昭和の家電 - にゃん吉一代記
FC2ブログ

昭和の家電



 大阪で昭和の頃の家電の展示をやっているのをニュースで見た。
電気炊飯器は、今では当たり前となっているが発売された当時は画期的だっただろう。最初に発売したのは東芝だ。開発は都内の光伸社という小さな工場だったらしい。1955年(昭和30年)に自動式電気釜という名称で発売されたようだ。
この当時は自動式とはいえ、炊きあがったら加熱が止まるだけのものだった。別にタイマーを併用して炊き始める時間の設定などもできたようだが今の炊飯ジャーと比べるとたいした機械ではない。
 しかしながら昭和の時代の家電の開発がなければ今の機械もできていなかっただろう。日本に電気が入ってきたのは諸外国と比べると遅かった。おそらく家電が実際に普及しはじめたのは戦後のことであろう。日本初のラジオ放送は大正14年3月だったらしい。昭和元年の前年だ。テレビ放送は、1952年から始まったらしい。昭和27年だが、実際の放送が始まったのは、1953年からだ。実験的には、かなり前から放送自体はしていたようだが家電としては、1953年がスタートといっていいだろう。カラー放送が日本で始まったのは、1960年(昭和35年)だ。昭和のど真ん中の頃だ。掃除機が日本で初めて発売されたのは1931年(昭和6年)だったらしい。しかし、これは家庭用とは言えないほどぜいたくな品だったらしく、実際に浸透し始めたのは1960年頃だったようだ。
 この頃、新しい製品を世に出していたのは、東芝やシャープ、またはその前身となった会社である。ところが今となってはどちらの会社も、いい噂はあまり聞かない。平成という時代に合わないのか。それとも没落したのか。むしろ、時代の流れから取り残された感がするのだ。
 大きな流れは変化を寄せ付けないように感じる。実際にそう思っている人も多いだろう。しかし、必ず変化は起きている。変化を確認してから動いたのでは遅い。特に過去に大きな業績を残した大きな会社は変化を嫌う部分もある。それが現在の状況を作り出しているような気がしてならない。
 





関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

新しい記事
コロナはイヤ Aug 02, 2020
にゃん吉一代記 Jul 28, 2020
悲しいお知らせ Go to キャンペーン! Jul 16, 2020
県外ナンバーの車 Jun 25, 2020
改造 車内 Jun 25, 2020
どうも調子がよろしくない Jun 25, 2020
蒸気機関車 C50 KATO Nゲージ生誕50周年記念 Jun 25, 2020
梅雨だが Jun 22, 2020
KATOさんのNゲージ C50 Jun 21, 2020
夏至で部分日蝕だけど日照時間零 Jun 21, 2020
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
39位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂と思ってから、すでに5年以上。
YOUTUBE cat558 もよろしく!
まだまだ、更新!

最新コメント