金正男は生きている - にゃん吉一代記

金正男は生きている



※ この物語はフィクションです。実在の人物、団体、地名等には一切関わりはありません。

クアラルンプール国際空港。
それは、あっという間のできごとだった。
アジア系の男性に女性二人が近づいて、素早く男性に飛びかかった。
男性は、空港職員に助けを求め、空港内の診療所まで歩いて向かった。
診療所内で意識を失った男性は救急車で病院に搬送されたが、車内で息を引き取った。


数か月前。
ごるご君のもとに、一本の電話が入った。
「ある人物の狙撃をお願いしたい。そして、私と私の家族を守ってほしい。」
相手は、フランス語で話し始めた。
「詳しい話を聞こうか。」
ごるご君にとっては、久しぶりの仕事だ。
「私は、現在、中国に居ます。こちらまで来ていただけるでしょうか?」
最近、職にあぶれて、東急ストアでアルバイトをしている、ごるご君だ。
本業の依頼は嬉しいのだが、外国に行くには交通費も持ち合わせていない。
「あなたの評判は聞いています。ぜひ、あなたに、この仕事をお願いしたい。最初に往復の旅費を振り込みます。口座番号を教えてください。」
ごるご君は、ほっとしてスイス銀行の口座番号を告げた。
「一両日中に振り込みます。予定が決まったら連絡をお待ちしています。私は金です。」
「それでは、準備ができ次第お伺いしましょう。一週間ほど待っていてください。」
「わかりました。連絡、お待ちしております。」

翌日、スイス銀行インターネット口座に振込の連絡が入った。
日本円にして、約200万円だ。
中国なら、往復しても20万円もあれば十分だ。
相手は、本気だ。そして、ごるご君を信用している。
ごるご君は、ある程度の準備をして中国に行くことにした。

金に連絡をした。すぐに電話に出た。
「ごるご君です。2日後に日本を発ちます。どこに行けばいいですか?」
「上海に来てください。」
「わかりました。」

考えてみれば、ごるご君にとっては初めての海外旅行だ。
旅券を買いに行くと、パスポートの提示を求められた。
「そんな、ものが必要なのか?」と、ごるご君は思った。
「後で、また来ます。」そう言って、ごるご君は、その場を去った。

これは、困った。
ごるご君は、叔父にあたる、ゴルゴ十三(じゅうそう)に相談することにした。
「叔父さんですか、ご無沙汰しています。ごるご君です。実は海外旅行に行きたいのですが、パスポートというものがないので、どうしたらいいかわからないので電話しました。」
「そうか、そうか。それはかわいそうに。今から家に来たらいい。」
ゴルゴ十三の家は、川崎市中原区にある。
京浜東北線から南武線に乗り換えて、ごるご君は、ゴルゴ十三の家に行った。
叔父さんの、ゴルゴ十三は、家ではいつもブリーフだけで過ごしている。
セントラルヒーティング完備のお屋敷だ。しかも駅から徒歩で3分。

ゴルゴ十三の屋敷に到着した。
呼び鈴を鳴らすと、お手伝いの澄子さんが迎えてくれた。
「お久しぶりですね。旦那様がお待ちかねです。」
澄子に連れられて、奥に通される。
ゴルゴ十三は、自室にいた。
澄子に続いて部屋に入る。
「旦那様、ごるご君がお見えです。」
「おお、ごるご君、よく来た。ところでどこに行くんだい?」
「上海です。」
それだとビザもあったほうがいいな。
「澄子、ごるご君の写真を撮ってくれ。」
「かしこまりました、旦那様。」「ごるご君、こちらに来てください。」
ごるご君は、澄子に連れられて屋敷内のスタジオに行った。
「写真を撮ります。」
澄子が言うままに座った状態で上半身の写真を撮られた。
何枚かの写真を撮られた。
「はい、これで大丈夫です。疲れたでしょう、コーヒーでも飲んでください。」
「ありがとうございます。」
澄子は何か作業をしている。

5分ほどたった。
「それでは、旦那様の部屋に行きましょう。」
再び澄子の後について、ゴルゴ十三の部屋に行った。
「パスポートとビザを作った。これだけあれば世界中、どこでも行けるぞ。」
ゴルゴ十三は、にこにこしながら多数のパスポートとビザを見せてくれた。
アジアを中心に十か国以上のパスポートとビザができている。
「行先に合わせて使い分ければいい。」
「ありがとう、叔父さん。」
「ところで、上海には何の目的で行くのだ?」
「実は。」ごるご君は、先日の依頼について話した。
「それは、危険な仕事かもしれないな。」
ゴルゴ十三は、腕組みをして考えている。
「そうだ、澄子を連れて行け。きっと役にたつ。」
「そんな、そこまで甘えることはできません。」
「澄子も久しぶりに外に出たがっているから、ちょうどいい。なあ。」
「かしこまりました。旦那様。」
澄子は、微笑んで言った。
「海外は危険だから、澄子に、いろいろ持たせておくので使ったらいい。」
「ありがとうございます。」
「それでは、明後日の午前10時ぐらいに成田空港で待っています。」
澄子が言った。
「よろしくお願いします。僕は、どんな準備をしたらいいですか?」
「ごるご君のクライアントに、明後日に行くことと、到着時間は出発当日に知らせることを連絡しておいてください。」
「わかりました。他には?」
「着替えだけ持ってきてください。必要な武器は、こちらで準備しておきます。」
澄子が言った。
「ごるご君、澄子と一緒なら世界中のどこに行っても安心だ。スカイツリー観光にでも行くつもりで、ゆっくり楽しめばいい。」
ゴルゴ十三が言う。
「何から何まで、お世話になります。」
ごるご君は、頭を下げた。
「それでは、今日は帰ります。」
ゴルゴ十三と澄子は、玄関まで出て送ってくれた。
「これで、今夜は何か食べなさい。」
ゴルゴ十三は、封筒をごるご君に渡した。
「ありがとうございます。」

駅に到着したごるご君は、ゴルゴ十三にもらった封筒を開けてみた。
薄い紙が入っているようなので、札が1枚かと思ったのだが、中には小切手が入っていた。
1000万円の小切手だった。



以下、次号。


関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
鉄道模型
列車非常停止ボタン
アクセス
ニュース
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂
電車と、ラジコンヘリと、お出かけが大好き。
おまけのおもちゃB級コレクター。
まだまだ、更新!

Rakuten
最新コメント