JR京都線 高槻駅 列車非常停止ボタンとロープの可動式ホーム柵 - にゃん吉一代記

JR京都線 高槻駅 列車非常停止ボタンとロープの可動式ホーム柵



JR京都線は、JR東海道線の京都から大阪の間の路線である。
東海道線は東京までつながっているので、線路は続くよどこまでも、なのだ。

高槻は大阪府内だが、京都も近いようだ。
快速なら、京都までは12分ほど、大阪までは18分ほどのようだ。
距離は大阪までも、京都までも21kmほど。
大阪駅と京都駅の中間地点あたりと言えるだろう。


DSCN5699.jpg

最初に気になったのは、このホーム柵。
可動式ホーム柵のようだが、ロープがはられているだけ。
ぱっと見は、あまり役に立ちそうにないホーム柵だ。
だいたい、どういう風に動くのかわからない。


DSCN5700.jpg

駅に来たなら、列車非常停止ボタンを撮影しないと、何かを忘れた気がする。
非常ボタンと書かれたシールが貼られている。
正方形に近い。関東のものと比べるとシンプルだ。


DSCN5701.jpg

いちおう駅名票は撮影した。
駅名票より、「冬の味覚」が気になる人は食いしん坊万歳だ。


DSCN5702.jpg

やっぱり気になる、このホーム柵。
そういえば、JR東日本でも橋本駅でみたことのないホーム柵を見た。
可動式ホーム柵も、いろいろな種類があるようだ。
だいたい、列車のドア数やドアの位置が同じとは限らない。
列車の長さが違うこともある。
ホーム柵の設置も簡単ではないだろう。



DSCN5703.jpg

列車非常停止ボタンを、もう1枚撮影。
あまり多くは撮れなかった。
関西の在来線の列車非常停止ボタンは、あまり撮影していないので貴重だ。



IMG_20170120_094155.jpg

DSCN5704.jpg

IMG_20170120_094149.jpg

しかし気になる、可動式ホーム柵をさらに撮影。
どう動くのだろう。



IMG_20170120_094306.jpg

わかりにくいかもしれないが、列車が到着すると、このロープは扉より上まで上がる。
お客さんは、ロープの下を通って列車に乗ることになる。

この方式のホーム柵なら、ドア数や長さが違う列車にも対応しやすいだろう。比較的、簡易なホーム柵なので設置の費用も完全なドアのタイプに比べると安くできそうな気がする。設備重量も、そんなに重くないだろう。設備が大掛かりになるとホームの補強も必要になりそうだ。

ホーム柵にも微妙に興味がわいてきた。





関連記事


YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
鉄道模型
列車非常停止ボタン
アクセス
ニュース
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂
電車と、ラジコンヘリと、お出かけが大好き。
おまけのおもちゃB級コレクター。
まだまだ、更新!

Rakuten
最新コメント