鉄道 - にゃん吉一代記

招き猫電車



東急世田谷線のラッピング電車だ。

世田谷線の前身の玉電の誕生から110年を記念して走っている。

DSCF3094.jpg

これが、招き猫電車。
豪徳寺の招き猫に似ている気もする。





DSCN6217.jpg

DSCF3101.jpg

世田谷線の電車は、それぞれ色が違うので楽しい。
撮影していても、飽きない。



DSCN6234.jpg

世田谷線は、ねこだらけ。


DSC_0554.jpg

クルー募集もしているようだ。




DSCN6224.jpg

乗ってみよう。
撮れて、乗って、踊れてを目指すのだ。



DSCF3091.jpg

天乃にゃん吉が電車に入る。
カメラマンと照明さんが、先に入る。
電車の床には、足跡がついている。
よく見てみると、熊より大きそうな足跡がついてる。



DSCN6229.jpg

さらに未開の車内をすすむ。
つり革も招き猫だ。



DSCF3093.jpg

あまり撮影しないであろう裏側も撮影してみた。



招き猫電車 東急世田谷線 玉川線開通110周年







YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

2017東急電車まつりin長津田



東急電車まつりin長津田だ。


DSCN6042_20170924222541c4c.jpg

DSCN6044_201709242225467e1.jpg

電車のNゲージがあった。
残念ながらディーゼル機関車や、蒸気機関車は、皆無。


DSCN6040_20170924223023475.jpg

軌道を走れるラフティングクレーン。
めずらしい。


DSCN6045.jpg

電車のモーター。
かっこいい。



2017 東急電車まつりin長津田 車体吊り上げ


車体吊り上げ。
これも、あまり見ることのできない光景。



続く。







こどもの国線Y000系こどもの国駅発車




こちらは、こどもの国線、Y000系。
めずらしい4両編成だ。







YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

東急東横線 緑のラッピング電車「青ガエル」



あまり興味のないことに人は疎いものだ。
毎日のように使っている東急東横線が今年の8月28日で、開通90周年を迎えたらしい。

そして、9月4日から旧5000系のラッピング電車を走らせているとのこと。


早速、激写したのだ。


201709070918288c6.jpg


突然、現れたのでピントはぶれているし、何を撮ったのかわからないような写真になってしまった。

この記事の前半も、この写真を撮ってから調べた内容だ。




YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

本銚子駅



銚子電鉄の本銚子駅が改装されたようだ。


本銚子駅の写真は、2枚しかない。


DSCN4978.jpg


DSCN4979_20170831220503bf5.jpg


素朴な駅舎だ。

これは、これで好きなのだが、いつも利用する人にすれば、新しい駅舎もいいだろう。



温故知新である。



もっとも残念なことは、鉄道会社の資金が少ないことであろう。
豊富な資金があれば、古いものを生かすことも可能だと思われる。

情緒をとれば、写真のままの本銚子駅がいいかもしれないが、実際に利用する人にとっては少しでも近代的な駅のほうがいいだろう。


資金がなくて改装が困難という、銚子電鉄の、お話も、ごもっともだ。


私鉄の多くは、困難な経営だろう。


そこにこそ、感じる部分が多い。






YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

碓氷峠鉄道文化むら その1



先日、鉄道文化村に行ってみた。
気楽な1日旅行というわけだ。
神奈川からなので、普通に1日で往復できると思ったのだが、無計画な旅は、やはり険しいのであった。


20170814_085157.jpg

高崎までは、高崎線直通の湘南新宿ラインだ。
青春18切符で乗れる。
横浜から高崎まで、片道運賃は、2,268円。青春18切符は、5日使えて、11,850円なので1回あたり、2,350円以上のところで
使えばモトは取れるといったところだが、高崎を往復すれば、約4,500円。モトは十分にとれるのだ。

朝は、少し早めに出て高崎に向かう、碓氷峠鉄道文化むらに行くには、高崎からJR信越本線に乗換えだ。これもJRの路線なので青春18切符で乗れる。片道496円だ。


DSCF3013.jpg


DSCF3014.jpg

鉄道文化むらの前まで来てみると。こんな看板がある。

アプトの道

碓氷峠は、横川から軽井沢の間の難所だ。
「アプトの道」とは、いい響きだ。
虎の穴とか、キックの鬼とか、ミナミの帝王とか、エルメスの道とか、イニョップの道。
そして、「アプトの道」だ。

これは、歩かなければもったいない。
遊歩道を歩くには、料金も必要ない。
なんて、すばらしい。
健康的だし。


DSCN5446.jpg

歩き始めたばかり。


DSCN5448.jpg

この珍しいグレーチング。
これは、アプト式ラックレールの廃材利用ではないだろうか。
期待は膨らむ。


続く。





YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

最新記事
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
鉄道模型
列車非常停止ボタン
アクセス
ニュース
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂
電車と、ラジコンヘリと、お出かけが大好き。
おまけのおもちゃB級コレクター。
まだまだ、更新!

Rakuten
最新コメント