おもちゃ - にゃん吉一代記

Bトレインショーティー 総武流山電鉄 2000形流馬



Bトレインショーティーだ。

今回は、総武流山電鉄2000形流馬2両セットだ。
動力化ユニットに載せ変えて走らせてみた。



Bトレインショーティー 総武流山電鉄2000形流馬 Nゲージ化



小さな半径でレールを作ったので、どこまでスピードが出せるかと挑戦したがコーナーで浮きかけたので減速した。




DSCN3045.jpg

DSCN3046.jpg


外箱だ。これも新品ではなかったので600円あまりだった。でも未開封状態だった。
先頭車がもう1両あれば嬉しい。
流馬と流星で、線路を楽しくできそうだ。
現在は、2両ともモーター車で走らせているが、モーター車が1両あれば、あとは台車だけを交換すれば大丈夫だろう。



DSCN3030.jpg


DSCN3031.jpg


DSCN3032.jpg


それなりに撮影してみた。
ステッカーを貼り付けるのが難しい。
字は見えない。



DSCN3033.jpg


DSCN3034.jpg


DSCN3037.jpg


DSCN3036.jpg


ストロボを使って雰囲気を変えて撮影してみた。
ちょっと、見た目が変わる。



DSCN3038.jpg


流山の電車もおもしろい。
今は、ワンマン運転になっている。
全ての電車で色が違うし、それぞれに愛称がついているのもおもしろい。










YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

Bトレインショーティー 総武流山電鉄 2000形流星



 先日、Nゲージのレールと車両をもらってから、中古の線路や中古の車両などを集めようとしている。車両も一緒にもらったのだが寝台列車用の車両と電気機関車だ。この編成はリアルなのだが、まともに走らせようとすると広くないと難しい。コーナーもあるていど広く取らないと回れない。ループで線路を作ると狭い部屋で走らせると、ねこが自分の尻尾を追いかけているような動き方になる。Nゲージの縮尺は約1/150だ。20m級の車両は、13~14cmぐらいになる。しかし、10両編成にすると1.3m程度になってしまう。部屋の中で1.3mの直線を作るとなると、そこそこ広いスペースが必要になってくる。
 Bトレインは、バンダイが発売している鉄道の模型だ。組立式だが接着剤などは不要で彩色もされているので、そのまま組立てるだけなら時間もかからない。しかも幅は、1/150に近く線路幅は9mm、Nゲージと同じなのだが長さは約半分。10両編成を作っても50~60cm程度となる計算だ。狭い線路でも、ある程度楽しめる。



DSCN2975.jpg

DSCN2976.jpg


 こんな感じで箱に入って販売されている。
箱に定価は書かれていないが、2~3両で1,000円から2,000円程度で販売されている。新品でないものは価格はいろいろだ。ちなみに、これは600円あまりで売られていた。残念なのは、2両で売られている多くのモデルが先頭車と中間車である点だ。例えば一般的に8両編成で走っている電車を作ろうとすると中間車を買い足すために6箱余分に必要になる。こうなると1両ずつで売られているほうがいいかとも考えてしまう。でも、2~3両編成が一般的な電車ならおもしろいだろう。




DSCN2967.jpg


DSCN2968.jpg


 組立てた後で、Nゲージ化させて線路に乗せてみた。
Bトレインは、そのままでは、走らせることはできない。動力化するには、モーターを積んだ動力化のキットが必要になる。これは1両分で1,000円から2,000円程度で販売されている。多少の改造が必要になる場合はあるが電車の場合は、それなりのキットを使えば、ほとんど改造することなく動力化することができる。M車以外であれば台車を交換することで、Nゲージで走らせることが可能になる。台車のキットは、一両分で、200円~300円程度で販売されている。4両編成であっても、M車が1両なら、Nゲージ化は、2,000円程度プラスすれば可能だ。さらにおもしろいのは、動力化キットが、ある程度あれば、きせかえのようにBトレインを楽しむこともできる。




DSCN2972.jpg


DSCN2973.jpg


DSCN2974.jpg


 本当は、先頭車がもう1両欲しい。しかし短い編成なので、狭いレイアウトでもおもしろい。



走らせてみた。鉄コレの、いよてつ700形3両編成も走らせている。機会があれば鉄コレに関しても掲載したい。


Bトレインショーティー 総武流山電鉄 3000形流星 鉄コレ 伊予鉄道700系 Nゲージ化



部屋の半分ぐらいに線路をつくってみたが、実際の1/150では、狭く感じる。実際のNゲージモデルを走らせようとすると、カーブ半径も、これ以上は小さくできない。Bトレインなら、カーブ半径も小さくできるし少し複雑なレイアウトも作れそうだ。







YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

フライトシュミレータ



某国の某空港の中である。

大きくない空港なのだが空港内を探検しようと、てくてく歩いていた。



P_20160309_125213.jpg

おーっと。
フライトシュミレータ。
昔はゲームセンターなどで見かけたが、最近はあまり見ていない。
ゲームセンターに行ってないからかもしれないが。




P_20160309_125254.jpg

ディスプレイも3面だ。
操縦桿にアクセルもついている。
ラダーペダルも装備しているぞ。
ブレーキと、ランディングギアのボタンもある。
う~ん。やりたい。




P_20160309_125312.jpg

前に回ってみると、あまりリアルではない。
軸流ファンが左右についている。
熱を噴出しているのか、フレッシュエアーを吸い込んでいるのか。
手をかざしてみればよかったと後悔先立たず。




P_20160309_125335.jpg

けっこうリアルに再現されている。
でも、座席から操縦桿までの距離が短い。
メタボリックな人向けではない。
残念だ。

ちなみに、このフライトシュミレータで遊ぶには、一金200円也が必要だ。








YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

ソーラー回転台



以前買ったソーラー回転台である。

20160226081522ae3.jpg


20160226081526e3d.jpg


2016022608152860e.jpg


台の下の方に装備されたソーラーパネルに光が当たるとゆっくり回転する。

ソーラーパネルが小さいので発電量は微々たるものだろう。
暇な時に電圧を確認しようと思いつつ実現していない。


このソーラー回転台は、直流の電気を作って、直流のモータを回している。直流のブラシモータなので電圧が上がれば回転は早くなるはずだが、パネルが小さいこともあり電圧はそんなに上がらないようだ。
ソーラーパネルは4方に付いているが、1枚当たり1.5Vといったところだろうか。


家庭用のソーラーパネル発電器も実は直流の電気を作っている。パワーコンディショナーというものを使って交流にしてから供給しているのだ。
前回、取り上げたLED照明は、交流の電気を直流に整流して点灯させている。この先、半導体を使った器具がどんどん増えることも考えられる。家庭の屋内配線も刷新される時期が近づいているかもしれない。



ちなみに、写真のソーラー回転台は人の目がない時はサボって回転しないままでいる。ふと見ると慌てて回転を始めているように見える。





YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

ガシャポン 成田空港第3ターミナル



カプセルに入ったおもちゃを、コインを入れて、ぐるぐる回して出すのは、全てガシャポンだと思っていたが、それは誤解であったようだ。

Wikipedia先生に聞いてみよう。

ガシャポン(GASHAPON)は、カプセルトイ(カプセル自動販売機とそのカプセルに入った玩具)のうちのバンダイ社製商品であり、同社の玩具名ないしその販売方式を指す。
カプセルトイは他にも様々な会社が販売しており、バンダイの商品も含めて「ガチャガチャ」「ガチャポン」などの通称でも呼ばれているが、バンダイは「ガシャポン」という名称を商標登録しており(1982年出願・1985年登録・登録番号第1756991号)、バンダイ製のカプセルトイの固有名称として使用している。ちなみに、「ガチャンコステーション」(2003年出願・2004年登録・登録番号第4763676号)は株式会社タカラトミーアーツが登録している。


------引用以上------

さて、販売メーカーは確認していないが成田空港第3ターミナルのカプセルトイである。



P_20150804_050413.jpg

メーカーはタカラトミーのようだ。
ガチャンコステーションと呼んだほうがいいのかもしれない。
まずは気になった、「ねこの手ライト」。
かゆいところに届きそうにないライトだ。
でも、ねこだから目を引く。




P_20150804_050315.jpg

次は、「折りたたみパイプ椅子と折りたたみ長机」。
なんか密かにブームになったりもしているらしいが意味がわからない。
全く欲しいとは思わない。
変なものを好きな、にゃん吉としては珍しい。




P_20150804_050337.jpg


「ミニモータートレイン SLシリーズ」
電車ではなく、スチームロコモーションだ。
なのに、モータートレイン。
せっかくなら蒸気機関を再現してほしいものである。


P_20150804_050351.jpg


ふなっしーだ。
知名度が高いので、タイトルもついていない。
一回まわしてみようかと思ったが、おこさま達が集まってきたので恥ずかしくなったので逃げ出した。



P_20150804_050439.jpg



「ゲゲゲの鬼太郎 和菓子根付」。
お子さま達の視線が痛くて、ピントが甘くなっている。
小心なカメラマンだ。




P_20150804_050425.jpg


「江戸小物えんぎものシリーズ」。
シークレットも潜むシリーズだ。
フライトの前には、「えんぎもの」。
これは、理にかなっている。








YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

最新記事
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
鉄道模型
列車非常停止ボタン
アクセス
ニュース
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂
電車と、ラジコンヘリと、お出かけが大好き。
おまけのおもちゃB級コレクター。
まだまだ、更新!

Rakuten
最新コメント