石川啄木 - にゃん吉一代記
FC2ブログ

見たかったもの



石川啄木の、まわりの人というのは、ある意味、啄木の被害者といった人が多いような気もする。
ちなみに私は、啄木がきらいなわけでは決してない。
むしろ、好きである。
人間らしいと思うのだ。

啄木は、まわりの人を多く巻き込んだ。
いい意味で巻き込んだわけではないことが多い。

石川啄木は、1912年(明治45年)4月13日に亡くなった。
あまりに若すぎる、26歳没だ。
8月まで生存していれば、大正時代になっていたが、明治のうちに人生の幕を閉じてしまった。
1912年4月15日には、タイタニック号の沈没事故も起きている。
あまり関係ないが。

さて、その石川啄木の臨終に立ち会った友人がいた。
若山牧水である。
九州の出身らしい。
啄木と同年代の人であった。


R0017904_20190725212425799.jpg

盛岡市の下橋中学校の校門前に、啄木と牧水の歌碑がある。

城跡の古石垣にゐもたれて
聞くともなき
波の遠音かな

こちらが牧水の詩である。



隣の啄木の詩

教室の窓より遁げて ただ一人
かの城址に
寝に行きしかな

で、若山牧水さんに関して少し調べた。
鉄道の旅が好きだったらしい。
それ以上に、お酒が好きだったらしい。


若山牧水さん Wikipediaより

旅を愛し、生涯にわたって旅をしては各所で歌を詠み、日本各地に歌碑がある。鉄道旅行を好み、鉄道紀行の先駆といえる随筆も残している。大の酒好きで、一日一升程度の酒を呑んでいたといい、死の大きな要因となったのは肝硬変である。ちなみに、夏の暑い盛りに死亡したのにもかかわらず、死後しばらく経っても死体から腐臭がしなかったため、「生きたままアルコール漬けになったのでは」と、医師を驚嘆させた、との逸話がある。自然を愛し、特に終焉の地となった沼津では千本松原や富士山を愛し、千本松原保存運動を起こしたり富士の歌を多く残すなど、自然主義文学としての短歌を推進した。



やはり、啄木の臨終を看取った友人は、すごい。
ただものではない。


その若山牧水さんの歌碑が立川にあると知った。


DSC_1276.jpg

DSC_1278.jpg



立川の駅の古茶屋
さくら樹の
紅葉のかげに見おくりし子よ

のほほんとした詩だ。

このような歌碑に会えると嬉しい。


昔の鉄道の旅は、今と違って、のほほんとしていたのだろう。





YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

啄木親子の歌碑を探す



盛岡城跡、かつては、不来方のあたりで、心地よい風に吹かれて、五十五の心を空に吸われていたのだが、このままではいけないと思い立った。考えてみれば、石川啄木も釧路に居る頃は、若くして釧路の名士とも言える存在になっていた。しかし、「このままでは、いけない。啄木、釧路を去るべし。」と言って釧路を旅立った。

にゃん吉、城跡を去るべし。
そうして、困難に立ち向かうのだ。


R0017846.jpg

城跡は、さほど広くはないが、あまり多くの人が来るわけでもない。
居心地のいい空間だった。



R0017844.jpg

R0017854.jpg

石垣は、お城という建物から考えると必然となる。
不来方城の頃は、土塁だったのかもしれない。
これだけの石を運ぼうとすると、ずいぶんな技術も必要だ。



R0017883.jpg

少し歩くと、岩手銀行 赤レンガ館が見えてきた。
そうそう、財布が重いと思っていたのだ。
5,000万円ほど、預けよう。
財布を軽くしたかったのだ。

赤レンガ館では、預金はできなかった。
近くの、中ノ橋支店に行けばいいらしい。




R0017891.jpg

もりおか啄木・賢治青春館。
何を隠そう、お金を隠そう。
実は、この建物も、かつては銀行だったのだ。
第九十銀行だったらしい。
古い建物なのに、今でも残っている。
さすが、銀行だ。
やわな建物だと、ルパン三世に預金を奪われてしまう。


中の展示物で最も興味を持ったのは、啄木が亡くなった時の新聞記事。
岩手では、一応の有名人だったのだと、つくづく思った。



R0017900.jpg

中津川にかかる橋を見ていて、ふと思い出した。
夏が来れば、思い出す。はるかな、はるな愛ちゃん。



「中津川と雫石川の合流地点あたりに、啄木と石川一禎の歌碑がある。」
こんな、話を誰かに聞いたことを思い出した。
ここからなら、遠くないだろう。

探してみるぞ。



少し歩くと。


R0017902.jpg

あった!
歌が並んだ、歌碑。



R0017904.jpg

左は、啄木の詩だが、右は、たれ?
若山富三郎さん?それなら隣は、勝さんか?

いやいや、牧水さんだ。


教室の窓より遁げて
ただ一人
かの城址に寝に行きしかな



これが、啄木の詩。
やはり、授業を抜け出している。
時代が違っていれば、カリスマ・シンガーになっていたかもしれない。

「♪盗んだバイクを買わされる~♪
 ♪鍵がない! 走らない!♪
  ♪でも、取立て やたらときつ~い!」

  尾崎豆さん、パクらせてもらいました。



R0017905.jpg

ちなみにここは、金田一京助さんの出身校の門の前だ。
この碑は、若山牧水さんと石川啄木の碑だ。


もっと、歩こう!




