金正男は生きている 8 - にゃん吉一代記

金正男は生きている 8



※この物語はフィクションです。実在の人物、国家、団体、企業等には何ら関係はございません。

金正男は生きている
金正男は生きている 2
金正男は生きている 3
金正男は生きている 4
金正男は生きている 5
金正男は生きている 6
金正男は生きている 7


ごるご君と澄子は、それぞれの部屋に入った。
「さて。」
ごるご君は服を着替えた。
スーツは好きではないのだ。
5分もしないうちに部屋がノックされた。
扉を開けると、奈々がいた。
「何か必要なものはないでしょうか?」
後は風呂に入って寝るだけだ。特に必要なものはない。
「わかりました。お部屋の中のものは、ご自由に使ってください。お飲み物は冷蔵庫に入っています。それでは、おやすみなさい。」
そう言って、奈々は去っていった。
ごるご君はシャワーを浴びた。
その後、いつものブリーフ姿になったところで、また部屋がノックされる。
いそいでガウンを引っ掛けた、ごるご君が部屋の扉を開いた。
「作戦会議よ~。」澄子が、いきなり入ってきた。
「あら、この部屋は狭いわね。私の部屋で作戦会議しましょ。そうそう、そこにあるお酒を持ってきてね。」
部屋の酒棚を指差して言う。「氷は部屋にあるから大丈夫よ。」
そういうと澄子は自分の部屋に戻る、部屋の前で、ごぞごぞしてから扉を開いた。
「あの、着替えをしたのですが。」
「いいから、いいから。後で着替えに部屋に帰ればいいでしょ。」
ウイスキーを持った、ごるご君の手を引っ張るようにして、部屋に招きいれた。

「この、お屋敷は、WiFiが飛んでいるわよ。パスワードは、机のところに書かれてるわ。」
そう言いながら、澄子はノートパソコンを使っている。
「明日は、どうやって、マレーシアにいきましょうか。宿も予約しなくちゃね。」
ごるご君、無言。
「そうそう、ごるご君の衣装も準備しなきゃ。」
会議と言いながら、しゃべっているのは、澄子だけだ。
「予約、予約。」そう言いながら澄子はパソコンを操作する。
「ねぇねぇ、部屋はダブルがいい?ツインがいい?」
「シングル2つ予約してください。」
「作戦会議の時に不便よ。そうね、じゃあツインを2部屋予約しましょ。2泊もすれば十分ね。たぶん。」

「さて、作戦もたてたし。ごるご君シャワー浴びてきたら?」
「自分は、もう部屋でシャワーを使いました。」
「あら、早いのね。じゃあ、ちょっと失礼してシャワー使うわね。その辺のお酒飲みながら待ってて。」
「自分は...」と、ごるご君が言いかけるのも聞かずに澄子はバスルームに入っていった。
しかたなく、ごるご君はテレビを見ることにした。
午後9時だから、NHKでニュースウォッチ9を見よう。
そう思って、ごるご君はテレビをつけた。
しかし、NHKの電波は届かないようだ。
チャンネルを変えると、映画をやっているようだ。フランスの映画だろうか。
あまり興味はないが、この番組を見ることにした。お城のような建物が写っている。
BGMがいい感じだ。

バスルームの扉が開く音がした。
「あら、飲んでないの。」
ガウンをまとった澄子が言う。

「それでは、準備します。」
ごるご君はソファーから立ち上げって、氷とグラスとウイスキーを持ってきた。
ウイスキーをグラスに注ぐと、澄子は、「かんぱ~い。」と言ってグラスを合わせてきた。
ごるご君も小さな声で、「乾杯」と言ってグラスに口をつけた。
「今日は、仕事も終わったからどんどん飲みましょう。」
そう言いながら、澄子はどんどん飲んでいる。
ごるご君は、少しずつ飲んでいる。

「眠くなってきたなぁ。ごるご君、一緒に寝る?」
「めっそうもないです。」

「ごるご君は、もう飲まないの?」
「自分は十分飲みました。」

「そう、それじゃ、おやすみなさい。」
言ったとたんに、澄子はベットに入った。

「おやすみなさい。」
ごるご君は、澄子の部屋を出た。
廊下は薄暗い。音は全くしない。
ごるご君は、自分の部屋のノブを回そうとしたが、回らない。
押しても引いてもドアは開かない。

オートロックだったのだ。

部屋は暖房がきいていたが、廊下は寒い。
しかも、ガウンの下はブリーフだけ。

ごるご君は長い廊下を、さまよい歩くが、人の気配はどこにもない。
時々、扉を開けようとしてみるが、経産省の執務室のように、どこも施錠されてる。

夜は、さらにふけていく。
気温は、さらに下がっていく。



以下、次号。









関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
鉄道模型
列車非常停止ボタン
アクセス
ニュース
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂
電車と、ラジコンヘリと、お出かけが大好き。
おまけのおもちゃB級コレクター。
まだまだ、更新!

Rakuten
最新コメント