金正男は生きている 5 - にゃん吉一代記

金正男は生きている 5



※この物語はフィクションです。実在の人物、国家、団体、企業等には何ら関係はございません。

金正男は生きている
金正男は生きている 2
金正男は生きている 3
金正男は生きている 4


「どうぞ。」
女性は、先にキャデラックを降りて、リアシートのドアを開けてくれた。
ごるご君と澄子はキャデラックを降りた。
「申し遅れました。私は、奈々です。そして、運転してくれたのは陳さんです。」
奈々は英語で言った。
「日本の人?」澄子が聞くと、奈々は、「そうです。ハーフですけど。実は日本には行ったことがありません。」少し奈々の表情が寂しげに見えた。
「さあ、旦那様がお待ちです。お入りください。」
玄関を開けて、奈々はごるご君たちを招き入れた。

「先に、お部屋にご案内します。この建物は以前は旅館でした。部屋で必要なものがあったら、申し付けてください。」
玄関を入って、長い廊下を歩きながら、奈々が言う。
廊下にも、品のいい調度品が並んでいる。
「古伊万里かしら。」
澄子が、つぶやくように言った。
「そうです、旦那様のコレクションです。」
奈々が答えた。

こちらが、お部屋になります。
奈々は、部屋の扉を開きながら言った。
「お二人別々のお部屋ですが、いいですか?もう少し広い部屋もご準備できますが?」
「別々のお部屋でけっこうどす。」
慌てたように、ごるご君は英語で答えた。ごるご君は緊張すると京都弁が混じる。
「あら、私は一緒のほうがいいいのに。」澄子が言う。
「いえいえ、別々の部屋にしておくれやす。」もはや、ごるご君の英語は意味不明だ。
「では、あかりさんは、こちらの広めの部屋で休んでください。」
奈々は、ごるご君の部屋の正面の部屋のドアを開けて言った。

「お食事の用意ができています。15分後にお迎えに来ても大丈夫ですか。」奈々が言った。
「OKよ。」澄子とごるご君は、それぞれの部屋に入った。
ごるご君は、何を着て行こうかとおもったが、無難なスーツにすることにした。
着替えには5分もかからない。
そういえば、澄子に持たされたスーツケースの中身は確かめていない。
澄子は、自分の荷物は別に持っていたので、着替えが入っているなどということはないだろう。
中は、なんだろう。ごるご君はスーツケースを開けてみた。
中には、M16A2や、S&W M36 チーフスペシャル、他にも多くの武器が入っている。
さすが、澄子だ。ごるご君は、スーツの上着の下にホルスターを装備してS&W M36 チーフスペシャルを隠した。

ごるご君が部屋を出ると、奈々はすでに部屋の前まで来て待っていた。
澄子はまだ出てこない。
「今日は、こんな遠いところまで、ご足労願って、申し訳ありません。」
奈々が言う。
「気にしないでおくれやす。」奈々と話す時は格別に緊張するごるご君だ。」
澄子の部屋のドアが開く。
「あら、お待たせしちゃったかしら。ごめんなさい。」
澄子は、ロングドレスに着替えている。
「いえ、今来たばかりです。それでは、こちらにどうぞ。」
澄子の案内で、廊下をさらに奥に進む。
「こちらへどうぞ。」
広い部屋に通された。
広いテーブルの端に恰幅のいい男性が座っている。
ごるご君と澄子を見ると、席を立った。



以下、次号。


関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
鉄道模型
列車非常停止ボタン
アクセス
ニュース
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂
電車と、ラジコンヘリと、お出かけが大好き。
おまけのおもちゃB級コレクター。
まだまだ、更新!

Rakuten
最新コメント