R0017909.jpg

歌碑、発見!
しかし、ひとつしかない。


花桐や 雲も重ねて 南部領
     
                   小原 啄葉 さん

知らない人の歌碑だった。
残念・無念。
シンプルだけど、きれいな詩。



ここではない。
さらに探すぞ。



あった!並んだ石!
これに違いない。

にゃん様、ついに偉業達成か?



R0017914.jpg

R0017916.jpg

おっと、宮静枝さん。
啄木の短歌にひかれた方だ。
真面目な方だったようだ。

もうひとつの力強いお詩は、どなただろう。
働き方改革も何のその。
自分の道を歩もうぞ!




でも、この碑も啄木親子の碑ではない。




R0017910.jpg

そして、遂に発見!




R0017911.jpg

R0017912.jpg



睦まじく
 清流近し 親子詩
    初夏のこもれび
        永久にさし
 

               天乃寝倖  
  









YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

どこでも空に吸われたい



本丸の角の四阿だ。
ここも、風が通って気持ちいい。
二の丸から見るのとは違う角度で盛岡市の景色が楽しめる。

WIN_20190610_104126.jpg

けっこう長く居るのだが、動きたくない気分だ。
空に吸われてしまったか?五十五の心。



WIN_20190610_104057.jpg

かなり古い感じがする。
何もないけど十分に休める。
下のほうは、伐採の音かなにかで少し騒がしいが。


WIN_20190610_104107.jpg

残念なことに、ここは近々、無くなってしまうようだ。
なんか、離れたくない気分。


WIN_20190610_104602.jpg

ベンチに、この仕切りが無かったなら、3時間ぐらい、まどろんでいたい。



WIN_20190610_105419.jpg

盛岡城跡公園の本丸も一望できる。

近くの草に寝転んで、写真を撮っている人がいた。
啄木が、寝転んだのは、二の丸あたりと言われているが、彼のことだ、きっと、このあたりにも寝転んだことだろう。




YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

ネコ寝転びて



盛岡城跡公園だ。

啄木が、学校を抜け出して、寝転んでいたと言われる、二の丸のあたり。


WIN_20190610_091959.jpg

WIN_20190610_092011.jpg

WIN_20190610_092024.jpg

WIN_20190610_092032.jpg

いいところだ。
当時は、もっと木などが茂っていたかもしれない。
まわりに背の高い建物が建って昔とは、まわりの景色は違っていることだろう。



WIN_20190610_092049.jpg

WIN_20190610_092055.jpg

WIN_20190610_092137.jpg

啄木が居た頃は、岩手山がくっきりと見えたことだろう。
今日は、頭を雲の上に出そうとして、雲の中にいる。




WIN_20190610_092102.jpg

お城の草に寝転ぶには、レジャーシートがほしい。


WIN_20190610_092157.jpg

いいところ、見つけた。
個々は、屋根もついている。
日陰になって、風も当たる。
涼しいぞ。




WIN_20190610_092224.jpg

二の丸を眺めながら、ぼーっとしている。
屋根があるから、空に吸い込まれない、五十五の心。





YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

不来方の お城の草に寝ころびて 空に吸はれし 五十五の心



昨日は、渋民周辺を散策した。
本日は、盛岡城跡公園あたりを、ぶらぶらしたい。

R0017770.jpg

R0017776.jpg


不来方の
 お城の草に寝ころびて
  空に吸はれし 十五の心


若い頃には、戻れないので、五十五の心を空に吸ってもらおう。

Wikipediaによると、

盛岡城(もりおかじょう)は、岩手県盛岡市(陸奥国岩手郡)にあった日本の城。国の史跡に指定されている。別名は不来方城(こずかたじょう)であると一般に理解されているが、厳密には盛岡城の前身であり両者は別の城郭である。



このように書かれている。
まあ、詩としては、「盛岡の」と切り出すより、「不来方の」と切り出すほうが、かっこいいと思う。


蟻さんがいなければ、寝っ転がってもいいのだが、蟻さんの攻撃を防御するのは難しい。
噛むし。


曇りの予報だったのだが、暑くなりそう。






YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

新しい記事
青春18切符 Dec 05, 2019
パンダフル Nov 29, 2019
早起き Nov 29, 2019
桜を見る会 Nov 28, 2019
個人情報保護という名の隠れ蓑 Nov 26, 2019
秋の日はつるべ落とし Nov 24, 2019
自販機食堂 Nov 19, 2019
天気いい Nov 16, 2019
ある日ある時ある所 Nov 16, 2019
櫻を見る会 Nov 16, 2019
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
61位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂と思ってから、すでに5年以上。
電車と、ラジコンヘリと、お出かけが大好き。
おまけのおもちゃB級コレクター。
YOUTUBE  cat558 もよろしく!
まだまだ、更新!

最新コメント