時給1500円以上 - にゃん吉一代記
FC2ブログ

時給1500円以上



 時給1500円以上を求める運動が行われているとニュースで見た。
 1500円の時給が高いか安いかは別にして、最低賃金や時給の金額のみで考えるのはどうであろう。最低賃金が引き上げられたところで、それを支払うのは国でもなければ地方自治体でもない。雇用している企業が支払うのである。そして企業には個々の事情がある。ブラック企業と言われる企業を擁護する気はないが、働く人が集まるなら無理なシフトを組まなくてもいいだろうし、利益が出れば従業員に還元することも可能だ。しかし、今は価格に関して過当とも言える競争となり製品に占める製造原価の割合が高い。円安の影響もあり、原材料を輸入に頼る業界は特に厳しい。会社がなくなってしまうと、時給ももらえなくなってしまうのだ。
 日本は資本主義の国である。これまでも多くの企業や人が多くの努力をして、現在の日本ができている。安定した給料を出せる企業もあれば、出せない企業もある。企業のみの努力の問題でないこともある。そして企業に入ることも努力の結果である場合も多い。これも本人の努力のみでは難しいことも多い。
 最低賃金の引き上げや、時給のアップのためには様々な要素が絡んでくるのだ。時給のみを取り上げて話をするのはナンセンスというものだ。努力が報われる国になればいいと思うが、努力のみでは賃金は得られない。結果を出し、その結果が金とならなければ、人も企業も利益はあげられない。利益がなければ賃金には結びつかない。
 世界中には日本より賃金の安い国、生活水準の低い国が多くある。しかし、その国ではみんなが生活できないかといえば、たくましく生きているのである。自由な時間も少ないかもしれない、娯楽もないかもしれないが生きることを楽しんでいる人もいるだろう。全体の構造の中で生きるためには、楽しむ努力も必要なのかもしれない。
 日本の特に飲食の業界の賃金に関しては過当な価格競争が賃金の低さを生み出していると思う。低価格の商品を多売したところで、安定した利益にはつながりにくい。そして、低い粗利の商品は多く売れている時はいいのだが、販売数が減少すると固定費の比率が上がり、さらに利益を圧迫する。このような中で、賃金の上昇を望んでも難しい。どのような顧客をどのように取り込むか。値段のみで取り込んでいけば、それより安い値段の商品が出た場合に、安さで取り込んだ顧客は他社に取り込まれてしまう。価格を下げることも努力のひとつではあるが、むしろ安易な選択ともいえなくはない。それは商品価値の低下を招く行為でもあるからだ。
 安定した商品を安定した価格で販売して、安定した利益を得られるようにしなければ、時給の引き上げもままならないだろう。すべてはバランスの上に成り立つ話だ。






関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

新しい記事
暑い May 28, 2020
味付けのり May 28, 2020
花粉 May 28, 2020
月末が近い May 28, 2020
EF16の動画 作成 May 27, 2020
暑くなってきた May 27, 2020
新型コロナの影響だろうか? May 27, 2020
新型コロナの影響 May 27, 2020
コミュニケーション May 27, 2020
公平? May 27, 2020
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂と思ってから、すでに5年以上。
YOUTUBE cat558 もよろしく!
まだまだ、更新!

最新コメント