鉄道 - にゃん吉一代記

碓氷峠鉄道文化むら その1



先日、鉄道文化村に行ってみた。
気楽な1日旅行というわけだ。
神奈川からなので、普通に1日で往復できると思ったのだが、無計画な旅は、やはり険しいのであった。


20170814_085157.jpg

高崎までは、高崎線直通の湘南新宿ラインだ。
青春18切符で乗れる。
横浜から高崎まで、片道運賃は、2,268円。青春18切符は、5日使えて、11,850円なので1回あたり、2,350円以上のところで
使えばモトは取れるといったところだが、高崎を往復すれば、約4,500円。モトは十分にとれるのだ。

朝は、少し早めに出て高崎に向かう、碓氷峠鉄道文化むらに行くには、高崎からJR信越本線に乗換えだ。これもJRの路線なので青春18切符で乗れる。片道496円だ。


DSCF3013.jpg


DSCF3014.jpg

鉄道文化むらの前まで来てみると。こんな看板がある。

アプトの道

碓氷峠は、横川から軽井沢の間の難所だ。
「アプトの道」とは、いい響きだ。
虎の穴とか、キックの鬼とか、ミナミの帝王とか、エルメスの道とか、イニョップの道。
そして、「アプトの道」だ。

これは、歩かなければもったいない。
遊歩道を歩くには、料金も必要ない。
なんて、すばらしい。
健康的だし。


DSCN5446.jpg

歩き始めたばかり。


DSCN5448.jpg

この珍しいグレーチング。
これは、アプト式ラックレールの廃材利用ではないだろうか。
期待は膨らむ。


続く。





YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

青梅鉄道公園 その6 2221 5540 8620 9608 蒸気機関車



青梅鉄道公園の続きだ。

最近、Windows7、Windows8、Windows10、アンドロイドのどれかで更新することの多いブログだが、それぞれのIMEの違いで変換を間違うことがある。まあ昔から誤変換が多かったので、これは言い訳にしかならないが、以前に比べると少し入力は速くなった気がする。それに伴って、あまりキーボードを見なくなってきている。さらに画面もあまり見ないので、誤変換にも気が付かない。


言い訳は、このへんにして青梅鉄道公園の続きを見よう。
前回、断ったとおり嬉しくて全く整理せずに写真を撮ったため、どの部分がどの汽車のものかわからない写真が多数ある。
なんか、言い訳がましい。


DSCN1131_20170716073113a22.jpg

どの機関車の銘板かわからない。
整備の銘板だ。


DSCN1132_2017071607311512b.jpg

8620だ。
大正3年生まれらしい。
九州と四国で走っていたそうだ。
デフもないから、スマートに見える。
動輪は、3軸のようだ。


DSCN1133_201707160731156ea.jpg

9608だ。
9600形は、真岡鉄道にもいた。
多く作られて各地で活躍していたようで、保存機も多いようだ。



DSCN1134.jpg

DSCN1135_201707160731182e5.jpg

9600形の中では、最初の頃に作られた機関車と思われる。



DSCN1136_2017071609043761b.jpg

DSCN1137_201707160904396bd.jpg

DSCN1138_20170716090440c76.jpg

明治30年の製造。
5540に関しては、前回にちょこっと説明した気がするので、割愛。

写真の説明もけっこう疲れる。
そろそろ、ブログの編集用に社員募集しようか。
火星人か土星人の人がいたら、即採用。



DSCN1139_20170716094639965.jpg

DSCN1140_20170716094641e01.jpg

DSCN1141_20170716094642f46.jpg

表題のどれかの機関車の運転台。


DSCN1142_20170716095441dab.jpg

DSCN1143_20170716095444734.jpg

DSCN1144_201707160954448d0.jpg

DSCN1145_20170716095446f0b.jpg

5540のテンダー付近と思われる。
違っていたら、ごめんなさい。



DSCN1146.jpg

この角度もかっこいい。




今回、ここまで。





YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

青梅鉄道公園 その5 2221 5540 8620 9608 蒸気機関車



青梅鉄道公園だ。

蒸気機関車の置かれているところにやってきた。

蒸気機関車が並んでいるのを見て、うれしくなって左向いたり右を向いたり、上を見たり、下を見たり。
おかげで恥ずかしながら、どの写真が、どの機関車のものか定かでない。
プレートが写っているもののみ、自信をもって型式が言える。
次回は、整理して写真を撮るように心がけよう。


