データベース - にゃん吉一代記
FC2ブログ

データ その3



Windows10がインストールできなくて、少し、ご機嫌ななめなのだが、それは棚の上に置いておこう。

さて、データベースの続きである。
マイクロソフト・アクセスは高価なので、フリーのオフィスソフトである、オープン・オフィス(OpenOffice)を使っている。
OpenOffice BASEである。


今回は、データベースの最初のページを確認してみよう。

データベース01

左にデータベースと書かれてあり、下にいくつかの項目がある。
今回は、それを見ていこう。


テーブル
以前にも説明したが、これはエクセルのワークシートのようなものだ。
データの入れ物と言える。
どんな形で作ってもいいのだが、フィールドの中の書式は揃えておこう。


クエリー
抽出なのだが、ここでのクエリーは、さまざまな抽出やリレーションができる。
いくつかのテーブルを、くっつけることもできる。
テーブルのフィールド内のデータを加工することも可能なのだ。
ちょっと難しいが、ここがデータベースで最も使える部分である。
個人的に使うなら、ここが最も使えるところである。



フォーム
テーブルやクエリーのデータを見やすくしたり、データを扱う人が入力や抽出をやりやすくするためのものである。
ここでは、フォーム上の文字のフォントを指定したり、いろいろなことができる。
データベースで、画面上に表示するには最も視覚に訴える部分である。
一人でデータベースを利用する場合には、あまり使わないかもしれない。




レポート
抽出したデータや、フォームで作成されたデータを帳票に印刷するためのものである。
これも、一人だけでデータベースを使う時には、あまり利用しない。
フォームを、帳票で視覚的に見せる感覚である。
データをかっこよくプリントアウトするためのものだ。




自分の使い方から、データベースの説明である。
マイクロソフト・アクセスではこの部分に、もう少しメニューが多くなっている。
マクロなども、ここに表示されていたと思うが、出ていないので今回は割愛だ。







PR
Access 2007抽出・集計に役立つ〈クエリ〉技

Access 2007抽出・集計に役立つ〈クエリ〉技
価格:1,382円(税込、送料別)



クエリーを使いこなせるなら、データベースは難しいものではない。
多くのデータも、最小の時間で意のままに操れるようになるだろう。
そのためには、テーブルのデータが、きちんと整備されていなければならない。






YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



データ その2



データベースの話である。

本当は、使い慣れた、マイクロソフト・アクセスを使って記事を書けば簡単なのだが、家のパソコンには、マイクロソフト・オフィスは入っていない。そこで、フリーソフトであるOpenOffice Baseを使って記事を進めている。家のパソコンでやることに関してデータベースが必要になることはないのだが、エクセルでデータを蓄積するにしても、データベースの考え方の基礎は知っておいたほうがいいと思って書き始めた。OpenOffice Baseを使うのは、初めてなので途中で挫折するかもしれないが、どの程度、使えるのかも知りたいというのが本音のところだ。

OpenOffice ダウンロードはこちらから
マイクロソフトのオフィス・ファイルのほとんどを開いて編集できるフリーソフトである。
使い方に多少の違いはあるが、ワープロや表計算のファイルをPDFにすることもできる、フリーソフトだ。


003_20150729221232747.png

OpenOffice BASEを開くと、このような画面になる。
多くのデータベースからデータを取り込むことも可能なのだが、ここでは、いろいろと確認しながら最初から何かを作ってみようと思う。使っていればなんとかなるものだ。必然に迫られないと火事場の馬鹿力は発揮できないが経験が助けになることは多い。与えられた経験は習熟の糧である。同じことを経験しても人それぞれ後にどのように生かせるかは変わってくる。最も悪いのは自分で経験の機会を捨てることだろう。


008.png

データベースのウインドウである。
このあたりは、マイクロソフト・アクセスと似ている。
なじみのない言葉から考えてみよう。

「テーブル」
データを入れておくところである。
エクセルでいうところのワークシートみたいなものだが、ワークシートと同じではない。
データベースでは、テーブルが最も基礎になる部分だ。
ここを上手に使えればデータベースが作りやすくなる。



005_20150729221235288.png

エクセル(表計算)では、行と列が基本となる。
データベースでは、行とフィールドが基本となる。
そして、フィールドの書式設定は同じものでなければならない。
ここが大きな違いだと思う。
エクセル(表計算)の場合は、同じ列にあっても、異なった書式設定やフォントを使える。
データベースにおいては、異なったフォントという観念は、ほとんどない。
そして、同じフィールド(エクセルでの列)においては同じ書式設定でなければならない。
この規則を守っているから、正確にデータベースとして機能できる。


006_20150729221231f47.png

フィールドというのは、エクセル(表計算)では、横の列である。
データベースでは、最初の時点で、それぞれのフィールド(列)の書式を決定する必要がある。
表計算からデータベースにデータをインポートしようとする場合に、列(フィールド)の書式が違っていると正確なインポートはできない。逆に言うなら列の書式がそれぞれ異なるものは、データベースとしては機能しにくいということだ。
ここでは、フィールドタイプで列の書式を一括で決定していることを覚えておこう。
文字列で入力された数字と、数値で入力された数字は同じもののように見えるかもしれないがコンピュータにとっては別物である場合も多い。


009.png

上で設定したフィールド(列)に適当にデータを入力して、開いた。
これが、ひとつのテーブルである。

拡張子の、「.xls」と「.csv」の違いはわかるだろうか?
どちらも同じように表計算(エクセル)で開くことは可能だが、これは異なるファイルなのである。
この違いがわかるなら、データベースと表計算の違いもなんとなくわかるであろう。


PR


現在では、インターネットの検索を活用すれば、たいていの疑問は解決できる。
しかし、それが体系まで網羅しているわけでもない。
体系を確認できる書物は、まだまだ必要なものなのだ。






YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

データ



マイクロソフト オフィス2010では、エクセルで1,048,576 行 x 16,384 列を使える。
このため、エクセルをデータベースとして使う例が多い。
でも、エクセルは表計算ソフトであって、もともとデータベースとして作られたものではない。

データベースとしては、マイクロソフトでは、アクセスがよく使われているが、これは、パーソナルにはついてこない。プロフェッショナルは高いのだ。そこで、フリーソフトを使って、データベースの基礎の基礎を知ってみようという企画である。エクセルを使う時にも、ちょっとした注意をすれば、データベースと互換性のあるデータを作ることができる。そして、このちょっとした注意は、エクセルであっても抽出や検索や並べ替えのイレギュラーを防ぐことができる。現実には、エクセルのデータをもらった時に、そのままデータベースに取り込めるようにしたいのである。


001_20150728132516bba.png

フリーで使えるオフィスソフトなら、OpenOfficeが便利だと思われる。
OpenOffice データベースは、「BASE」という名前である。


002_201507281329566ad.png

どの程度の互換性があるかは、わからないが他のデータベースも使えるようだ。
さて、ちょっとずつ使ってみることにしよう。

たぶん不定期更新になるのでカテゴリーを追加することにする。






YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

新しい記事
暑い May 28, 2020
味付けのり May 28, 2020
花粉 May 28, 2020
月末が近い May 28, 2020
EF16の動画 作成 May 27, 2020
暑くなってきた May 27, 2020
新型コロナの影響だろうか? May 27, 2020
新型コロナの影響 May 27, 2020
コミュニケーション May 27, 2020
公平? May 27, 2020
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂と思ってから、すでに5年以上。
YOUTUBE cat558 もよろしく!
まだまだ、更新!

最新コメント