2012年01月 - にゃん吉一代記
FC2ブログ

世界最小級 室内ラジコンヘリ miniBee



ラジコンヘリ mini Bee

室内赤外線ヘリコプター mini Bee
世界最小級の室内用ヘリコプター!
と書かれていたので、どんなものかと
衝動買い。

minibee 001


確かに小さい。
ボディーは、全長10cmほど。
まじまじと観察してみる。

ミニビーおんタバコ


モーターは主軸用に1つと、尾翼用に1つ。
どちらも、小さいモーターである。
主軸は、一軸。上部のスタビライザーで、
バランスをとっている。

ミニビー主軸周辺


当然のことでジャイロは搭載されていない。
このようなヘリの場合は、トリム調整は尾翼のプロペラとなる。
ちなみに、このヘリは、2CH のモデル。
操作できることは、上昇・下降と、本体の転回のみ。
安定すればするほど、真っ直ぐに飛び上がって、
その場で、機体が左右に回転することになる。

自分の意志で前進・後進はさせられないので、
思った所に向かって飛ばすのは不可能に近い。


プロポは、2CH で左がスロットル、右が左右転回。
トリム調整もついている。
この調整ツマミは、360度自由に回るので、
少し慣れてから調整したほうがいいかも。
最初から調整しようとしても、難しい。
機体が小さいこともあって、どんなに調整しても、
多少はブレると思っておいたほうがいい。

ミニビーのプロポ

このプロポは、機体を収納できるようになっている。
機体を収納して充電も可能。
プロポには、単3電池が4本入る。
小さい機体を保護する意味では、いいと思う。

プロポの中のミニビー


にゃん吉の、無責任インプレッション! 

小さい2CH モデルなので、あまり期待はしていなかったが、
実際に飛ばしてみると、やっぱり飛べない。
スロットルレバーも、半端に操作すると
床でバタバタ。Bee は、蜂だったと思うが、
どちらかと言えば、蚊。
ビーよりモスキート。
スロットルの操作で浮くことはできるようになったが、
ぜんぜん安定しない。
トリムで真っ直ぐにしても、右のレバーで、
転回させようとすると、すぐに回ってしまう。
スロットルレバーだが、mini Bee のものは、
バネでOFFの位置に戻るようになっている。
特に下降させようとする時に、微妙な操作がやりにくい。
プロポから手を離せば、メインローターは止まるが
通常の操作に慣れてくると、このレバーが使いにくい。
一定の高さで飛ばすには、常にスロットルの
調整が必要なので、このレバーはいつか改造したい。

mini Bee は、前後の重さのバランスが取れているようだ。
上手く浮いた時は、微妙に前進しながら飛ぶ。
ただし、左右に転回させたときの姿勢の乱れは、
かなり熟練しないと、リカバリーは難しいだろう。

前後に操作はできないのでもっと安定して前に向けて
飛ばせば楽ではないかと考えて、前方に錘になるものを
着けて飛ばしてみた。
爪楊枝を取り付けても、飛びかたはほとんど変わらない。
本数を増やしても、あまり変わらなかったので、
その辺りにあった耳掻きを取り付けると
浮かぶことができなくなった。

今の状態のままでは、飛ばしていると言うより、
たまたま飛んでいるにすぎない。
飛ばすのみなら少し練習すれば安定飛行なのだが、
思った所に行かないし、転回もままならない。
少し改造させて、飛ばしてやろうと考えるのだが、
小さいし、重くすると浮かなくなるしで、
思案中の、にゃん吉である。
電池も小さいせいだろう。飛行時間は短い気がする。
正確に計ったわけではないが、
5分弱の飛行時間ではないだろうか。
重量を増やすとさらに飛行時間が短くなるから
改造も考えないと難しい。


mini Beeは、対象年齢15歳以上と説明書には書かれてある。
15歳をはるかに越えている、にゃん吉は気にせず購入。
ちょっと気になるのが、mini Bee 2。
mini Bee 2は、機体の大きさもほぼ同じ。
2CH であることも同じだが、対象年齢が、6歳以上。
取扱い説明書を見ても、どこが違うかわからない。


