鉄道模型 - にゃん吉一代記
fc2ブログ

7100形 弁慶  マイクロエース A0291 続き



弁慶を長く眺めている。
長く眺めていると、いいところも悪いところも少しずつ見えてくる。

DSC_0448.jpg

アメリカンな機関車だ。
小さいのは、アメリカンではないかもしれない。
西部劇にでもでてきそうな風貌である。


DSC_0443.jpg



DSC_0442.jpg



DSC_0441.jpg


注意書きもおもしろい。
モーターが小さいことを気にしているようだ。
そういえば、津川洋行さんの機関車でも似たようなことが書かれていた。


DSC_0449.jpg

この角度で見ると、カウキャッチャーの高さが目立たなくなる。

カウキャッチャー(cowcatcher)とは、鉄道車両の前部に付けられる牛避けの犂(すき)状の部品。排障器の一種。



Wikipediaより

蒸気機関車やディーゼル機関車などの前面下部に付けられることがある、牛などをできるだけ傷つけずに、すくうように受け止めて、左右に跳ね飛ばすための犂またはバンパー状の金属部品である。受け止めるという意味の「キャッチャー」という名が付いているが、実際の用途はむしろ逆である。

もともとは、19世紀のアメリカ西部の蒸気機関車に多く装着されていた。明治時代の北海道開拓で使用された有名な蒸気機関車である義経号や弁慶号も、当時のアメリカの機関車をそのまま輸入したため、これを装着している。

原野を走る区間が長いアメリカ、中国などでは、線路上に大型動物が入り込む事が多く、幹線で運用される大半の蒸気機関車に装着された。日本製の蒸気機関車でも、台湾、満州国、ベトナムなどに輸出されたものには、現地で装着された例がある(例えば、国鉄C12形蒸気機関車など)。

蒸気機関車以外の鉄道車両では、明治時代、大正時代の路面電車が、人身事故がよく起きたため、前面下部に救助網を取り付け、人を傷つけずに受け止めるようにしていた。実際にキャッチするための部品であるが、これはカウキャッチャーとは呼ばれない。その後の鉄道車両では、高速化が進んでカウキャッチャーで傷つけずに跳ばすことは無理となり、だんだん先が後退して短くなり、これに代わって板状のスカートや排障器が使用されるようになったため、現在では実用の鉄道車両にはほとんど用いられていない。




DSC_0453.jpg

テンダーも派手な印刷である。
リベットがなかせてくれる。





DSC_0445.jpg


この角度で見るとカウキャッチャーの位置が悲しい。
もう少し低い位置についていると、それらしく見えたのにと思う。

DSCF4865.jpg

実機のカウキャッチャーは迫力がある。
牛さんも逃げるだろう。


DSC_0454.jpg

キャブの中はモーターに占拠されている。
他の蒸気機関車で使っているモーターより小さなモーターのようだ。
この大きさで自走する機関車を20年前に作ったところがすごい。



DSC_0452.jpg

この小さなテンダーで、この軸配置はすごい。
2軸でももちそうだと思うが、4軸なのだ。


DSC_0451.jpg

実機の動輪のフランジは薄かったような気がする。
模型だから、仕方ない。

DSCF4863.jpg




DSCF4868.jpg

実機は先輪も、派手である。





YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

7100形 弁慶号 マイクロエースA0921



北海道に鉄道が走ったころ、アメリカから輸入された蒸気機関車が7100形である。
にゃん様も、その頃のことは知らない。
たぶん啄木が北海道にいた頃には、7100形が走っていたのではないだろうか。

この7100形だが、Nゲージになってはいるのだが、なかなかない。
1980年代に中村精密という会社が出していたらしいが今では会社自体が解散しているようだ。
一部の販売はしているとの話も聞くが、その当時に発売していた7100形は販売されていない。
そして20002年に、マイクロエースさんが作ったらしい。
Nゲージといえば日本では、約1/150で作ることが多いが、1/130ぐらいで作られたらしい。
昔は、KATOさんのC11も、1/135ぐらいだった。
仕方のないことだ。
こんなレアなモデルを販売してくれることが嬉しい。


