めてみた。
かなり長くローマ字日記をつけている。
さすが文学者だ。
嫁さんに読まれないようにローマ字で綴った日記。
興味しんしんだ。




APRIL.
TOKYO.       

7TH, WEDNESDAY.
HONGO-KU MORIKAWA-TYO 1 BANTI,
SINSAKA 359 GO, GAIHEI-KAN-BESSO NITE.

4月
東京
7日 水曜日   ここまでは英語だ。
本郷区 森川町 1番地
しんさか 359号 蓋平館別荘にて



 Hareta Sora ni susamajii Oto wo tatete, hagesii Nisi-kaze ga huki areta.  
 晴れた空に凄まじい音をたてて激しい西風が吹き荒れた。

Sangai no Mado to yû Mado wa Taema mo naku gata-gata naru,
三階の窓という窓は絶え間もなく、がたがた鳴る。


sono Sukima kara wa, haruka Sita kara tatinobotta Suna-hokori ga sara-sara to hukikomu:
その隙間からは、はるか下から立ち上った砂埃がさらさらと吹き込む。

sono kuse Sora ni tirabatta siroi Kumo wa titto mo ugokanu. Gogo ni natte Kaze wa yô-yô otituita.

そのくせ空に散らばった白い雲はちっとも動かぬ。午後になって風はようよう落ち着いた。


 Haru rasii Hikage ga Mado no Surigarasu wo atataka ni somete, Kaze sae nakuba Ase de mo nagare sô na Hi de atta.
春らしい日影が窓のすりガラスを温かに染めて風さえなくば汗でも流れそうな日であった。


  Itu mo kuru Kasihonya no Oyadi, Te-no-hira de Hana wo kosuriage nagara, "Hidoku huki masu nâ." to itte haitte kita. 
 いつも来る貸本屋のおやじ、掌で鼻をこすりあげながら「ひどく吹きますなぁ。」と言って入ってきた。

"Desuga, Kyô-dyû nya Tôkyô-dyû no Sakura ga nokorazu saki masu ze.  Kaze ga attatte, anata, kono Tenki de gozai masu mono."
「ですが、今日中にゃ東京中の桜が残らず咲きますぜ。風があたって、あなた、この天気でございますもの。」


 "Tôtô Haru ni nattyatta nê!" to Yo wa itta. 
「とうとう春になっちゃったね!」と余は言った。

Muron kono Kangai wa Oyadi ni wakarikko wa nai.  
むろん、この感慨はおやじにはわかりっこはない。

"Eh! eh!" to Oyadi wa kotaeta:
「えぇ!えぇ!」とおやじは答えた。

"Haru wa anata, watasidomo ni wa Kinmotu de gozai masu ne.  Kasihon wa, moh, kara Dame de gasu: Hon nanka yomu yorya mata asonde aruita hô ga yô-gasu kara, Muri mo nai-ndesu ga, yonde kudasaru kata mo sizen to kô nagaku bakari narimasunde ne."
「春はあなた。私どもには禁物でございますね。貸本はもうからだめでげす。本なんか読むよりゃ、また遊んで歩いたほうがようがすから無理もないんですが。読んでくださるかたも。自然とこう長くなりますんでね。」


 Kinô Sya kara Zensyaku sita Kane no nokori, 5 yen Sihei ga iti-mai Saihu no naka ni aru; Gozen-tyû wa sore bakkari Ki ni natte, Siyô ga nakatta.  Kono Kimoti wa, heizei Kane no aru Hito ga kyû ni motanaku natta toki to onaji yô na Kigakari ka mo sirenu: dotira mo okasii koto da, onaji yô ni okasii ni wa tigai nai ga, sono Kô-hukô ni wa taisita Tigai ga aru.

