日本列島大改造論 - にゃん吉一代記
FC2ブログ

令和は矛盾から始まるのだろうか



 連休はいいのだが、連休明けに不安を持つ人も多いことであろう。
通常、10連休などは、なかなかない。
更に、休日であっても稼働している業種は数多くある。それも以前に比べると増えているのだ。休日こそ稼ぎ時といった業種もある。関連する業種の人も、いきおい巻き込まれる。そして、それらの業種以外にも関連はある。10日も休むと浦島太郎の感覚か、休み明けの数日間は通常業務ができないほど忙殺されることも多い。ここで休めなかった人は別の日に休暇を取ることになることが多いが、10連休できる人は稀だ。単発で休みの日数を調整することが多くなる。休日や連休が増えても、以前ほど安心して休めなくなった要因は、このあたりにもあるだろう。
政治というものは、矛盾のかたまりだ。米の価格にしても、生産者米価は、できるだけ上げたい。消費者米価は、できるだけ下げたい。その中で適度な補助なども行いながら折り合いをつけなければならない。農産物に関しては、アメリカの圧力も強い。アメリカの米を買え。アメリカは米国だ。米を売って何が悪い。そんなところか。次は、日本が得意のゲーム機あたりにも、注文をつけてくるかもしれない。同盟国なら、トランプで遊べ。トランプで遊んで不動産王になろう。外は味方がいるとはいえ、貿易で利害が絡むと安易に日本の主張は聞いてもらえない。
 働き方改革とやらで休日の数は増えている。残業時間も短くなりつつある。政府は企業に希望を言う。景気を回復させなければならない。従業員の給料を上げてほしい。要望を実現させれば何らかの補助が企業に対して出ることもあるが、たいした額ではない。企業が従業員の給料を上げるためには、利益をあげなければならない。薄利多売の場合は販売量を増やさないことには利益は上げようがない。販売量を増やすために販売時間を長くしたいが販売時間を長くすると業務時間を減らすことにはならない。そこで人員を増やそうとすると利益がくわれることとなる。風が吹いたら桶屋は儲かるが、働き方改革は寿限無寿限無利益のすり切れ。なのだ。
現在の働き方や勤労時間にムダがあるならムダは徹底的に取り除いたほうがいいだろう。多くの企業で使われている、コピー用紙などの紙類は、業務を見直せば使用量は、もっと削減できそうな気がする。JR東日本は、赤字運営の国鉄から業務を引継いで、通常であれば利益など!あまり出せそうな状態ではなかったが企業努力で多くのことを実現している。駅員さんがやっていた改札業務を、ほぼ全て機械にやってもらっているし、それまでとは違った車両の買いつけ方、また、車両の設計も見直して無駄に長く使えなくてもいいから、安全で路線に見合った車両を導入している。おかげで首都圏のJRで見かける通勤電車は、色が違うだけで同じような車両ばかりが走っている。しかし、これは保守の面でもコストの削減につながる。LCCの会社が使う飛行機は、ほとんど1種類であったりする。そうすることによって保守の費用もおさえて、料金もおさえることに成功している。
 働く時間を短くして、それまで以上の賃金をもらうためには、今と同じ業務をやっていたのでは無理だ。しかし、業務の効率を上げる方向にシフトするにも資金は必要だ。設備性投資の経済性計算といった学問もあるが、あくまで統計の上での増減による試算であって試算通りにことが運ぶかどうかはわからない。自然災害に関しては予測不可能だし、昔と違って外国の経済の状態も日本に大きな影響を与える時代である。大国の顔色が変わると、輸出量など、どう変わるかわからない。
 日本は、現在でも豊かな国だ。
まだ使えるものも捨てられているし、食べ物も大切に扱われているとは思えない、
日本銀行が発行している紙幣が、紙クズになることなど、考えることはないだろう。しかし過去には、不換紙幣は信用されなかった時代もあった。松本清張さんの小説「西郷札」などを読むと、いろいろ考えさせられる。現在、流通している紙幣は、そのほとんどが不換紙幣である。これは逆にいえば紙幣を発行するために何ら保証も必要なく製造する費用も低いということだ。その気になれば流通量のマジックで景気の状態を粉飾することもできるだろう。さきほど述べた経済性計算の話に戻るが、この計算には統計の正確さが不可欠である。目に見えない被害は、単純に景気の問題ばかりではなく、いろいろな所で起きているはずなのだが、野党以外、あまりわーきゃー言わなかった。まあ達観した国民は、統計の標語で大喜利大会を開いて遊ぶという余裕のある国だ。しかし、いつも思うが「人の噂も75日。」とは、よく言ったものだ。国会で、わーきゃー騒がれた問題も、いつの間にか忘れられている。最近は、時の流れは早いから、「人の噂も四十九日。」ぐらいに短縮してもいいだろう。過去にテレビで間違って四十九日と発言した金子さんは先見の明があったのだ。こと、統計問題に関しては、もっと怒れよ各企業!と思ったが冷静になって考えると間違った統計は、言い訳に使いやすい。企業で経済性計算をする人は、間違った結果を導き出したとしても、「統計が違っていたから正しい答えに行き着かなかった。」と言える。株主総会で配当が上がらなかった理由について聞かれた経営陣も統計のせいにできる。各企業にとっても都合のいい、不正統計だ。
 本来の意味で働き方を改革しようとするのなら、日本中にはびこる「普通」という感覚の見直しが必要だ。日本では、他の人と少し違うことが白眼視される。何事においても目立たない程度に「普通」を求められる。これは、日本のどこの業界でも同じだ。「〇〇として普通」、「〇〇なら当然。」などと言われることもあるが、特殊な業界であったとしても「普通」を求められる。幼き頃からの教育も親の教育も、いわゆる「普通」を求める。いきおい勤務時間も月曜から金曜の8時頃から18時頃が普通になる。また、決まった曜日に働くことが「普通」なのだ。しかし、前述したように勤務時間は自分や自企業の都合ばかりでは決められない。普通以外の時間に働く人や企業のフォローは普通の時間に働いている人が、行わなければならないことも多い。今以上にフレキシブルな勤務時間の構築も必要だし、それも普通だと受け止める社会にすることも必要だ。
 他国と比べて比較的豊かな国であるのに、豊かさを感じられないことも問題である。「普通」の感覚とともに日本を住みにくくしているのは、「比較」の観念だろう。足ることを知ることは難しい。足ることを知っても、それに満足することは、さらに難しい。自分がもらっている給料に対して全く不満がない人は日本中探してもわずかな数しかいないであろう。足ることと満足を知らなければ、もらう以上に使う。質素倹約といった言葉は、聞くことがない。それ以上、使うことができないから倹約するが、それは満足にはつながらない。
どこにでも転がっている矛盾を、いくつかでも解消できたならいいのだが、平成の世は矛盾の先送りの感もあった。
令和は、矛盾から始まると記したのは、そういう意味である。
一つずつ、諸問題を解決していくことが必要であろう。
賛成多数の意見が認められる民主主義国家だが、少数意見の中にも貴重な意見はある。一般的には褒められない、普通ではないという勤務も必要だ。
多様性を認めあって、人と人が、本当の意味で尊敬しあえる世の中であれば、本来の意味での働き方改革も進むのではないだろうか。改革には痛みが伴うというが、必要のない痛みは必要ないのだ。さぼっている人が、さぼれなくなるのは痛みでも何でもない。権利を主張するには義務を果たさなければならない。貿易では各国は自国の利益を優先する。企業では自社の利益が重要課題た。いかにきれい事を並べても、利益が出なければ、存続さえできない。






YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

人手不足のため休業します



「人手不足のため休業します。」
こんな貼紙を見かけることが多くなってきた。過去には、あまり見かけなかった貼紙だ。後継者がいなくて廃業する場合であっても、わざわざ告知することもなかったのかもしれない。
人手不足のため休業できる業種は、まだいいのかもしれない。消防署は、いかに人手不足でも営業している。「火事です。」と、119番に通報が入った時に、「人手不足なので本日は休業です。」とは言えない。どうしても必要であれば、人はある程度はなんとかしてしまうものだ。
人手不足で臨時休業する企業というのは、残念ながら計画性のある企業とは言えないだろう。定期的な休業日以外は確実に営業できるだけの準備を怠っていたか、先が見通せないまま事業を大きくしすぎたか、そんな感じではないだろうか。こういう企業については、営業のために必要な道具の管理もおざなりであることが多い。商品を運ぶための車なのに、壊れてみないと、その必要性を感じない、乗っている人が、不調を示す変化に無頓着で、「何もしていないのに、突然壊れた。」みたいなことを言う。使われる側の機械は、たまったものではない。車も、こんなところで使われなければ壊れることもないと反発したくもなるであろう。
客にとっては、店が休む理由が何であろうが、あまり関係ない。必要な時に営業してくれていればいい話だ。店が休む理由を知る必要もない。しかし、それを理由に書くのもどうだろう。働き方改革などと言いながら、人手不足なので外国人の労働者をお願いしようなどと言っている政府があるから、店もそんな理由を恥ずかしげもなく書けるのだろうか。人手不足だから休業します、の貼紙を見るのと、臨時休業しますとの貼紙を見たときに、客の心理は変わるだろうか。素朴な疑問。
人手不足の原因となると、いろいろ考えられることはある。救急車の利用にしてもそうだ。緊急ではない人まで救急車を呼べば、救急車の台数も運転する人も、必要以上に多く備えなけれなならなくなる。このようなことが、当たり前になりつつある国なのだ。少々、外国の方が手伝ってくれたところで、他のところで無駄を増やすのは目に見えている。
原発の輸出も失敗に終わり、海外からの大きな資金の流入も見通せない。こんな時こそ、国内を見直す必要があるのではないだろうか。以前は、金の流れの中の無駄を見つめることが課題だった。まだまだ全てがきれいになっているとは思えないが、今は金より時間だ。昔から言うだろう。

