Solopro100 3D - にゃん吉一代記
FC2ブログ

Solopro100 3D



ラジコンヘリ ナインイーグルス Solopro100 3Dである。
3Dというだけに、いろいろな飛ばし方ができるはずなのだが、なにせ飛ばすことが難しい。
普通に飛ばすことが難しいのだ。

CP機である。
可変ピッチということだ。
CP機は、固定ピッチおは違った飛び方をする。
それは、いいのだがSolopo100は、モーターの回り方に特徴がある。
ちょっと変わっているのだ。


DSCN1651_20160312183545452.jpg

全長20cmほどの小さなヘリだ。
屋外で飛ばすには小さすぎるのだが、屋内で飛ばすには動作が機敏すぎる。
不思議なことに少々の風が吹いていても屋外で飛ばせる。
休日に屋外で飛ばして練習だ。

機体が2つと、リポ電池4本である。
交代で飛ばして、20分ほど飛行練習できる。
1機だと電池交換の時に多少のインターバルが必要だ。
モーターが加熱しすぎる。
プロポ×1、機体×2、リポ電池×4で飛行させている。
休日にしか飛ばせないので週末限定で練習している。


しかし、本日は1機の調子が悪い。
メインローターの回転が変。


DSCN1850.jpg

よくよく見てみると、スワッシュプレートが泣き別れに近い状態になっている。
テールローターは普通に回っているので機体が回転する。


DSCN1851.jpg

泣き別れになったスワッシュプレート。
さて、どうやって固定してやろうか。



DSCN1852.jpg


スワッシュプレートを完全に固定してしまと激突や墜落をしてメインローターが止まりそうになった時にサーボに被害が及ぶ。サーボのギアやベアリングが落下したら捜索しても発見されることは少ない。サーボを破壊してしまうと部品代も高いので完全にスワッシュプレートを固定するわけにはいかない。部品を購入するにも3年ほど前の機体なのであまり売られてない。


DSCN1853.jpg

とりあえずリンケージロッドを外して、どうやって修正するか考えるkとにする。
スワッシュプレートの接続部は、かなり磨耗している。
そのまま差し込んでも抜けるわけだ。


DSCN1854.jpg

エレベーターとエルロンのリンケージロッド。
この機体は、上昇が弱めで下降が早い気がする。
エレベーター、エルロン、可変ピッチのサーボのリンケージを1周ずつ調整してみよう。
どんな飛び方をするかは、飛ばしてみないとわからない。
ちょっと調整してみて飛ばしてみてから確認する。
4CHの固定ピッチの機体と比べて、調整する箇所が1つ増えただけなのだが、なんか調整が難しい。
飛ばせるレベルの腕が無いからかもしれない。
いずれにしても、多少の調整と修理ぐらいは自分でできなければ、お金がかかってしかたない。



DSCN1855.jpg

メインローターとスワッシュプレートのかたわれ。
下のプレートのベアリングに差し込まれているが、差し込む部分が磨耗している。


DSCN1858.jpg

これが下のかたわれだ。
この円の内側に上のかたわれの部分が差し込まれている。
昔、この接合部に瞬間接着剤を入れて、サーボをいくつか壊したことを思い出す。
この部分が泣き別れになるのは、ヒューズ的な動作なのだ。
うまく考えられている。

しかし、ある程度の回転には耐えられなければならないし、いざという時には分離してもらわなければならない。
どうやって固定するか思案だ。


DSCN1859.jpg

手近にあった絶縁テープを使うことにした。
細めに切って、上のプレートと下のプレートの間に、線で入れてみることにする。
何も入れなければ簡単に抜けそうになって不安定になる。



DSCN1860.jpg

絶縁テープを3mm程度の幅に切る。これを2本準備した。上部のスワッシュの磨耗が小さければもっと細く切るのだが、簡単に抜けられては困る。


DSCN1861.jpg

このテープを下のプレートのベアリングに対角にセットして上のプレートを差し込む。
隙間を埋める程度の働きはできそうだ。後は、何かあった時に分離してくれるかどうかだが、それは何かあるまでわからない。


DSCN1862.jpg

これで少々のことでは泣き別れしなくなった。
回転部分に近いので、テープの不要な部分を切断しておこう。


DSCN1863.jpg

はさみ、カッター、鼻毛切りなどいろいろなものを駆使して、不要な部分をカットする。
普段なら簡単に切断できるビニールテープも、こんな状況では切断が難しい。
不思議なものだ。




DSCN1864.jpg

カット完了。
メインローター用のリンケージの取り付け部は片側が折れている。
このスワッシュプレートは長くがんばってくれている。
修理回数も数え切れない。
飛ばしている時間より修理時間のほうが長い。


DSCN1870.jpg

無事に組み込みが終わった。
キャノピーをかぶせれば完成だ。




DSCN1868.jpg


ナインイーグルスの充電器だが、この充電器はアンペア数を調整できるようになっている。
0.5A(500mA)で充電中だ。
直流クランプメーターで計測してみると誤差なく充電している。
なかなかすごい。



DSCN1873.jpg

キャノピーの傷口も治しておこう。
傷口には絆創膏なのだ。
水仕事にも耐える絆創膏を使ってみた。
小さく切って、ガーゼを入れるのに苦労した。


明日の飛行が楽しみだ。






関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

新しい記事
飯田線の電車 Mar 08, 2021
小田急のロマンスカーで小田原に行きたい Mar 04, 2021
花粉がやばかった Mar 02, 2021
3月になった Mar 01, 2021
京急の古い電車の模型が届いた Feb 28, 2021
ぐっすり眠れているのだろうか Feb 28, 2021
減塩作戦 Feb 24, 2021
あたたかすぎる2月 Feb 22, 2021
E2系新幹線の動画をうpした Feb 21, 2021
E2系新幹線 Feb 18, 2021
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂と思ってから、すでに5年以上。
YOUTUBE cat558 もよろしく!
まだまだ、更新!

最新コメント