CENTER_0001_BURST20220815175546364_COVER.jpg


DSC_0427.jpg


とても貴重な気がする。
じっくり眺めている。


DSC_0431.jpg


DSC_0432.jpg


DSC_0433.jpg


DSC_0436.jpg


DSC_0434.jpg


DSC_0437.jpg


DSC_0438.jpg


DSC_0438.jpg

詳しくは動画で紹介する予定だ。



DSCF4865.jpg

これは京都にいる「義経」だ。
実際には、復元前にどれが義経だったか弁慶だったか、はっきりしなくなっていたらしい。

もともと8両作られて、6両までは人名もつけられていたらしい。
「義経」、「弁慶」、「しづか」は有名だ。
「光圀」、「信広」、「比羅夫」もいたそうだ。
水戸黄門以外の人は、あまり知らない。




YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

JR客車 マニ50形(モトトレイン) 入線



最近、買い物依存症かもしれない。
買い物がしたくなる。


DSC_0296.jpg

680円ぐらいだった。
これで買い物依存がおさまるのなら、いいとしよう。
50系は、最後といっていいぐらいの客車だ。
これも、客車の扱いだが人が乗れるわけではない。
この客車は、バイクを乗せるための客車なのだ。


DSC_0297.jpg


急行「八甲田」は国鉄時代の1961年に登場した客車列車で 上野ー青森を東北本線経由で結んでいました。
東北新幹線開業など情勢の変化により多くの急行列車が廃止、臨時格下げなどが行われる中、「八甲田」は国鉄民営化後の1993年まで定期列車として運転されました。
MOTOトレインは1986年に登場した上野ー函館間をバイクと共に移動できる列車で、上野ー青森間は八甲田に併結される形で運転されました。
1988年の青函トンネル開業後、MOTOトレインを併結した八甲田は青森到着後そのまま臨時「海峡」として函館まで運転されていました。



TOMIXの八甲田のページから説明を借りてきた。
最後は青函トンネルも通っている。
青函トンネルを少しずつ再現したいと思う。



今日はじっくり眺めよう。






YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

「はまなす」購入



マイクロエースの「はまなす」である。

実は、過去にも「はまなす」は購入したことがある。

Nゲージ マイクロエースA 5944 14系500番台 急行「はまなす」


最後の定期運航を行う客車列車だけに、おもしろみがある。
前回に購入したものはジャンクでも状態はよくないジャンクだった。

今回は、少し状態のよさそうなジャンクである。
DD51も、何両かあるからちょうどいい。


はまなす001

外観は前のと同じ。
スリーブはないが問題ない。

202207241136060b8.jpg

価格的には、いい価格ではないだろうか。
鉄道模型は高いから。

どこに価値を求めるかで違うのだろう。
にゃんこは、やはり客車と機関車という組み合わせが好きなのだ。

20220724113906681.jpg

ジャンクな理由は、きっとカプラーを交換しているからであろう。
この価格なら、ぜんぜん問題ない。


DSC_0186.jpg

付属品もついていた。


詳しくは、動画にする予定。

改良品でないマイクロエースの「はまなす」は評判がよくないようだが、むしろ一度、見てみたい。







YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

Nゲージ 新しいレイアウト作成中



Nゲージの新しいレイアウトを粛々と作成したいと思っているのであるが、遅々として進んでいない。


R0023492.jpg


R0023494.jpg

どんな配置にするか全く決まらない今日この頃なのだ。



R0023507.jpg


R0023508.jpg


R0023509.jpg


R0023510.jpg


R0023511.jpg


とりあえず、線路の形だけは決定したので線路を半田でかためていった。
固定レイアウトで接触不良は悲しい。


R0023512.jpg

EF63で試運転。
EF63のアンテナが曲がってるのが気になる人になった。
週末どころか、年に数度しか走らない機関車なのであった。



他にも前のレイアウトとは少し違ったところがほしい。


R0023519.jpg


R0023523.jpg

電飾にしようかなぁっと!











YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



続きを読む

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

新しい記事
にゃん様の生活がやばい Sep 16, 2022
伝記は書けるだろうか? その4 Sep 14, 2022
【9月11日国税庁】  Sep 11, 2022
伝記は書けるだろうか? その3 Sep 09, 2022
伝記は書けるだろうか? その2 Aug 28, 2022
伝記は書けるだろうか? Aug 27, 2022
雨なのだ Aug 18, 2022
7100形 弁慶  マイクロエース A0291 続き Aug 16, 2022
7100形 弁慶号 マイクロエースA0921 Aug 15, 2022
ノザキ コンビーフ ポテトサラダパン Aug 11, 2022
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
42位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂と思ってから、すでに5年以上。
YOUTUBE cat558 もよろしく!
まだまだ、更新!

最新コメント