昨日、会社から前借りした金の残り5円紙幣が1枚、財布の中にある。午前中はそればっかりげ気になってしょうがなかった。この気持ちは、へいぜい金のある人が急に持たなくなった時と同じような気がかりかもしれぬ。どちらもおかしいことだ。同じようにおかしいには違いないが、その幸不幸にはたいした違いがある。






 Siyô koto nasi ni, Rôma-ji no Hyô nado wo tukutte mita.  
しょうことなしにローマ字の表などを作ってみた。

Hyô no naka kara, toki-doki, Tugaru-no-Umi no kanata ni iru Haha ya Sai no koto ga ukande Yo no Kokoro wo kasumeta.
表の中から、時々、津軽の海のかなたにいる母や妻のことが浮かんで余の心をかすめた。



 " Haru ga kita, Si-gatu ni natta.  Haru !  Haru !  Hana mo saku !  Tokyô e kite mô iti-nen da! ...........Ga, Yo wa mada Yo no Kazoku wo yobiyosete yasinau Junbi ga dekinu ! "  Tika-goro, Hi ni nankwai to naku, Yo no Kokoro no naka wo atira e yuki, kotira e yuki siteru, Mondai wa kore da ...........
春がきた、四月になった。春!春!花も咲く!東京へ来てもう一年だ!……が、余はまだ余の家族を呼び寄せて養う準備ができぬ!近頃、日に何回となく余の心の中をあちらへゆき、こちらへゆきしている問題はこれだ。。。



 Sonnara naze kono Nikki wo Rômaji de kaku koto ni sitaka ?  Naze da ?  Yo wa Sai wo aisiteru ; aisiteru kara koso kono Nikki wo yomase taku nai no da. ------ Sikasi kore wa Uso da !  Aisiteru no mo Jijitu, yomase taku nai no mo Jijitu da ga, kono Hutatu wa kanarazu simo Kwankei site inai.

そんなら、なぜ、この日記をローマ字で書くことにしたか?ねぜだ?余は妻を愛してる。愛してるからこそ、この日記を読ませたくないのだ。 --- しかし、これは嘘だ!愛してるのも事実、読ませたくないのも事実だが、この二つは必ずしも関係していない。



 Sonnara Yo wa Jakusya ka ?  Ina, Tumari kore wa Hûhu-kwankei to yû matigatta Seido ga aru tame ni okoru no da.  Hûhu ! nan to yû Baka na Seido darô ! Sonnara dô sureba yoi ka ?

そんなら余は弱者か?否、これは夫婦関係という間違った制度があるために起こるのだ。夫婦!なんというバカな制度だろう!そんなら、どうすればよいか?

 Kanasii koto da !

悲しいことだ!



 Sapporo no Tatibana Tie-ko-san kara, Byôki ga naotte Sengetu 26 niti ni Taiin sita to yû Hagaki ga kita.

札幌の「たちばなちえこ」さんから、病気が治って、先月26日に退院したという葉書がきた。


 Kyô wa Tonari no Heya e kite iru Kyôto Daigaku no Tenisu no Sensyu-ra no Saigo no Kessenbi da.  Minna isamasiku dete itta.

今日は隣の部屋へ来ている京都大学のテニスの選手らの最後の決戦日だ。みんな勇ましく出て行った。


 Hiru-mesi wo kutte itu mo no gotoku Densya de Sya ni deta.  Dete, hiroi Hensyû-kyoku no Kata-sumi de Odiisan tati to issyo ni Kôsei wo yatte, Yûgata 5 ji-han goro, Dai-ippan ga Kôryô ni naru to kaeru : kore ga Yo no Seikwatu no tame no Nikkwa da.

昼飯を食って、いつものごとく電車で社に出た。出て広い編集局の片隅でおじさんたちと一緒に校正をやって夕方5時半頃に第一版が校了になると帰る。これが余の生活のための日課だ。


 Kyô, Odiisan tati wa Sindyû no Hanasi wo sita. Nan to yû surudoi lrony darô !  Mata, Asi ga hiete komaru Hanasi wo site, " Isikawa-kun wa, Tosiyoridomo ga nani wo yû yara to omô de syô ne."  to, iyasii sukebei rasii Kao no Kimura diisan ga itta.  " Ha, ha, ha ...... ......," to Yo wa waratta. Kore mo mata rippa na lrony da !

