鉄道 - にゃん吉一代記
FC2ブログ

青春18切符



今年の最後の「青春18切符」だ。
次は、来年の春まで待たねばならない。
今回の「青春18切符」の発売日は、令和元年12月1日から12月31日
乗車可能な期間は、令和元年12月10日から令和2年1月10日まで。
今は西暦で書かれることが多い。
切符にも、「利用期間は2019年12月10日から2020年1月10日まで。」と書かれてある。


DSC_1577.jpg

これが、青春18切符だ。
乗るたびに、日付の入ったスタンプが押される。
5つのスタンプが全て押されると終了。
スタンプが押された日が各回の有効期限となる。
JR全線の普通列車は、乗り放題。
急行列車や特急列車や新幹線には乗れないが、普通列車や快速列車なら乗れる。
有効期限の日は、途中下車も自由にできるので、いろいろな所に立ち寄りながら使うのも面白い。

今回の発売額は、12,050円。消費税も上がったので少し金額が上がっている。
12,050÷5=2,410円。
1回当たり、2,410円以上の乗車をすれば、元は取れる計算だ。

たとえば、東京からだと、小田原まで普通運賃で1,518円。1日で往復すれば1回分の元は十分に取れる。
名古屋まで行けば、片道6,380円。
往復すれば、12,760円。
1回往復すれば、それだけで5回分の元は取れる。
残念なのは、急行や特急、新幹線には乗れないため、片道6時間30分ほどかかることだ。
でも、高速道路を通って普通車で、東京から名古屋まで東名高速を走ると、3時間あまりかかる。高速代だけで片道7,700円。
また、指定席券さえ買えれば、「ムーンライトながら」にも乗れる。
ムーンライトは、最後の座席夜行列車だ。
青春18切符と組み合わせて、うまく使えばリーズナブルに貴重な旅行ができそうだ。
今回の座席指定券は、おそらく売り切れていることと思われるが。


DSC_1578.jpg


DSC_1579.jpg


DSC_1580.jpg


DSC_1581.jpg

青春18切符の使用には、いろいろな条件があるので、切符以外にご案内が4枚も出てくる。
諸所の条件が書かれている。




DSC_1576.jpg

青春18切符は、自動販売機でも買えるものが多い。
「おトクなきっぷ」を探そう。






YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

鉄分補給



寒くなってきた。

少し、鉄分を補給して身体を元気にしよう。





R0018965.jpg

単焦点カメラしかもっていなかったので、かなり無理して撮影している。
近くまで行けるならいいが、まったく行けない。
DD51だ。



R0018970.jpg

お部屋の中にもいた。
ヤクルトお姉さまに続いて中に入ろうとしたが、無理だった。
近くで撮影したい。



R0019000.jpg



R0019002.jpg


R0019007.jpg

電気な機関車たち。
残念ながら、すでに高齢の機関車だ。
JR貨物の色である。

EF65は、ブルートレイン牽引の時の色が好き。
さらに、赤ナンバーも好き。




YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

横浜線



横浜線。
JRの路線だ。
Yokohama Lineとも言う。

Similar conditions exist along the Yokohama Line, Nanbu Line and Musashino Line running in the Tokyo metropolitan area.