こちらが、minibee2である。対象年齢が低いということはマイルドな設定なのか。とても気になる。一度飛ばしてみたい。




この話題は、また後日。
少しお金ができたら買って飛ばしてみようと思う。




YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

牛をつないだ椿の木



牛をつないだ椿の木

新美南吉さんの童話である。
歩いている人のために井戸を作る話だが、
今朝の新聞の、曽野綾子さんの文章を読んで、
ふと「牛をつないだ椿の木」を思い出した。
曽野綾子さんの随想は、2012年1月27日の
産経新聞、「小さな親切 大きなお世話」の、
手弁当の精神どこに である。
昨年3月の震災で大きな被害を出した学校に関して、
意見を述べられている。
便利さや、デザインを優先するあまりに、
非常時の備えがおろそかになっている点と、
不測の事態に対しての心構えが希薄になっていること、
できることを見直すことなど、いろいろと考えさせられた。
昔は、地域というものは今と違って、
ひとつの社会として機能していたと思う。
こどもは人と出合ったら元気に挨拶するように教えられ、
知らない人にも挨拶をしていた。
今では知らない人は、怖い人のような世の中である。
これは、こども達にとって、危険を及ぼす人が
多くなったということであろうか。
おそらく近くのこども達に関心を寄せる人が少なくなったのであろう。
昔だったら怪しい人物が、こどもに近づいたら周囲の大人が
ある程度、注意してみてくれたかもしれない。
今は父兄や先生方が通学路でこども達を見ているが、
少人数では目も行き届かないだろう。
曽野綾子さんが指摘している学校の裏山の通路。
こちらも「牛をつないだ椿の木」の、
海蔵さんのような人がいれば実現していたかもしれない。

今、「牛をつないだ椿の木」を読む人は、
どんな感想を持つのであろうか。
ばかばかしいと思う人もいるかもしれない。
でも、自分を振り返ることができる人もいるだろう。





YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

もういくつ寝るとお正月




冬らしく寒い日が続いている。
地球温暖化が叫ばれはじめて久しいが、
冬の寒さは以前にも増している気がする。
朝の通勤では富士山が綺麗に見える。
気温が下がって空気の透明度が上がっている。
富士山も、かなり下の辺りまで
雪化粧されている。

2月上旬まで、寒さは続くらしい。
ネコは炬燵で丸くなる季節が続く。
それでも数ヵ月もたてば、みんなで暑いと、
言い合っているだろう。
日本には四季があるから季節ごとに、
いろいろな美しさを作り出す。

冬の楽しみはなんだろう。
子供の頃は、クリスマスから、正月にかけて
毎年、楽しみにしていた。
正月の三箇日は、ほとんどのお店は休みだった。
お年玉を貰っても、使うことができない。
買い物をすることもできないし、
飲食店も休みであるため外食もできない。
お正月に、何かを仕入れて料理することが
できないので、保存食中心のおせち料理が
発達したのであった。
今と違って、おせちは各家庭で作るものだったから、
地方によっても家庭によっても、
それぞれ違っていただろう。
初売りは、早くても1月4日だった。
飲食店も同じく4日以降から営業を開始するところが
ほとんどであったと記憶している。
お正月に忙しい人と言えば、郵便屋さんぐらいで、
他の人は、みんなお休みであった。
今は、お正月にも多くの人が仕事をしている。
そのため街の機能は、休みなく働く。
お正月の感じかたは人それぞれだろうが、
ゆったりとした雰囲気が少なくなって、
お正月らしさが薄らいだと感じるにゃん吉である。

にゃん吉が幼い頃は、夜は眠るものであった。
高校生の頃に夜遊びしようとしても
町は真っ暗だった。
どこの家も今と比べれば防犯意識も低く、
施錠しない家もあった。
夜は、人通りもなくなり、泥棒さんも
お仕事はやりやすかったと思われるが、
今と比べれば犯罪も少なかった気がする。

夜の安眠や休日の在り方。
そういうものが、どうあるかで
人間の心は変わるかもしれない。
今の時代、何も考えずに体を休めることが、
困難になってきた。
お正月を完全に休んでいた頃より、
豊かで便利な社会になっているが、
今と昔、どっちがいいかと考える。

昔と同じ気分で正月を迎えることが
この先あるかどうか。
それでも、お正月は楽しみな、にゃん吉である。




YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

トムとジェリー にゃん吉とマウス



にゃん吉とネズミ

ネコは、ネズミを追っかけまわす。
昔『トムとジェリ』って漫画があった。
ネコがネズミを、追っかけまわすのだが、
ネズミはずる賢くネコの弱点をついて
いい勝負をしていた。
本当は仲良しなのだ。

にゃん吉は、ネズミを追っかけることはないが、
マウスには、ずっとお世話になっている。
パソコンを使う上で、マウスの操作性は重要だと思う。
特に、CAD や PictBear等の、絵や線に関わる操作をする時は、
マウスによって、作業にかかる時間も大きく変わる。
にゃん吉は、家ではマイクロソフトのマウスを使っている。
もう5年以上使っている年代物のマウスである。
買った当時は、まだコードレスのマウスが少ない時代だった。
マウス自体も大きいが、受光部も大きい。
最初は他のマウスに比べると、思い感じがしたのだが、
使っている内に、非常に使いやすく感じた。
特に今風の機能もついていないマウスだが、
艶消しだったボディーが黒光りする今でも使っている。


