鉄道模型 - にゃん吉一代記

マイクロエース Nゲージ蒸気機関車 C56 150



新しく入線した蒸気機関車だ。
本物の蒸気機関車なら、新しく入線させるためには、様々な手間がかかり、多くの障壁もあるが鉄道模型のNゲージの場合は、購入費用さえあれば、入線させることは、さほど難しくはない。問題は購入にかかる費用ということになる。
安いものではないので、簡単に何両も入線させることはできないが、欲しくとも再販されないモデルもある。また、鉄道模型に何を求めるかということもあるだろう。飾って楽しむのもいいし、走らせて楽しむのもいい。動画やブログで好き勝手を言いながら紹介するという楽しみ方もあると思う。それは、それで楽しい。

KATO D51 SL列車セット Nゲージスターターセット・スペシャル ぷち改造


これは、先日のYOUTUBE動画。
C56も近いうちに動画にしようと思う。



DSCN6851_2017111421001968a.jpg

DSCN6850_20171114210020f5f.jpg

非常に小さいモデルだ。
どのぐらい小さいかといえば、客車と並べてみればわかるだろう。



DSCN6852_2017111421043174a.jpg

DSCN6853.jpg

20m級の客車と並べてみた。
いかに短い蒸気機関車かわかるだろう。

ちなみに、このモデルの特徴的なところは、小さいのにテンダー車であるというところだろう。
小型の蒸気機関車は、タンク機関車が多い。機関車本体に炭庫や水槽を装備しているモデルがタンク車だ。
タンク車の欠点は、積み込める炭や水が少なくなるため長距離を走れないことだ。そのため、長距離を走る必要のある蒸気機関車は、テンダー車が多い。テンダー機関車は、水や石炭の積載容積が多いのだ。現在イベントなどで走っている、D51とか、C57はテンダー機関車なのだが、これらは幹線用に作られた機関車なので大きい。真岡鉄道などで走っている、C11やC12はタンク機関車となっている。このC56は、ボディの大きさは、C11やC12とあまり変わらないが、長距離を走らせるためにテンダー機関車となっているようだ。大型の機関車を走らせることを目的に作られた幹線以外の線路では重量の重い大きなテンダー車を走らせることはできなかった。しかし、長距離を走ることが必要な場合もある。途中で炭や水を補給できない環境の中を走ることもあるだろう。そんなわけで、こういった特殊なテンダー機関車が生まれたのだろう。


DSCN6854.jpg

実物は見たことがない。
写真を撮りに行きたいのだが、実際にC56が走っている路線は、少ない。大井川鉄道に、C56形44号機、京都鉄道博物館に、C56形160号機があるようだ。一度、実物を見たいものだ。
テンダーは、そんなに大きくはない。これでもタンク機関車よりは炭や水が多く積めたのだろう。


DSCN6856.jpg

マイクロエースの蒸気機関車は、そのほとんどが腰高に見えることが多い。実際に高さが高いことが多い。Nゲージで機関車という場合はモーターを積む必要がある。しかしモーターやギアを小さくするにも限界がある。今では、小さなコアレスモーターを使ってフライホイールまで搭載するNゲージ蒸気機関車が増えてきた。そして、さらにスケールも実車を忠実に縮尺するスケールのモデルが増えている。2017年に、KATOもTOMIXも、ファインスケールのC11を発売した。どちらも、最新の技術で作られた素晴らしいモデルなのだが、以前のKATOのC11のような、がんばっている感は、あまり感じられない。おそらく作っている人は、めちゃくちゃ頑張っているのだろう。でも、その時代の技術では、ファインスケールは無理でも、いろいろな角度から似させるために頑張って作られたモデルに愛おしさを感じることがあってもいいと思う。マイクロエースのモデルは、比較的最近作られたものも、蒸気機関車では過去の技術で作っている感じだ。どこかで無理をしているのだが、それがおもしろいと感じることもある。実際のところ、2007年以前は、KATOのモデルであっても、Nゲージの蒸気機関車はファインスケールではなかった。それも、D51やC62 といった比較的大型のモデルの場合もそうであった。それを思えば、小型モデルは無理をして雰囲気を出すことは、とても難しいことだろう。


DSCN6858.jpg

C56-150のお顔だ。
モーターやギアを収めこむためだろう。
少し大きめに作られている。


DSCN6859.jpg

実際の機関車を、この角度から鑑賞することは少ないだろう。
続きは、動画で発表予定。







YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

鉄道模型のカプラーな日々



最近、鉄道模型の連結器がおもしろい。
これというのも、碓氷峠鉄道文化むらのEF63の双頭両用連結器を見てからだ。

約1/150の縮尺の小さな小さなNゲージで、こんなものが再現されているとは思わなかった。


碓氷峠鉄道文化むら


これが、最初のきっかけ。


Nゲージ TOMIX EF63


そこで、ジャンク品の、EF63と、EF62を買ってしまった。


Nゲージ TOMIX EF63 双頭型両用連結器


そして、TOMIXの双頭連結器は、すごいと思った。



鉄道コレクションにTNカプラー取付


トミックスのTNカプラーは、見た目も電車の連結器っぽいし、のびるので狭いレイアウトでも走れそうだ。さらに連結部の距離も短めになる。嬉しいことに鉄道コレクションの車両への取付けは車両の加工の必要がなかった。


