釧路 港文館 石川啄木 - にゃん吉一代記
FC2ブログ

釧路 港文館 石川啄木



釧路、港文館の石川啄木だ。


P_20160328_100700_2016033021373710d.jpg

これだけを見ると、めちゃくちゃ努力の人に見えなくもない。
真面目な好青年みたいだろう。


でもね~。そうでもないのが石川くんなのだ。

過去に松本幸四郎さんが、啄木を演じたことがあるらしい。
石川啄木は天才歌人なのだ。
しかし、聖人君子のような生き方をしたわけではない。
かなりまわりの人にご迷惑をかけている。
でも、まわりの人は啄木に振り回されても、啄木をきらってはいなかったようだ。
啄木をよく知らない人にとっては、いやな人だったに違いない。



港文館は、かつて石川啄木が勤めた当時の釧路新聞社の建物を復元したものだ。
残念ながら中を見学する時間はなかった。
実際に釧路新聞社があった場所は、ここではない。
近くなのだが、今ではガソリンスタンドになっている。


港文館の周りにある石の境界のようなものが、なかなか楽しい。


P_20160328k.jpg

この赤い丸で囲った、境界のような石である。

それぞれに、詩が書かれているのだ。




P_20160328_100447.jpg

神のごと
遠くすがたをあらはせる
阿寒の山の雪のあけぼの





P_20160328_100454.jpg

釧路潟
千鳥なくなる夜の波の
此月影を忘れずと言へ




P_20160328_100522.jpg

気がつけば
しっとりと夜霧下りて居り
ながくも街をさまよへるかな.




P_20160328_100531.jpg

潮かおる
北の浜辺の砂山のかのはまなすよ
今年も咲けるや




P_20160328_100541.jpg

北の海
鯨追ふ子等大いなる
流氷来るを見ては喜ぶ





P_20160328_100558.jpg

港町
とろろとなきて輪を描く
鳶を圧せる潮曇りかな





P_20160328_100604.jpg

さらさらと
氷の屑が波に鳴る
磯の月夜のゆきかへりかな





P_20160328_100610.jpg

波もなき
二月の湾に白塗の
外国船が低く浮かべり





P_20160328_100721.jpg

こほりたる
インクの罎を火に翳し
涙ながれぬともしびの下





P_20160328_100728.jpg

東海の
小島の磯の白砂に
われ泣きぬれて蟹とたはむる




これで全てだと思うのだが、見逃していたら悔しい。
このカルタの札のような書き方はきれいだが、啄木の詩を読んだことがなければ難しすぎる。
一握の砂の中にある詩が多いと思う。

サムネイルを掲載しているので写真をクリックすれば少し鮮明に見えることだろう。






関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

新しい記事
減塩作戦 Feb 24, 2021
あたたかすぎる2月 Feb 22, 2021
E2系新幹線の動画をうpした Feb 21, 2021
E2系新幹線 Feb 18, 2021
血圧計を買ってみた Feb 17, 2021
さてと Feb 16, 2021
もうすぐ名古屋 Feb 10, 2021
入院六日目の午後  2月9日 Feb 09, 2021
入院六日目の午後  2月9日(火曜日) その1 Feb 09, 2021
入院六日目の午前中  2月9日 その2 Feb 09, 2021
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂と思ってから、すでに5年以上。
YOUTUBE cat558 もよろしく!
まだまだ、更新!

最新コメント