ああ不忍池 - にゃん吉一代記
FC2ブログ

ああ不忍池



連日の猛暑で、お外に出たくないが、たまには景色も見たい。
そんなわけで、上野に出かけてみた。

パンダがいた。


DSC_0353.jpg

DSC_0354.jpg

DSC_0355.jpg

DSC_0356.jpg

人が特定できそうなところを塗りつぶしたら、けっこう不気味だ。

上野には 大きな蓮も 鴨もいる パンダばかりがなぜもてる
                                                     天乃 寝倖


別に、パンダを妬んでるわけだけど、やっぱりかわいい。
でも、あの目はアイラインを、タレ目風に引いているのと同じで実はパンダの目は吊り上っている。
江崎グリコ社長誘拐事件の犯人のモンタージュよりキツネ目なのだ。
外見に、だまされないように。




DSC_0357.jpg

「ああ上野駅」の碑だ。
でっかい夢があるのだ。
碑の中の蒸気機関車は、C62 23だ。
特急「ゆうづる」の牽引をした機関車だ。

上野は、石川啄木がふるさとのなまりを聞きに行くところだった。
今と違って情緒があったのだろう。
この先は、不忍池の蓮だ。
写真集なのだ。

不忍池は、いつからあったのだろう。
ちなみに、にゃん吉の実家は、かなり古くからあった。
たしか建立されたのは、奈良時代と聞いている。
桓武天皇も泊まりに来たらしい。
嘘である。
たぶん。
親父の。





DSCF3931.jpg

DSCF3932.jpg

DSCF3933.jpg

DSCF3934.jpg

DSCF3935.jpg

はすはすはすはすここはつ あいあいあいあいあいらんど~♪

メロディー浮かんだら、浮かんだあなたは、すでに古い人でしょう。
ごめんね。


DSCF3936.jpg

DSCF3939.jpg

DSCF3940.jpg

DSCF3941.jpg

DSCF3942.jpg

み~ん、みんみんみん。

暑い、夏だ。蓮だ。




本当に、ご迷惑をかけて申し訳ございません。


タコです。



DSCF3943.jpg

DSCF3944.jpg

DSCF3945.jpg

DSCF3946.jpg

DSCF3947.jpg

蓮といえば、涅槃の花みたいな。
そういえば、今年はレースの服装の女性が多い。
かなり魅力的だが。
棺桶にかける布もレースが多い。
なんか、この前、棺桶にかけるような豪華なレースのスカートをまとった女性がいた。
棺桶の中では高額なセンチュリーが浮かんだ。


DSCF3948.jpg

DSCF3949.jpg

DSCF3950.jpg

DSCF3951.jpg

DSCF3952.jpg

涅槃で待つ。
そう言われましても。

沖雅也さん。



DSCF3953.jpg

DSCF3954.jpg

DSCF3955.jpg

DSCF3956.jpg

DSCF3957.jpg

おいら男だ、名はサスケ!

そんなわけで分身の術を使う。

変心!

間違えた。

返信!

けっこう、まめなのだ。



DSCF3958.jpg

DSCF3959.jpg

DSCF3960.jpg

DSCF3961.jpg

DSCF3962.jpg

DSCF3963.jpg

DSCF3964.jpg

DSCF3965.jpg

DSCF3966.jpg

DSCF3967.jpg

DSCF3968.jpg

DSCF3969.jpg

DSCF3970.jpg

DSCF3971.jpg

DSCF3972.jpg

疲れたので、今回はここまで。
本当は、この先の写真がいいのだが。



おやすみなさい。


関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
鉄道模型
列車非常停止ボタン
アクセス
ニュース
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂
電車と、ラジコンヘリと、お出かけが大好き。
おまけのおもちゃB級コレクター。
まだまだ、更新!

Rakuten
最新コメント