これは首都圏の横浜線や南武線、武蔵野線と同様である。


横浜線の例文で出ていた。

横浜線と聞けば、都会を走ってそうだが、実はそうでもない。
沿線の駅もローカルなにおいの漂う駅も多い。

悲しいのは普段走る電車が画一化されていいることだ。
E233系以外を見かけることは、ほとんどない。


R1027015.jpg

R1027016.jpg

R1027017.jpg

R1027018.jpg

R1027019.jpg

R1027020.jpg

昔のシルクロードを走っている。
「横浜、シルクロード」
などで検索すれば、意味はわかると思われる。


貨物列車や、特急電車が走っていれば、もう少しおもしろそうだが。
あまり詳しくはないので、コアな楽しみは、まだ見出せない。





YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

SL 9600形を見に行った



まずは、最近のアップロード動画から。

YOUTUBEである。

Nゲージ ダイソー プチ電車の駅にデジタル電圧計を取付けてみた



Bトレイン・鉄道コレクション 動力化列車運動会





蒸気機関車を見に行った。
残念ながら静態保存の蒸気機関車だ。
でも、9600形なのだ。
そんなに遠くないと思って出かけたら、そこそこ遠かった。


R0018846.jpg

R0018847.jpg

R0018848.jpg

R0018849.jpg

R0018850.jpg

国鉄9600形蒸気機関車だ。

大正時代から作られて、製造数は770両。
国鉄においては、最後まで可動した蒸気機関車だ。
残念ながら動態保存機は、ほとんどない。
真岡鉄道の9600館の9600形は、圧縮した空気で動かしているが動くので動態保存だろうか。

ちなみにここは埼玉県。
西川口駅から迷わなかったら徒歩15分のところ。
バスが近くまで通っていると思われる。


R0018852.jpg

R0018853.jpg

R0018854.jpg

R0018855.jpg

R0018856.jpg

R0018857.jpg

非公式側の先輪付近から。
動輪は、4軸なのでまとめて撮影したいが、建物の柱が邪魔をする。

静態保存されている機関車も、全く近づけないものもあれば車内にまで入れる機関車もある。
車内まで入れる機関車になると、めちゃくちゃに荒らされていることが多い。
現状を残して保存しようとすれば、このように機関車に近づけない状態にしておかなければ難しい。
しかし、これは、モラルの問題だ。
一部の心無い人がいるために、厳重な警戒をしないと保存できないことは残念だ。

シリンダーとか、ロッドのあたりを見ていると鉄道模型の蒸気機関車を作る苦労が少し見える。
小さなNゲージで、そこまで厳密に見る必要があるのかどうか?
でも、細かく再現されているほど嬉しい。
価格は、安いほど売れしい。


R0018858.jpg

R0018859.jpg

R0018860.jpg

R0018861.jpg

R0018862.jpg

R0018863.jpg


ボイラーから第4動輪のあたり。
銅管類は、新しくされているようだ。
1915年に製造されたモデルだ。
100年以上前の蒸気機関車が、ここにいることが嬉しい。



R0018864.jpg

R0018865.jpg

R0018866.jpg

R0018867.jpg

案内板だ。
内容より、下のほうが気になる。
シャッターの音にも全く反応しないで無防備に寝るヤツがいる。
手前に柵があるので人は入れない。
来られるものなら来てみろ!と思っているに違いない。


R0018868.jpg

R0018869.jpg

R0018870.jpg

R0018871.jpg

R0018872.jpg

R0018873.jpg

運転台から、ドローバーのあたり。
解放式キャブの入口は閉鎖されている。
もう少し上のほうを見たい。
脚立持って来ればよかった。
そうそう、自撮棒も役立つかもしれない。


R0018874.jpg

R0018875.jpg

R0018876.jpg

R0018877.jpg

R0018878.jpg

R0018879.jpg

テンダー周辺。
日本のテンダー式機関車としては、ほんとうに初期のもの。
9600形が最後のあたりまで運用されたのは、適度な大きさや扱いやすさ、耐久性、整備性などが優れていたのであろう。
考えてみれば、過度な出力を持った機関車などは運用を外れるのも早い。

へっくしょん!へっくしょん!
(EF200が、くしゃみしてる。)



R0018880.jpg

R0018881.jpg

R0018882.jpg

R0018883.jpg

R0018884.jpg

R0018885.jpg

テンダー後方。
この連結器には、何両の貨車を連結したことだろう。
高速道路などない頃から走っていた。
トラックもあまり走っていなかった。
貨物列車が流通の要だった頃だ。

製造当初は、手動鎖連結器だったと思われる。
この機関車は、大阪から北海道あたりまで転々としている。
入換機としても長く使われたようだ。
用途や使用する場所に応じて、いろいろな改造が加えられたことだろう。