今日、おじさんたちは心中の話をした。なんというするどいイロニーだろう!また足が冷えて困る話をして、「石川君は年寄り度もが何を言うやらと思うでしょうね。」と卑しい助平らしい顔の「きむらだいい」さんが言った。


 Kaeri ni, sukosi Kaimono wo suru tame, Hongô, no Tôri wo aruita.  Daigaku Kônai no Sakura wa Kyô iti-niti ni hanbun hodo hiraite simatta.  Yono-naka wa mô sukkari Haru da.  Yukiki no Hito no muragatta Timata no Asi-oto wa nani to wa naku Kokoro wo ukitataseru. 

帰りに少し買い物をするため、本郷の通りを歩いた。大学構内の桜は、今日一日に半分ほど開いてしまった。世の中はもう、すっかり春だ。行き来の人の群がった、巷の足音は、なんとはなく心を浮き立たせる。



Doko kara kyû ni dete kita ka to ayasimareru bakari, utukusii Kimono wo kita utukusii Hito ga zoro-zoro to yuku. Haru da !  sô Yo wa omotta. Sosite, Sai no koto, kaaii Kyô-ko no koto wo omoiukabeta.  Sigatu made ni kitto yobiyoseru, Sô Yo wa itte ita : sosite yobanakatta, ina, yobi kaneta.  Ah ! Yo no Bungaku wa Yo no Teki da, sosite Yo no Tetugaku wa Yo no midukara azakeru Ronri ni suginu !  Yo no hossuru Mono wa takusan aru yô da : sikasi jissai wa hon no sukosi de wa arumaika ?  Kane da !

どこから急に出てきたかとあやしまれるばかり美しい着物を着た美しい人がぞろぞろと行く。春だ!そう、余は思った。そして妻のこと可愛い「きょうこ」のことを思い浮かべた。4月までに、きっと呼び寄せる。そう余は言っていた。そして呼ばなかった。否、呼びかねた。ああ!余の文学は余の敵だ、そして余の哲学は余の自ら嘲る論理にすぎぬ!余の欲するものは、たくさんあるようだ。しかし実際ははほんの少しではあるまいか?金だ!

 

 Rinsitu no Sensyu-domo wa tô-tô Tokyô gata ni maketa rasii.  8ji-goro, Kindaiti-kun to tomo ni Tôri ni atarasiku tatta Kwatudô-syasin wo mi ni itta.  Setumei wo suru Otoko wa idure mo madui.  Sono uti ni hitori, Simodomai to yû Tyûgaku-jidai no Tijin ni nita Otoko ga atte, kiku ni taenai yô na Syare wo itte wa Kwankaku wo warawasite iru no ga atta.  Yo wa sono Otoko wo mi nagara, Tyûgaku iti-nen no toki Tukue wo narabeta koto no aru, sosite sono go Yo-ra no siranu Syakwai no Soko wo kugutte aruita rasii Miyanaga Sakiti-kun no koto wo omoidasite ita.  Miyanaga ga aru Kwatudo-syasin no Setumei-si ni natta to yû yô na Uwasa wo kiite ita no de.