DSCN1121.jpg

これは、2221。
このあたりに置かれている蒸気機関車は、かなり古い。
なんと、イギリス生まれらしい。
そして日露戦争の時は満州にも行ったらしい。
すごい経歴の持ち主だ。
まちがっていたら、ごめんなさい。


DSCN1122.jpg

5540
明治時代後半から、旅客用として活躍したらしい。
最後は工事用として昭和36年まで活躍したそうだ。
残念ながら実際に走っているころには、わたしは生まれていない。



DSCN1124_20170714125537e52.jpg

たぶん、5540の連結器。
110の連結器と比べると格段の進化の自動連結器。
昭和の時代まで使われていた機関車だということなので途中で連結器も変更されているかもしれない。



DSCN1125.jpg

何を撮影しようとしたのか、ピントがずれていた。



DSCN1126.jpg

DSCN1127_20170714133817b50.jpg

DSCN1128_20170714133818dfe.jpg

DSCN1129_20170714133822734.jpg

DSCN1130_20170714133821d2a.jpg

たぶん、2221の運転台だと思うのだが、間違っているかもしれない。



今回は、これまで。






YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

青梅鉄道公園 その4 110形式タンク機関車



汽笛一声、新橋を、はやわが汽車ははなれたり。

大和田建樹の鉄道唱歌だ。


DSCN1108.jpg

鉄道記念物にもなっているらしい。


DSCN1109_201707131229449f9.jpg

説明を読もう。
最も古い機関車のひとつと書かれている。
1B0 の軸配置だ。
ずいぶん小さな蒸気機関車だ。
何両ぐらいの客車を引っぱっていたのだろうか。



DSCN1110_20170713124103092.jpg

1B0の軸配置なのだが、先輪が大きいのか動輪が小さいのか、大きさがあまり変わらないように見える。
フランジも浅く見える。
そして何より、シンプルだ。



DSCN1111_201707131241062af.jpg

走れる距離は短そう。
石炭は最初に入れたもののみだろうか。


DSCN1112_20170713124107faa.jpg

整備の銘板は、国鉄大宮工場のものがついているが、この汽車はイギリス生まれ。
イギリスの、リバプール・アンド・マンチェスター鉄道は、世界で最初の実用的な蒸気機関車を用いた鉄道。



DSCN1113_201707131314284da.jpg


DSCN1114.jpg


DSCN1115.jpg


DSCN1116.jpg

他の蒸気機関車に比べるとシンプルに見える運転台。
でも、どうやって動かしていたのかは、わからない。


DSCN1119.jpg


DSCN1120_20170713132355e24.jpg

不憫なことに、釜はスケルトンにされている。
かわいそうだ。


DSCN1123.jpg

連結器は、鉄道模型のアーノルドカプラーより簡素な作りだ。







YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

青梅鉄道公園 その3



0系新幹線を堪能した後の青梅鉄道公園だ。


DSCN1085_201707122211297c9.jpg


なんと、遠くに新幹線がまだいる。



DSCN1085uo.jpg

300系と、700系だ。

東海道新幹線のエースたちだ。
700系は今も少数だが走っている。
500系がいないのが少し寂しい。


DSCN1086_201707122220373b5.jpg

近くに200系もいた。
JR東日本の新幹線だ。
これはすごい。
短いけど、連結されている。
先頭車同士。



DSCN1087_2017071222172381c.jpg

200系の運転台だ。
とてもシンプルだ。
鉄人28号のリモコンみたい。



DSCN1096_20170712222434011.jpg

こちらは、700系の運転台。
やはり洗練されている。
メーターもついているし。



DSCN1106_2017071222281349a.jpg

上に行くと、蒸気機関車がいる。
残念ながら、全て静態保存だ。

これは、後で撮影する。



DSCN1107_20170712223009273.jpg

ED16 1号機。
けっこう有名な車両のようだが、電気機関車はわからない。
南武線も走っていたようだ。
少し親しみがわく。



青梅鉄道公園 その3。
本日は、ここまで。





YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

最新記事
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
鉄道模型
列車非常停止ボタン
アクセス
ニュース
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂
電車と、ラジコンヘリと、お出かけが大好き。
おまけのおもちゃB級コレクター。
まだまだ、更新!

Rakuten
最新コメント