R0018886.jpg

R0018887.jpg

R0018888.jpg

R0018889.jpg

R0018890.jpg

R0018891.jpg

公式側。
こちらは、道路からの撮影になる。
歩いているネコさんの邪魔にならないように撮影しよう。
犬が散歩していると、ほえられるので注意しよう。

テンダーの車輪がかわいい。


R0018892.jpg

R0018893.jpg

R0018894.jpg

R0018895.jpg

R0018896.jpg

R0018897.jpg

ドローバー下。
ジャンパーに隠れて、ATS車上子らしきものが見えて、気になってしかたない。
1969年に廃車になった機関車だから、取り付けられていても、おかしくはない。
KATO Nゲージ蒸気機関車も、最近発売されたものは、ATS車上子まで再現されていて、びっくりする。


R0018898.jpg

R0018899.jpg

R0018900.jpg

R0018901.jpg

R0018902.jpg

R0018903.jpg

キャブから動輪のあたり。
ボイラー周辺は、シンメトリーではない。
でも、通常はあまり違和感なくおさまる。
デザインのセンスだろう。
シェイ式蒸気機関車の場合は、こうはできない。
その構造上、仕方ない。


R0018904.jpg

R0018905.jpg

R0018906.jpg

R0018907.jpg

R0018908.jpg

R0018909.jpg

ボイラー下の隙間は、Nゲージでは、なかなか再現できない。
モーターとがギアを収めこむと、隙間がなくなる。
隙間が全くないメカより、隙間のあるメカをメカニカルに感じるのは、ねこだけだろうか。


R0018910.jpg

R0018911.jpg

R0018912.jpg

R0018913.jpg

R0018914.jpg

R0018915.jpg

公式側ボイラー周辺。
空気圧縮機とか、安全弁とかを撮影。
場所を移動しながら撮影しないと、シリンダー周辺が撮れない。
ピストン尻棒が長い。


R0018916.jpg

R0018917.jpg

R0018918.jpg

R0018919.jpg

R0018920.jpg

R0018921.jpg

このトンネルのような建物は、見た目はいいが撮影がやりにくい。
まあ、9600形を大切に守ってくれているので文句は、言わない。
ぶちぶちぶちぶち・・・。


R0018922.jpg

R0018923.jpg

R0018924.jpg

R0018925.jpg

R0018926.jpg

R0018927.jpg

連結器と握手したいが遠すぎる。
非常に残念だ。
非常のライセンス!
(字が違う。情のほうが合うかも。)


R0018928.jpg

R0018929.jpg

R0018930.jpg

R0018931.jpg

R0018932.jpg

R0018933.jpg

また非公式側に戻ってきた。
道路を横断する時も、右を見て、左を見て、また右を確認してからわたる。

非公式側を撮影して、公式側を撮影して、また非公式側を撮影する。
安全への取り組みだ。


R0018934.jpg

R0018935.jpg

R0018936.jpg

R0018937.jpg

R0018939.jpg

R0018940.jpg

R0018941.jpg

R0018942.jpg

今回の撮影は、ここまでだ。
やっぱり、9600形はいい。
ノスタルジックな機関車である。






R0018938.jpg


まだ、寝てる!





YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

京都市電



梅小路公園に、京都市電が展示されているスペースがある。
短い距離ではあるようだが、実際に乗って昔の雰囲気を味わうこともできるようだ。
いつもリサーチなしで出かける、にゃん様は、公園にこのような楽しい場所があることは知らなかった。

梅小路公園(うめこうじこうえん)は、京都府京都市下京区観喜寺町、八条坊門町、梅小路頭町にまたがる市営の都市公園(総合公園)である。指定管理者制度に基づき、公益財団法人京都市都市緑化協会が運営管理している。公園南部は平清盛の邸宅西八条第に該当する。
Wikipediaより



梅小路公園は、由緒正しい公園であった。

R0015113.jpg

鉄道博物館に行こうとしていて、こんな景色が目に入った。
これは、見ないわけにはいかない。


1990年(平成2年)3月に移転した日本貨物鉄道(JR貨物)梅小路駅(現在の京都貨物駅)の跡地に、平安遷都1200年を記念して作られた京都市営の総合公園である。面積117,133m2、開園は1995年(平成7年)4月29日。