隣室の選手どもは、とうとう東京方に負けたらしい。8時頃、金田一君とともに新しく建った活動写真を見に行った。説明をする男はいずれもまずい。そのうちに一人、「しもどまい」という中学時代の知人に似た男があって聞くにたえないような洒落を言っては観客を笑わしているのがあった。余はその男を見ながら中学一年の時、机を並べたことのある、そしてその後、余らの知らぬ社会の底をくぐって歩いたらしい「みやながさきち」君のことを思い出していた。「みやなが」が、ある活動写真の説明士になったというような噂を聞いていたので。




 10ji-sugi, kaette kuru to, Rinsitu wa Ôsawagi da.  Irô-kwai ni itte yopparatte kita Sensyu no hitori ga, Dentô wo tataki kowasi, Syôji no San wo otte abarete iru.  Sono Rentyû no hitori naru Sakausi-kun ni Heya no lrikuti de atta.  Kore wa Yo to Kôtô-Syôgakko no toki no Dôkyûsei de, ima wa Kyôto Daigaku no Ri-kôkwa no Seito, 8 nen mo awanakatta Kyûyû da. Kin-daiti-kun to san-nin Yo no Heya e haitte I ji goro made mo Kodomo rasii Hanasi wo site, kya, kya, to sawaida.  Sono uti ni Rinsitu no Sawagi wa sizumatta.  Haru no Yo ─── iti-niti no Tenki ni Manto no Hana no hiraita Hi no Yo wa huketa.

10時すぎ、帰ってくると隣室は大騒ぎだ。慰労会に行って酔っ払ってきた選手の一人が電灯をたたき壊し障子の桟を折って暴れている。その連中の一人なる「さかうし」君に部屋の入口で会った。これは余と高等小学校の時の同級生で今は京都大学の理工科の生徒、8年も会わなかった旧友だ。金田一君と三人、余の部屋へ入って、1時頃までも、こどもらしい話をして、きゃっきゃっと騒いだ。そのうちに隣室の騒ぎは静まった。春の夜----一日の天気に満都の花の開いた日の夜は更けた。




 Nesizumatta Miyako no naka ni hitori mezamete, odayaka na Haru no Yo no lki wo kazoete iru to, san-dyô-han no semai Heya no naka no Yo no Seikwatu wa, ika-ni mo adiki naku tumaranaku kanzerareru.  Kono semai Heya no naka ni, nani to mo sirenu Tukare ni tada hitori nemutte iru Sugata wa donna de arô.  Ningen no Saigo no Hakken wa, Ningen sore jisin ga tittomo eraku nakatta to yû koto da !
 Yo wa, kono kedarui Huan to siite Kyômi wo motome yô to suru asahaka na Nozomi wo daite, kono semai Heya ni zuibun nagai koto ─── 200 niti amari mo sugosite kita.  Itu ni nareba ................, Ina !
 Makura no ue de " Turgenev Tanpen syû " wo yomu.

寝静まった都の中に一人目覚めて穏やかな春の夜のいきを数えていると三畳半の狭い部屋の中の余の生活は、いかにも味気なく、つまらなく感ぜられる。この狭い部屋の中になんとも知れぬ疲れに、ただ一人眠っている姿はどんなであろう。人間最後の発見は、人間それ自身がちっとも偉くなかったということだ!
 余はこの気だるい不安と強いて興味を求めようとする浅はかな望みを抱いて、この狭い部屋にずいぶん長いこと---200日あまりも過ごしてきた。いつになれば---否!
 枕の上で、ツルゲーネフ短編集を読む。










よくぞ、これだけローマ字で綴っているものだ。
日本語らしくしてみたが、間違っている所もあるに違いない。
思っていたより真面目な日記なのだ。





関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

新しい記事
飯田線の電車 Mar 08, 2021
小田急のロマンスカーで小田原に行きたい Mar 04, 2021
花粉がやばかった Mar 02, 2021
3月になった Mar 01, 2021
京急の古い電車の模型が届いた Feb 28, 2021
ぐっすり眠れているのだろうか Feb 28, 2021
減塩作戦 Feb 24, 2021
あたたかすぎる2月 Feb 22, 2021
E2系新幹線の動画をうpした Feb 21, 2021
E2系新幹線 Feb 18, 2021
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂と思ってから、すでに5年以上。
YOUTUBE cat558 もよろしく!
まだまだ、更新!

最新コメント