Time is もー無ぇー

時間は、過ぎ去っていく。





YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

だまされやすい国民性



日本人は、だまされやすい国民性を有しているのかもしれない。
そして、必要のない羞恥心も持っている。
だまされたとわかっても、だまされたことを他人に知られるのは、あまり誇らしく思わない。
当然といえば、当然のことではあるが。
だました側にとっては都合のいい国民性だ。
犯罪を、咎められることなく続けていけるかもしれない。

毎月勤労統計の問題が持ち上がったが、すでに過去のニュースな感じだ。
統計と言うなら、同じ条件で計測しなければ意味がないことぐらい、わからないから役人になれるのか。そんな統計も問題ではあるが、これまで景気回復を信じてきた人は、みんな国にだまされていたことになる。円高が円安になり、倒産件数も減って、失業者の比率は減ったことになっているが、これらも少しサンプルを変えれば自由に数字は操れる。人手不足と言われながら使えない社員を大量に抱えて会社の存続さえ脅かされている会社はいっぱいある。適材適所に人を配置できない原因を考えたことはあるのだろうか。普通に仕事をすることにおいて人の能力の差など、もともとは、そんなにないはずだ。スポーツとか芸能界のような特殊な世界では、能力の差というものもあるのかもしれないが。たいていのことは、どんぐりコロコロだ。背伸びして背比べするほどのことでもない。
パソコンは、現在では仕事上で、どこかで必要なものとなっている。スマホなんて言うものも、情報端末と言うより、ほとんどパソコンだ。電話がついたパソコンといったところであろうか。過去には、Windows OSの入ったスマホもあったのだが、とんと見かけない。やはりWindowsはマウスがあってこそ使いやすいOSなのかと思ったりする。さて、よく見かけるのだが、スマホはかなり使えるのに、パソコンになると決まったソフトに決まった入力しかできない人がいる。その決まったソフトでさえ少しイレギュラーな展開になると大騒ぎしている。平和だな〜日本は。スマホも登場時のものは、ファイルの置き場所などを自分で管理する必要があったが、最近の日本のメーカーのものは、必要のないソフトをどんどん詰め込んで、人の考える能力を衰退させている。国内メーカーが個人ユーザー向けに販売するパソコンも似たようなところはある。アンインストールが面倒だ。普通なら、スマホをパシパシ使う人ならパソコンもパシパシ使えるのだろうが、そうはならないのが世にも奇妙な物語だ。
たまに、年寄だからパソコンはわからないとか言っている人がいるが、その年まで生き抜ける知恵があるなら、その気になればパソコンなど楽に使うだろうと思う。にゃんは正直だ。「老眼で画面が見えないからパソコンは苦手!」まあ、この年まで生きている悪知恵と図々しさと心強さがあれば、どんぐりの背比べに参加することぐらいはできると思っている。

統計なんていうものは、パソコンが最も得意とする作業のひとつだ。ただし、それは正しい値が入力された時である。正しくない値を入力されたり操作されたりすると正しくない値を返すのはパソコンとしては当然だ。スマホやパソコンが詐欺に使われることがあって怖いと言っている善良な国民の皆様。それは、とても正しい感想です。にゃんは昔からウェブページほど信用できないものはないと思っている。自分の筆跡も何も残さずページを改ざんしたり、嘘のページを作成することなど簡単なことだ。海外のサーバーでも経由させてアップすれば、追跡されるにしても時間も手間もかかる。痕跡を残さない犯罪には、もってこいなのだ。更に上を行く人はハッキングなどの高度な手を使う。だまされたことに気がつく頃には何も残っていないということもあり得る。松本清張さん原作の作品がドラマ化されることがある。一代で財をなすフィクサーと呼ばれる人が、登場することも多い。一般人が尋ねる。「どうすれば、あなたのようになれるのか?」答えはいつも「人を信じないこと。」といった展開になる。鮮やかに風景も人も描写する松本清張さんの作品では、登場人物のセリフも重みがある。

