時刻合わせ - にゃん吉一代記
FC2ブログ

時刻合わせ



つい数年前まで、時計は必ず狂うものだった。
激しく狂うわけではない、月差数秒といった程度である。
しかし、必ず狂うものだったのだ。
デジタルとか、クォーツのムーブメントが出てから、その狂いは格段に少なくなった。
1000円程度のモデルでも、月に1分も狂うものは少ない。すごい時代になったものだ。

電話番号「117」は時報である。
現在でも、そのサービスは続いているが最近では利用することはない。
高校時代のことだった。
初めて買ってもらった腕時計が嬉しかった。
そして、正確な時を刻んでいることを確認したかった。
月に1度は、10秒程度の狂いを修正していたものだ。
修正のために、時報「117」を利用していたのだった。

ところが今では時報を使う必要性は全く感じない。
タブレットや携帯はネットから時刻をひろってくるので正確だ。

そして、腕時計、掛時計ともに今では電波をひろって勝手に時間を合わせてくれる。
さらにムーブメントのための電気もソーラーで自動的に供給されるのだ。

P1160619.jpg

愛用の「G-SHOCK」である。
電波とソーラーのおかげで電池交換することもなく極めて正確に時を刻んでくれる。
特別なことをしなくても、文字盤が光に当たっていれば時刻を正確に刻んでくれるのだ。



P1160620.jpg


昔、時計屋さんに展示される時計の時刻は、完全に正確なものは少なかった。
個々の時計が微妙にずれていくので、正確な時刻に合わせることも困難だったのだ。
時計に正確な時を刻ませるために、少々の努力は必要だったのだ。

でも、今では正確な時を刻んでもらうために人の努力は必要なくなった。
オメガやロレックスといった時計のムーブメントは昔ながらのものが使われている。
何十万とか何百万といった時計は、時刻合わせの必要がある。
数万円の時計でも、かなり長く正確に時を刻むものもある。

しかし、オメガやロレックスの人気は高い。

にゃん吉は、この「G-SHOCK」がお気に入りだ。
これまでに持った、どの時計よりも信頼性が高い。
もし、数日間眠っても、この時計は正確に時を刻んでくれているので起きれば正確な日時がわかる。
防水性能も、耐ショック性能も、おそらくこれ以上のモデルは少ないだろう。
そして、文字盤も見やすい。
デジタルの部分は見えにくい場合もあるが、針が刻む時刻は、とても見やすいのだ。


趣と実用と価値は感じ方が人それぞれで違う。
性能のみを求める人ばかりではない。

性能のみで競争しているうちは、モノは発展途上なのだろう。
性能が上限に達すると他の要素も見る余裕ができるのだ。

これ以上の性能の時計があったとしても、普通の環境で使うには必要のない機能であろう。
時を刻むといった基本的な機能以外の付加価値を求める場合は、少し違うかもしれない。
他の持ち物 によっても必要な機能は変わってくるのである。


関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

新しい記事
ごるご君 働き方改革 あの世で、IT革命 その1 Aug 04, 2019
Nゲージ KATO 301 EF70 Aug 03, 2019
Nゲージ キハ32形 鉄道ホビートレイン マイクロエース 2019年7月再販 Jul 28, 2019
見たかったもの Jul 25, 2019
最近の動画 Jul 24, 2019
ごるご君 働き方改革 うしろの 太郎 Jul 11, 2019
ごるご君 働き方改革 死神のセキュリティチェック Jul 06, 2019
Jul 02, 2019
雨はしとしと Jun 27, 2019
カルビーかっぱえびせん Jun 27, 2019
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
46位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂
電車と、ラジコンヘリと、お出かけが大好き。
おまけのおもちゃB級コレクター。
まだまだ、更新!

最新コメント