息子 - にゃん吉一代記

息子



おまえが生まれた時、父さん母さんたちは、どんなに喜んだことだろう。


そうだ。
息子の誕生はうれしい。

でも、それ以上に喜んだのかどうかわからないが先に誕生していた娘たちが息子の誕生に動く。
弟の誕生にわきたつのだ。

そして、息子は次女か三女のように、育てられる。
心やさしき人になってくれれば、それでいい。

受動的な生き方でもいいが、自己があればそれでいい。
生きているうちに、やさしくできることが多くあればそれでいい。

人は、一人では生きられない。
それがわかってくると、いろいろ考えてしまう。

あーここもやっぱり、土砂降りか。


201706190816584ba.jpg





今年は空梅雨かもしれない。


旗の台の乗換えは不自由だ。




関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
鉄道模型
列車非常停止ボタン
アクセス
ニュース
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂
電車と、ラジコンヘリと、お出かけが大好き。
おまけのおもちゃB級コレクター。
まだまだ、更新!

Rakuten
最新コメント