公衆電話 - にゃん吉一代記
FC2ブログ

公衆電話



最近、見かけることも少なくなた公衆電話である。
昔は、携帯電話も普及していなかったので公衆電話がいろいろなところに設置されていた。
通信手段の発展はすさまじい。

P_20151122_214003.jpg

駅の近くに2台並んだ公衆電話である。
緑の公衆電話は、カードが使えるタイプだ。
カードと言ってもテレホンカードである。
昔は、テレホンカードもいろいろあって、一部プレミアのつくカードもあった。
日本のテレホンカードはデザインがいいとのことで海外でも人気があったようだが、今は持っている人を見かけることもない。

携帯電話の料金が高かった頃は携帯電話を持ちながらも公衆電話を使用することもあったが、今では公衆電話があっても携帯電話で連絡をしている人が多い。番号も携帯電話のメモリに入っているから多くのボタンを押す必要もない。

ポケットベルが多く使われていた頃が最も携帯電話が使われた頃かもしれない。
ポケットベルがなると、飼われたサラリーマンは公衆電話を求めてさまよう。
公衆電話を見つけると、相手に電話をかけるのだ。
ポケットベルも最初は、呼び出し専用であって、その番号を呼べば、そのポケットベルのブザーが鳴る。
間違いで呼ばれてもわからない。
ポケットベルは進化して、ディスプレイがついた。
最初は、ここに数字が出るようになっていた。
でも、呼び出す相手が番号を入力しないと、表示は出なかった。
ポケベルもメッセージベルと呼ばれる頃には、カナのメッセージが表示できるようになった。
しかし、ポケベル同士で通信ができるわけではなかった。
プッシュ式の電話から、入力するのだ。
「おはよう」と入力するなら、(1,5)(6,1)(8,5)(1,3)と入力するのだ。
カナだけのショートメールのようなものだが、当時は画期的だった。
携帯の一部にポケベル入力ができるようになっているものがあった。
2回で一文字なので、この方式に慣れていれば、少ない回数で文字が打てた。

この頃から、携帯電話が普及し始めた。
しかし、最初は通話料が高かった。
今のようにデータ通信などない。
電話だけであった。
そして、最初はアナログ方式だったので、ナンバーディスプレイもなかった。
電話番号のメモリーも、ないか、あっても数件だけだった。

世にPHSというものが出回るようになって、携帯電話などの無線の電話を持つ人が増えた。
通話料も安かった。携帯電話に比べての話だが。
この頃から、公衆電話があまり使われなくなってきた。

赤電話やピンクの電話は、十円玉専用で市内との会話が10円で3分間ぐらいだった。
黄色い公衆電話が出た時に、百円玉が使えるようになった。
テレホンカードが使えるようになったのは、緑の電話からだったと思う。
昔から同じ位置にある公衆電話でも、利用者数は現在では激減だろう。
国際通話もできるほど、公衆電話は発展しているが、利用者がいないのは残念だ。

時代の流れとともに電話もどんどん変わっていく。







PR










公衆電話型の貯金箱だ。
昔は、機能的なものもあった。
高かったけど。
貯金箱が欲しくて貯金をするが、貯金箱が買えたら貯金をしなくなる。
おもしろい展開だ。








関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

新しい記事
コロナはイヤ Aug 02, 2020
にゃん吉一代記 Jul 28, 2020
悲しいお知らせ Go to キャンペーン! Jul 16, 2020
県外ナンバーの車 Jun 25, 2020
改造 車内 Jun 25, 2020
どうも調子がよろしくない Jun 25, 2020
蒸気機関車 C50 KATO Nゲージ生誕50周年記念 Jun 25, 2020
梅雨だが Jun 22, 2020
KATOさんのNゲージ C50 Jun 21, 2020
夏至で部分日蝕だけど日照時間零 Jun 21, 2020
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
39位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂と思ってから、すでに5年以上。
YOUTUBE cat558 もよろしく!
まだまだ、更新!

最新コメント