マイクロソフト マウス


買った当時は、5000円近くしたと思う。
今では、とても高額に思うが当時としては、
特別に高いわけではなかった。

会社で仕事で使っているマウスも、もう3年ぐらいは使っている。
サンワの製品だが、特に不満もないので、壊れるまでは使いそう。
強いて言えば、電池の持ちの悪さと、レシーバーの志向性だが、
レシーバーは、置場所が決まれば問題ないし、
電池に関しては数年前からエネループを使っているので、
予備を充電しておけば大丈夫になった。
このマウス、使いなれない人が使うと反応が早すぎると言う。
にゃん吉は、特に早いとは感じない。
たしか、2000円あまりで買ったと思う。

にゃん吉は時々、モバイルパソコンを持ち歩く。
今は XOOMを持ち歩くことがほとんどなので、
モバイルパソコンを持ち歩く時は、
そこそこハードにパソコンを使う予定の時だ。
そのため、パソコンについているパッドでは使いにくい。
やはりマウスが欲しいと思うのだが、
できればコードレスが使いやすい。
さらに言えば、レシーバーも小さい方が、持ち歩きも楽。
小型のものをいろいろ探して、現在使っているのはこれ。

中華マウス


秋葉原で、1000円ぐらいだったのだが、
モバイルパソコンには、とてもいい。
レシーバーは、超小型でパソコンに差したままでも、
移動は可能。パソコンから抜いた時は、
マウス本体に収納できるから無くすことも少ない。
さらに、これだけ小さいのに受信感度が良くて、
多少離れての操作もできる。
モバイルパソコンだから、ほとんど離れないが。
たぶん中国製だと思われるが、とてもいい。
マウスは、持ち歩いていると壊れることもあるが、
1年以上使った今でも、バリバリに働いている。
仮に壊れても、また買える値段でもある。





YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

ねむいねむい病



ねむいねむい病

水曜日あたりになると、朝が起きるのが辛い。
睡眠時間は決して長くはないが、
今よりもっと短くても、そんなに苦痛ではなかった。
ところが、先週の木曜日と今週の水曜日(本日)の
朝が起きられない。
寒いせいかと考えたが、起きてしまえば寒い方が
ひきしまるはず。
考えてみると、今年になってから少々体調が悪く、
正月以降、長時間寝ていることが多かった。
正月休み、連休と続いて一週間を普通のペースで
こなしていない。
仕事が休みでも元気な時は起きてあれこれとやったのだが、
少々の体調不良と寒さで動く気にもなれず、
数日仕事すると、睡眠を必要以上に欲しがる体になったようだ。

1日に10時間寝るのが当たり前になったら、8時間の睡眠では
少ないと体が感じるのかもしれない。
慣れとは、怖いものである。
過去には、6時間ぐらいの睡眠時間が普通であった、
にゃん吉である。戻すのはどうだろう。
長く寝ることに慣れるのは簡単だが、
短い睡眠時間に戻すのは難業苦行だと感じる。
しみじみと慣れとは怖いものである。

そういえば、昨年末は昼食に贅沢をした。
29日は、サラダバーの付いたトンカツ。
トンカツに、ご飯がついているのだが、
サラダバーでは、サラダ、味噌汁、ご飯、カレー、
ソフトドリンク飲み放題に、デザートもある。
トンカツが来る前にサラダと味噌汁、
トンカツの後でカレーと、暴飲暴食。
30日は、チャンポン。
しかも、餃子のセット。
31日は回転寿司。
流石に金を使いすぎていたので、
赤だしとうどんで満腹作戦を試みたが、
すでに拡張している胃袋は、
さらに餌を求めて怒り狂い、気がつくと
10皿以上の寿司を食べていた。
前述のように、年明けは体調を崩していたが、
拡張した胃は一週間にわたって、食べ物を求めた。

にゃん吉は朝はがっつっり食べるが、
昼はそんなに食べない。
少な目の弁当でいいのだが、
数日間の暴飲暴食を経験すると、
暴食が普通になってしまう。
これも、慣れの成れの果て。
今日は、290円の海苔弁当とインスタントの味噌汁。
普通は、これで充分なのである。
ちょっと贅沢に、追加でサラダをつけると、
毎日、サラダをつけるのが当たり前になる。
非常に柔軟な胃袋で、ぽっちゃりとお腹を飾る。






YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

新しい記事
ごるご君 働き方改革 あの世で、IT革命 その2 Oct 03, 2019
一時、涼しかった気がするが。 Sep 30, 2019
あつい Sep 25, 2019
ゴミとともに去りぬ Sep 25, 2019
バナナは、おやつか? Sep 16, 2019
三度笠 Sep 16, 2019
まぐれ Sep 15, 2019
踏切 Sep 15, 2019
横浜線 Sep 15, 2019
なんかおかしい Sep 15, 2019
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
96位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
25位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂
電車と、ラジコンヘリと、お出かけが大好き。
おまけのおもちゃB級コレクター。
まだまだ、更新!

最新コメント