日本列島大改造論 その8 - にゃん吉一代記
FC2ブログ

日本列島大改造論 その8



無駄と浪費の見直し
ここ数十年で当たり前になったことの中で浪費となっている部分を見直せば、家庭で浮かすことのできる費用は、消費税の少々の増税分ぐらいは、補充できるのではないだろうか。例えば、わずかな距離のマイカーでの移動、しかも一人で移動するとなれば効率が悪い。地方に行くと電車やバスの料金が高額なので、マイカーでの移動が格段に高いものになるとは考えにくいかもしれないが、実際には資源を浪費している。この先、人口の増加にも対応していくためには、現在の一極集中では対応できない。地方も含めて多極とした魅力的な都市の開発が必要となる。その時に、交通網の整備は必ず必要になる。交通手段は、いろいろある。自家用車、タクシー、バス、列車、船、飛行機など。この中で、公共的な要素の強いものから順に整備していく。路線によっては赤字となる。赤字を解消するためには人が集まらなければならない。運行時間や、路線が便利でなければ人は、乗ろうとしない。悪循環を解消するためには、無理にでも人を集めなければならない。都心部では企業が中心となり、このような街が作られる。しかし地方では、そのような例は少ない。企業がやるには、費用対効果が得られない。国で開発したところで、すぐに回収できるはずもない。先行的な投資であるし失敗の恐れもある。このような試みを例えば少数の地域で集中的に行っていく。そこまでの交通網と、内部の交通は完備させる。人口の流出を止めるためにも悪くはないだろう。具体的には、まだまだ詰めなければならない内容である。
日本は今も、悪しき世襲制が残っていると思う。これは、教育の機会が均等ではないことも理由のひとつだろう。また、少子化も、要因のひとつかもしれない。これらを解消するためにも資金は必要だ。しかし、今の日本の財政のままでは思い切ったこともできない。資金を多く使うか、費用をおさえるか、その方法を考えねばならない。
外国から輸入する資源に依存するのもどうか。完全な自給自足は困難だが、外部に依存が大きすぎるのも問題がある。何かが起きれば生きていくこともできなくなる。災害時の備蓄といった考え方ではなく、常に備える状況に近づけていくことが大切だ。
自動車を中心とした道路交通は、本当に必要であろうか。効率のいい交通網を作り出せば、自動車を減少させることも難しいことではない。それにより資源を蓄えることも可能になる。

この先は資料を集めて、もっと考えてみたい。
しばし、休養なのだ。

関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

新しい記事
暑い May 28, 2020
味付けのり May 28, 2020
花粉 May 28, 2020
月末が近い May 28, 2020
EF16の動画 作成 May 27, 2020
暑くなってきた May 27, 2020
新型コロナの影響だろうか? May 27, 2020
新型コロナの影響 May 27, 2020
コミュニケーション May 27, 2020
公平? May 27, 2020
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂と思ってから、すでに5年以上。
YOUTUBE cat558 もよろしく!
まだまだ、更新!

最新コメント