データ その6 - にゃん吉一代記
FC2ブログ

データ その6



データベースである。
フリーのオフィスソフト、OpenOfficeのBASEを例にして進めている。


前回まで、ウィザードを使ったクエリについて書いていたが、ちょっと復習の時間である。
ちなみに、ウィザードというのは、もともとは、魔法使いのことだ。
ソフトなどの案内に沿って、入力していくだけでソフトを使える。
自分で関数などを、いちいち入力しなくてもソフトが使えるから魔法なのである。
最近は、いろいろなソフトで、ウィザードが準備されている。
最終的には、クエリなどはデザインビューを使って直接、操作するほうが早くなるが、それは後で考えるとしよう。


クエリウィザードの復習をしようかと思ったが、その前にテーブルから復習しておこう。

052.png



テーブルである。
ぱっと見ると、エクセルなど表計算のシートと同じような感じだ。
実際に、そんなに違ったものではないが、同じではないのである。


上に、ナンバーとか名前とか、日付とか書いてある部分がフィールドと呼ばれる部分になる。

表計算ソフトとデータベースの大きな違いとして、表計算ソフトの場合は、同じ行にあるセルでも、同じ列にあるセルでも、それぞれのセルごとに、どのような書式設定でもできる。ところが、データベースの場合は、フィールドごとに書式が設定されるところが大きな違いである。



050.png

これは、フィールドの設定をする画面となる。


053.png

この図で言うと、

ナンバー    整数 自動入力
名前       テキスト
日付      日付
価格       実数
購入先     テキスト

それぞれの中にも、さらにいろいろな条件をつけることができる。
様々な条件は、入力する人にとっては制約となることも多いが、これはデータとして多くのものを集めるためには仕方のないことなのだ。例えば、多くの電話番号がひとつのフィールドの中にあるとする。エクセルなど表計算でも同じようにデータを入力することは可能である。データベースの場合は、同じフィールド内に電話番号を入れるとすれば、数字以外のものは入らないようにできる。表計算の場合は、セルの書式をそれぞれ変えてしまえば、数字以外のものでも入力することは可能だ。データというものは、できるだけ整理してフィールドに入力される値は統一性のあるものでなければならない。なぜかといえば、データベースではデータを抽出するだけではなく、いくつかのデータを組み合わせて、精度の高いデータにしたり、分析したりする場合もある。その時に入力されている個々のデータが好き勝手に入力されていたのでは、正しいデータとして機能させることはできない。
何かに番号をつけていくとする。「000100」と「100」は数字としては同じものであるが、文字としては異なるものなのだ。表計算でセルの書式を、標準にしていると、「000100」と入力しても、セルには「100」と表示されるのが普通だ。セルの書式設定を文字列にしておくと、「000100」は、「000100」とセルに表示される。検索をかけた時に、「100」と「000100」は同じものとして見てくれないことがある。そうなると、同じナンバーであっても意味が違ってくるのだ。曖昧さを増やせば増やすほど正確なデータからは遠ざかっていく。コンピュータにとっては、なおさらである。

データベースを知っている人であれば、表計算ソフトでも、これらの約束事を守って入力しようとする。
そして、それが結果的には使えるデータとなっていくと思う。

表計算ソフトで作るデータは、それぞれのシートのデータである場合が多いが、データベースのデータは1つのテーブルのみのデータではなく、他の多くのテーブルとも組み合わせることが可能なデータであることが多い。抽出したり組み合わせたり分析したりするためには、データに規則性が必要なこともわかると思う。

テーブルや、クエリの下に、「候補」というものがある。これが候補となるデータの数だ。
表計算とは違って、抽出されたデータの数などは簡単にわかるようになっている。

今回の説明の意味は、わかりにくいだろうと思う。
どのように説明すれば、わかりやすいかと思いつつ書いているが、自分がやることと説明を書くことは違うとわかる。

入力時に少し考えれば、先々のデータとして役に立つが、入力する人の都合のみでデータを蓄積しても、使えないデータになってしまうことが多い。多くのデータがもっていないことになっているのではないかと思うのである。
データベースは制約が多いと感じるかもしれないが、制約があるからこそ、きちんとしたデータになるのではないかと思う。
例えば、郵便局が公表している郵便番号のデータを確認してみてほしい。
郵便番号は、7桁で「-」は入れていない。
これは、見易さよりも正確さを重視した結果ではないかと思う。

さて、次回はクエリの復習の予定である。





暑い時期は炭酸水が、よく売れているらしい。
昔のソーダ水は、常温の水に粉末を入れるだけであった。
それでも冷たく感じていた日々が懐かしい。




関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

新しい記事
暑い May 28, 2020
味付けのり May 28, 2020
花粉 May 28, 2020
月末が近い May 28, 2020
EF16の動画 作成 May 27, 2020
暑くなってきた May 27, 2020
新型コロナの影響だろうか? May 27, 2020
新型コロナの影響 May 27, 2020
コミュニケーション May 27, 2020
公平? May 27, 2020
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂と思ってから、すでに5年以上。
YOUTUBE cat558 もよろしく!
まだまだ、更新!

最新コメント