カルロス・ごるご君 - にゃん吉一代記
FC2ブログ

カルロス・ごるご君



スナイパーの仕事の依頼が来ない、ごるご君はフランスにいた。
フランスで、ぶらぶら遊びながら、自動車メーカーでアルバイトをしていた。
アルバイトとはいえ、ごるご君の職業はスナイパーだ。
社内で、めきめきと頭角を表し、1年後には正社員となっていた。
そこで販売も経験させてもらえることとなったのだが、ごるご君は、売りまくった。
そして、あっという間にトップクラスの営業マンとなった。
そうしている内に経営陣にも顔をつらねるようになった。
「営業マンは身だしなみだ。」
ごるご君は、そう言う。
「特に鼻毛には気を使わなければならない。」
ごるご君のデスクの上には、鼻毛を整えるための道具がいくつも置かれていた。

経営者の一人となった、ごるご君は、製造から販売にいたるまでの大胆な施策を講じ続けた。
そのうち、ごるご君の会社は、めきめきと売り上げをのばしはじめた。
ついに、ごるご君は、フランスのムノー自動車の代表取締役となった。

そうしている内に、ごるご君の能力を求める動きが出てきた。
日本の自動車会社「おっさん自動車」の再建を頼まれた。
ごるご君は、おっさん自動車の取締役に就任した。
就任のあいさつで、ごるご君は言った。
「みんな忙しいとは思うが、鼻毛の手入れだけは忘れないようにしてほしい。」
こうして、ごるご君は「鼻毛カッタ-」の異名で呼ばれることとなった。

ごるご君は、おっさん自動車の業績をV字回復させた。
鼻毛の手入れの悪い従業員には、教育的指導を与えた。
改善しない社員は、どんどんカットした。
鼻毛カッターは恐れられた。

そして、ごるご君の収入はどんどん増えてくる。
しかし、ごるご君は得た金の、ほとんどを鼻毛カッターの購入にあてた。
その購入額は、年に何十億にもなり、パナソニックやフィリップスの売り上げが急上昇するほどだった。

そのため、ごるご君の手元に残る金は、毎月数千円だった。
それでも社宅住まいのため生活には困らなかった。

そうして数年後、ごるご君は突然逮捕された。
ごるご君は、有価証券報告書に年収は、10万円と記入していた。
しかし、検察側は、ごるご君の収入がこんなに少ないわけはないと考えて、おっさん自動車の社内に密偵をはなったのだ。
実際に、ごるご君の手元に残る金は、わずかなものだったが、購入した鼻毛カッターは必要経費とは認められなかった。
鼻毛の手入れをしない社員をカットする、ごるご君に反感を持つ社員もいたのだった。

ごるご君の身柄は、東京拘置所に移された。
取調べの検察官にごるご君は静かに言った。

「俺の後ろに立つな!」




関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

新しい記事
ややこしい質問 Dec 07, 2018
「かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発」 Dec 06, 2018
すいません ほぼ日のパクリ Dec 05, 2018
トレノとポルシェと麻婆豆腐、時々、黒烏龍茶 Dec 04, 2018
500系新幹線の中 Nov 30, 2018
きょうへい君 Nov 30, 2018
フラワーハウス「にゃん吉」 Nov 29, 2018
500系新幹線 Nov 29, 2018
カルロス・ごるご君 Nov 27, 2018
写真集「子猫の視点」 その5 Nov 24, 2018
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
鉄道模型
アクセス
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂
電車と、ラジコンヘリと、お出かけが大好き。
おまけのおもちゃB級コレクター。
まだまだ、更新!

Rakuten
最新コメント