金正男は生きている 10 - にゃん吉一代記

金正男は生きている 10



※この物語はフィクションです。実在の人物、国家、団体、企業等には何ら関係はございません。

金正男は生きている
金正男は生きている 2
金正男は生きている 3
金正男は生きている 4
金正男は生きている 5
金正男は生きている 6
金正男は生きている 7
金正男は生きている 8
金正男は生きている 9



マレーシア

ごるご君は夢をみた。
不思議な気分になった。
そういえば、ごるご君は自分はあまり夢をみないと思った。
ベッドの電話が鳴っている。
「もしもし。」
相手は澄子だった。
「いつまで寝てるの。今日からは忙しいわよ。早く朝食を食べに行きましょ。」
時計を見ると、7時だった。
マレーシアと日本の時差は約1時間だ。日本自慢だと午前8時。
一昨日から慣れない海外旅行で、ごるご君は疲れているのかもしれない。

着替えが終わると、ドアがノックされる。澄子だろう。
ドアを開くと、澄子が立っていた。
「ごるご君は食事が終わったら、私が準備した服に着替えて空港に行ってね。」
澄子が言う。
空港は近い。
「はい。」と、ごるご君は言った。
「それと、韓国語と中国語は話さないようにね。あくまで日本人でいて。」
何をやらされるのか、少し不安になった、ごるご君だが澄子に逆らうと怖い。
「はい。」と言った。澄子の前では、イエスマンのごるご君だ。

ホテルの食事は、バイキングだった。
和食風のものもある。箸も準備されていた。
ごるご君も澄子も箸を使って朝食をとった。
周りに日本人はいなかった。


食事が終わった。
「私の部屋に来て。」
澄子の部屋に入ると、服が掛けられている。
「今日は、この服で空港とその周辺の写真を撮ってきて。できるだけ多く。」
「はぁ。」ごるご君は目的がわからない。
「アジア系の人がいたら、さりげなく写しておいて。これもできるだけ多く。風景を撮るふりをして撮影してね。」
「男の人ですか?」
「男性も女性も撮っておいて。あと、乗り物や、空港の設備もね。」
何かを調べようとしているのだろうが、わからない。
「はい、この服装で行って。」
ごるご君は、服とメガネとカメラを渡された。

「着替えが終わったら、また、この部屋に来て。」
ごるご君は、部屋に帰って着替えをした。
白のワイシャツにジャケット、黒のズボンに帽子にメガネ。首からカメラを下げて、いかにも日本人の旅行者だ。
澄子の部屋をノックした。
澄子は、先ほどと同じ服装だ。
活動しやすそうな服装だ。

澄子は空港の見取図を出した。
「このあたりは、重点的に撮影しておいて、あと、このあたりを見渡せるカフェや飲食店も撮っておいて。あと、その辺に居る人もね。」
「わかりました。」
「カメラは普通に、どんどん撮って。小物は隠しカメラになっているから、それも使って。」
確認すると、ライターもボールペンも時計もカメラになっている。
「小物の一つは動画で撮りっぱなしにしておいて。」
ごるご君は、全身カメラだ。

「それじゃ、私は用事を済ませて来るから、午後3時ぐらいに合流しましょう。」
澄子は、言いたいことだけを言うと部屋を、出ていった。

ごるご君は空港に向かうことにした。





以下、次号。






関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
鉄道模型
列車非常停止ボタン
アクセス
ニュース
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂
電車と、ラジコンヘリと、お出かけが大好き。
おまけのおもちゃB級コレクター。
まだまだ、更新!

Rakuten
最新コメント