KATO D51 SL列車セット Nゲージスターターセット・スペシャル ぷち改造


さらに調子にのって、過去に買った客室や機関車のカプラーも変更している。


最近は鉄道模型の動画が多い。
きっと天気が悪いせいだろう。




YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

Nゲージ 蒸気機関車 C11



Nゲージは、線路の軌間9mmの鉄道模型だ。
日本では、約1/150の縮尺で作られる。
しかし、鉄道模型であるので走ることができなければならない。
そうなると、小型のモデルでは、1/150の縮尺におさめこむのが困難なこともある。
特に、蒸気機関車などは、外見が複雑だ。
線路幅9mmを、150倍すれば線路の基準でいえば、標準軌ぐらいになる。
在来線の列車は、約1/150で作られることが多いが、実は狭軌の線路を走っていることが多い。
新幹線の場合は、標準軌の線路を走っているが実車の長さが長いため1/160ぐらいで作られることが多い。
このように、模型なりの都合というものは多くある。
京成や京急や阪急の電車は、標準軌の線路を走っているので、1/150で車輪も本体も作られることとなる。

このような中で、タンク式の小型蒸気機関車の場合は、各時代の部品の都合、メーカーの考え方の違いなどがあっておもしろい。
特に、C11のように、いろいろな地方で活躍していた蒸気機関車は興味深い。



TOMIX 真岡鐵道 C11形蒸気機関車(325号機)開封!



TOMIX 真岡鐵道 C11形蒸気機関車(325号機)ナンバープレート取付



KATO Nゲージ 蒸気機関車 C11 リニューアル 2017年4月発売



Nゲージ蒸気機関車 C11 KATO TOMIX 2017年発売



KATO Nゲージ蒸気機関車 C11 新旧比較



C11ジャンク品 1,555円



Nゲージ蒸気機関車 マイクロエースC11 304 戦時型



2017年のモデルはコアレスモーターを使って、1/150に合わせているが。こうなると車輪の幅が少し不自然にも見える。
線路上を走らせる都合もあり、車輪やフランジには制約がある。
これも、いろいろとおもしろい。

昔のモデルにも味があったような気がして、古いC11のNゲージが売られていると欲しくなる。
最近の精密なモデルのおかげで古いモデルの価格が下がっている。
いろいろ比べてみたくなるのだ。






YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

ジオコレを買ってみた。



TOMYTECのジオコレを買ってみた。


トミーテックのジオコレ


蒸気機関車に、水や炭を供給する設備だ。

蒸気機関車は、好きなのだが、それを走らせるために必要なものは、あまり知らない。
残念なことに、蒸気機関車は簡単には走れない。
走る前の準備も必要だし、走った後の後始末も必要なのだ。
電車や、ディーゼル車と比べると、手間がかかる。



DSCN4458.jpg

DSCN4459_20170710230057adf.jpg

DSCN4460_2017071023005822b.jpg

DSCN4461_20170710230059198.jpg

DSCN4462.jpg


米を作るには、88の手間が必要といわれている。

「米」をばらすと。八、十、八 なのだ。



蒸気機関車の運行も、同じように今の電車やディーゼル車以上の手間がかかる。



それでも、走ってほしい。






YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

Nゲージ C11 ジャンク品 1,555円



C11のNゲージ。
カトーの2002年頃の商品と思われる。

2017070507515631a.jpg

約15年前の鉄道模型にしては、きれいだと思う。
前にアーノルドカプラーが取り付けられている。
客車や貨車の入れかえにも使われた小型の蒸気機関車だ。
バックで牽引することも多かったことだろう。
機関車は、方向転換が簡単にできないから、いろいろな型式も生まれたのだろう。
以前の持主の方は、なかなかレアな楽しみ方をしていた方らしい。


201707051955364b4.jpg

かなり大切にされていたのだろう。
目立った傷もついていないし、部品も特に外れているものはないようだ。


「ジャンク1555円号」とでも名づけてあげよう。
「ワンスリーファイブ円号だ。」


C11ジャンク品 1,555円


これも短い動画にしてみた。
お暇なら見てくだされ。




YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

最新記事
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
鉄道模型
列車非常停止ボタン
アクセス
ニュース
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂
電車と、ラジコンヘリと、お出かけが大好き。
おまけのおもちゃB級コレクター。
まだまだ、更新!

Rakuten
最新コメント