芝生広場、中央広場、いのちの森、朱雀の庭、緑の館、すざくゆめ広場、市電ひろばなどの施設がある。広大な敷地が各種行事(緑化フェア、サーカス、京都音楽博覧会など)に利用されることもある。土日、祝日にはすざくゆめ広場と市電ひろばの間を結ぶ線路で明治時代の京都市電の車両(「チンチン電車」の名で案内されている)の保存運転が行われている。

公園の北東側には京都水族館があるほか、公園西側の山陰本線(嵯峨野線)を挟んだ反対側にはJR西日本が運営していた梅小路蒸気機関車館があった。

この公園で開催された「第11回全国都市緑化フェア」会場の最寄駅として、1994年9月23日から11月20日までの約2か月間のみ緑化フェア梅小路駅が設置されたこともある。
Wikipediaより



ま、わりと最近できた公園なのだが、エンターテイメントな公園である。



R0015115.jpg

R0015114.jpg

京都の路面電車は、歴史が古い。


京都市電(きょうとしでん)は、京都市交通局が運営していた市電(路面電車)である。1895年に京都電気鉄道によって日本最初の一般営業用電気鉄道として開業され、1912年の市営路線開設、1918年の全面市営化を経た後、1978年9月30日限りで全廃された。
Wikipediaより



そんな歴史のある電車なのだった。
心は鉄道博物館に向かっていたので、急いで見学&撮影だ。


R0015117.jpg

線路。
なぜか、3線ある。
京都市電の頃は、標準軌と狭軌の路線があったらしい。
後で知った。


R0015118.jpg

R0015119.jpg

R0015120.jpg

これが、人を乗せて走る電車。
トロリーポールはついているのに、空中に架線のない不思議。
実は、バッテリー駆動に改造されているらしい。
これも、後で知った。
エボルタだろうか。


R0015121.jpg

R0015122.jpg

R0015123.jpg

これは、模型。
精密に作られている。
かっこいい。


R0015124.jpg

R0015125.jpg

これは、展示されている実機。
広軌1型 29号車だろう。

中にも入ることができる。

R0015126.jpg

R0015127.jpg

R0015128.jpg

R0015129.jpg

車内の写真である。
木の床にニスの臭いが古きよき時代を感じさせてくれる。


R0015130.jpg

R0015131.jpg

マスコン?
戦時中は、一定以上に電気を消費させないために、ある程度以上はハンドルを回せないようにしていたらしい。
ストッパーの穴が残っている。


R0015132.jpg

R0015133.jpg

R0015134.jpg

R0015135.jpg

再び車内。
合わないピントが幻想の世界を作り出す。
観光客が多いため、人がいない間隙をぬって撮影するのは至難の業だ。
間隙の感激。



R0015136.jpg

R0015137.jpg

反対側の運転台。
この頃は、電車などは異次元の世界の乗り物だったことだろう。
馬車が普通であった頃と思われる。
運転手さんは、感電しながら運転していると思われていたに違いない。
ガス灯が普通だった頃かもしれない。


R0015138.jpg

展示されている所と停車場がつながっている。
落ち葉の舞い散る停車場であった。


風流。






YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

新しい記事
今年もお世話になります Jan 19, 2020
今年もお世話になりました Dec 31, 2019
桜を見る会を隠すIR賄賂 Dec 27, 2019
こたつ、あたたまらない Dec 26, 2019
久々に更新 Dec 24, 2019
「ひつまぶし」で、ひまつぶし Dec 22, 2019
失敗したかも Dec 11, 2019
青春18切符 Dec 05, 2019
パンダフル Nov 29, 2019
早起き Nov 29, 2019
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂と思ってから、すでに5年以上。
電車と、ラジコンヘリと、お出かけが大好き。
おまけのおもちゃB級コレクター。
YOUTUBE  cat558 もよろしく!
まだまだ、更新!

最新コメント