金正男は生きている 9 - にゃん吉一代記

金正男は生きている 9



※この物語はフィクションです。実在の人物、国家、団体、企業等には何ら関係はございません。

金正男は生きている
金正男は生きている 2
金正男は生きている 3
金正男は生きている 4
金正男は生きている 5
金正男は生きている 6
金正男は生きている 7
金正男は生きている 8


長い長い夜が明けた。
ごるご君は、寒い廊下で夜を明かすことになった。
何時かわからない。
奈々が、朝の用意ができたと言って迎えにきてくれた時には、ほっとした。

「朝ごはんの用意ができました。ごるご君は、なぜここにいるのですか。」
「実は、かくかくしかじか。」
「そういえば、先日、部屋の鍵がかからないのは無用心だからとオートロックにしたばかりです。」
気の毒そうに奈々が言った。
「おはよう。」澄子の部屋の扉が開いた。
「ごるご君、早いのね。」澄子は昨夜の惨状は知らない。

食卓に案内された。
「奈々さん、今日からマレーシアに行きたいのだけど、このルートでいい?」
澄子は、タブレットを奈々に見せた。
「直行便を選ばないところは、さすがですね。」奈々は感心している。
「それでは、空港まで送ってもらえるように、手配しておきます。早めに出ても到着は夕方になりそうですね。」
奈々は、そそくさと部屋を出て行った。

朝食は、パンとサラダだった。
スープは、あまり飲んだことのない味だった。
澄子は、どんどん食べている。
どこに行っても、食べることと寝ることはできると前に澄子が言っていたのを思い出した。

「何時に経たれますか?いつでも準備はできています。」奈々が部屋に入ってきて言った。
「それじゃ、準備ができたらお願いするわ。」澄子が言った。
「ごるご君、今日はカジュアルな服でいいわよ。」笑いながら澄子が言った。

外に出ると、リムジンが止まっていた。
澄子は今日は、年相応?なのかどうか、落ち着いた服装だ。
昨日のミニスカートとは違う。ほっとした気分のごるご君だった。

リムジンに乗り込む。
「私も空港まで、お見送りしますわ。」
そう言いながら、奈々が助手席に乗った。
昨日、ほとんど寝ていない、ごるご君は眠くてたまらない。
リムジンで、うとうとする。
「あら、かわいい。」澄子は、ごるご君に上着をかけた。

ごるご君にとっては、すぐに空港に到着した。
車の中では、奈々と澄子が旧知の仲のように話をしていた。
運転手さんは、無口だ。空港に到着するまで、口をきかなかった。
「到着しました。」運転手さんの言葉で、ごるご君は目覚めた。

いくつかの飛行機を乗り継いで、クアラルンプールまで行く。
澄子のセレクトは、正解のようだが、乗り換えが忙しい。
澄子に引きずられるようにして、空港に到着すると飛行機を乗り継ぐ。
そして、機内では眠っている。

そして夕方、目的地に到着した。
「今日は、疲れたでしょう。食事を済ませたら、早く寝ましょう。明日から忙しいわよ。」
二人は、レストランに入って夕食をとった。

そして、澄子が予約したホテルにチェックインした。
ごるご君は、部屋に入ると、すぐに寝てしまった。





以下、次号。



関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
鉄道模型
列車非常停止ボタン
アクセス
ニュース
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂
電車と、ラジコンヘリと、お出かけが大好き。
おまけのおもちゃB級コレクター。
まだまだ、更新!

Rakuten
最新コメント