日本人は、相手のことを思いやる心が必要と教えられる。
詐欺で相手をだます人は、相手の立場や心根を、うまくつかみ取る。
だまされる側にすると、だまされる時点では相手を信用している。
もう少し相手のことを知ろうとすれば騙されなかったのかもしれない。

物価は上昇している。GNPも上がってきている。円高にはならない。だから社員の人たちの給料を上げてほしい。と、毎年、お願いしている人がいる。それは、統計に基づいた数字であり総務省が発表しているのだから間違えないと思った人は多いのではないだろうか。実態は、どうだろうか。豊かになった実感はあるだろうか。
統計が作られた数字であって、その数字に関して何らかの操作が行われた上で、くだんの話なら、詐欺にも等しい話だ。

でも訴える人は、いない。
それも国民性なのであろうか。
円安で生活が辛くなった話は、このブログでも何度かふれている。
しかし、一般的には討論の議題ともならない。

知らなくていいことは知らなくても生きていける。
やりたくないことは、やらなくても生きていける。

負けたくないとか、悔しいとか、考えないほうが楽かもしれない。

でも、それじゃつまらない。






YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

アメのミクス



 最近、おとなしくなって評論的な記事は書いていない。
なんか、国会のやり取りを聞いていても、面白くない。本題から外れたところで攻撃を繰り返すが本題の部分の画期的な代替案もない。今は、与党の案が決まるのが早くなるか遅くなるか程度のことになっている。
 以前より考えていることだが、国内の生産力、競争力をベースにしないことには見た目だけの繁栄になってしまう。必要なのは富国強国だ。強兵ではないから、間違えないように。
 どこかの国の首相が外国に原発を販売することを画策したが徒労に終わってしまった。実際、いくら使ったんだろう?と考えると悲しいが、チャレンジも必要だ。そこには触れない。人気のある物というのは海外においてコピー商品が作られるくらいだ。


当社商品の偽物にご注意下さい

↑ こんな感じだ。

 現在、日本の飴は外国の人に人気らしい。上野のアメ横では、飴の販売スペースを広げた店もあるという話だ。

飴に、アメ横ときたら、経済政策も考えよう。

アメのミクス

海外に飴を売って外貨を稼ぐのだ。


PR部隊に各国を回ってもらおう。
隊長は、スチ子さんに決まり。後は関西のご婦人たち。
飴を配って、世界平和も両立させられる。


アメのミクスである。






YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

貿易摩擦



某国の大統領のつぶやきが取り上げられることの多い、この頃だ。
ツイッターのつぶやきが、どれほど重いかはわからないが、あまり読まれないブログより目立つことは間違いない。
さて、某国の貿易に関する障壁についてだ。あの国の場合は関税云々が根本的な問題ではない。関税が少々高かろうが安かろうが買う側にとっては大きな問題ではない。だいたい日本人で外国車を購入しようとする時に、その関税が何%であって、こちらの車のほうが関税が安いから、こちらに決めよう。そんな考えを述べている人は見たことがない。

某国のコンピュータ関連の商品は、関税に関わらず売れている。iPhoneなどは、すごい人気だ。他の製品に関して言うなら、他国で使い勝手がいいとは言えない。自国では適当かもしれないが他国で使うには大きすぎたり性能が違う方面でがんばっていたりと、使う人にとっては、あまりいい製品とも言えないことが多い。

単位にせよ、性能にせよ世界的なものと隔離しつつあるのではないかというのが実際の感想だ。国際単位系というものがあり、多くの国では自国の単位から、なるべくSI単位に合わそうとする努力が見えるが、某国は長さの単位も、かたくなにインチ表示のままだ。そのまま海外に出せば海外で使う人にとってはなじまない単位での説明となる。

性能を上げて国際的に協調させれば関税の上下より効果は大きいだろう。国は大きい。加工のみで外貨を得なければならない国より有利な材料は揃っている。



20180305074302c51.jpg

昨日の室内灯。





YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

新しい記事
バナナは、おやつか? Sep 16, 2019
三度笠 Sep 16, 2019
まぐれ Sep 15, 2019
踏切 Sep 15, 2019
横浜線 Sep 15, 2019
なんかおかしい Sep 15, 2019
会話のないドラマ Sep 15, 2019
SL 9600形を見に行った Sep 14, 2019
ごるご君 働き方改革 あの世で、IT革命 その1 Aug 04, 2019
Nゲージ KATO 301 EF70 Aug 03, 2019
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
35位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂
電車と、ラジコンヘリと、お出かけが大好き。
おまけのおもちゃB級コレクター。
まだまだ、更新!

最新コメント