ごるご君 - にゃん吉一代記

金正男は生きている 16



※この物語はフィクションです。実在の人物、国家、団体、企業等には何ら関係はございません。

金正男は生きている
金正男は生きている 2
金正男は生きている 3
金正男は生きている 4
金正男は生きている 5
金正男は生きている 6
金正男は生きている 7
金正男は生きている 8
金正男は生きている 9
金正男は生きている 10
金正男は生きている 11
金正男は生きている 12
金正男は生きている 13
金正男は生きている 14
金正男は生きている 15


実行

夕方、ごるご君は澄子と落ち合った。
そして、昨夜泊まったホテルに帰った。
「空港は、ものものしいわね。」
澄子が言った。
「昨日より、騒がしくなっていますか?」
「そうね、人は、増えているわ。」

「金さんを呼ぶのはいいけど、空港から出たあとで姿をくらませてもらうのは難しそうね。」
「車で移動してもいいけど、イレギュラーなことが起きると対応できないかもしれません。この国の運転マナーは、かなり悪い。」
「安全なのは電車だけど、目立つと困るわね。どうしましょうか。」

「もう、一日空港のあたりを探りながら、考えましょう。」
「そうね、そのほうが間違いないわね。早く金さんに来てほしいけど今のままでは危険だわ。」

澄子は、奈々に電話をかけた。短い会話だった。

「金さんは、真剣にダイエットしているらしいわ。別人のようにスリムになったそうよ。」
「それは、よかった。少しは敵の目もくらませることができますね。」
ごるご君は、笑った。



翌日、朝食の後にごるご君と澄子は、揃って空港に出かけた。
二人とも、イタリア人っぽい変装をした。
移動は、目立たないように電車だ。
2017年2月13日のことだ。

格安空港専用カウンター前、恰幅のいい男が歩いてきた。
「金さんに似ていますね。」小さな声で、ごるご君が言った。
「どこかの組織の囮かもしれないわね。」澄子も、小さな声でうなづく。

その瞬間のことだった、
若い女性が二人、その男に近づいた。
そして、一瞬の間に男に危害を加えて去っていった。

「あら、実行しちゃった人がいるわ。」呆れたように澄子が言った。
「何が起きたのですか?」ごるご君が聞く。
「たぶん、大騒ぎになるわよ。私たちは、帰りましょう。」
二人は、荷物をホテルに残したままだが、それにかまわず北京に向かう飛行機のチケットを買った。
澄子は、ぬかりない。いつでも出国できるように、パスポートとビザは自分たちの変装に合わせたものを準備している。

飛行機に搭乗する直前に、澄子は奈々にメールを送った。
金さんのダイエット後の写真と奈々の写真を、温州の空港の指示するところへ、すぐに届けるように伝えた。
温州の偽造パスポートセンターにも連絡を入れる。あらかじめ、用意するように伝えてあったので、写真さえあれば、すぐに金さんと奈々の偽造パスポートと、ビザはできあがることであろう。
そして、奈々はゴルゴ十三(じゅうそう)にも連絡をした。
クアラルンプールでの暗殺騒ぎの、ごたごたに乗じて、金さんを日本に入国させる連絡だ。
予想外の展開で、澄子は急に忙しくなった。
飛行機に乗ってしまえば休めるが、外部との連絡は取れなくなる。
飛行機に搭乗する前に、できるだけのことをしなければ、ならなかった。

18:00。
ごるご君と澄子を乗せたマレーシア航空のジェット機は、クアラルンプール空港を飛び立つ。
空港内は、ごったがえしているが、すでに搭乗手続きを済ませた旅客には、何の影響もなかった。
「6時間あまりで、北京に着くわ。きっと、金さんと奈々さんも北京にきているはずよ。」
澄子が楽しそうに言った。
「無事に空港に来られるといいですね。」心配そうに、ごるご君は言う。
「奈々さんのことだから、ぬかりはないと思うわ。クアラルンプール空港の騒ぎは知っているはずだから。金さんが運転手の陳さんに変装して車を運転して空港に行くのじゃないかしら。そして、トランクに隠れていた陳さんが、帰りの車を運転して帰るかもね。」
澄子は、あまり心配していないようだ。
こんな時、いつも心配性の、ごるご君は不安になるのだが、それは口に出さないことにした。
この飛行機は、6時間ほど後には北京に到着する。それまで、何かをやろうとしても、空の上では何もできない。それなら、あれこれ考えるより、結果を待つほうが楽だ。澄子の悟ったような行動は、これまでの豊富な経験の賜物だろう。何かをできる時には、てきぱきと行動するが、何もできない時に、何かをやろうとはしない。しかし、それは、あきらめなどではないのだ。

6時間後、飛行機は北京に到着した。
深夜なので、人は少ない。
「コーヒーでも、飲みましょうか?」澄子が言う。
機内では、あまり眠ることもできなかった、ごるご君だが、目はさえている。
「苦いコーヒーを飲みたいです。」
「いつも、砂糖をいっぱい入れるのに?」澄子が、からかうように言った。

コーヒーショップに入ると、澄子はスマホの電源を入れた。
スマホのディスプレイを確認して、うれしそうにしている。
「奈々さんからですか?」
ごるご君が聞くと、「そうよ。」と答える。
「内容は?」ごるご君が聞いたが、「内緒。」とだけ言う。

コーヒーがテーブルに置かれた。
ごるご君も、澄子もコーヒーを味わった。
少し、落ち着いた気がした。
「さて、出ましょうか。」
澄子が言う。
「はい。」
伝票を持った、澄子に続いて、コーヒーショップを出た。

「搭乗手続きをしてくるわね。そこで待ってて。」澄子は、ごるご君を残して、搭乗手続きに向かった。

「おまたせ。」
澄子は、ごるご君に飛行機のチケットを渡した。
パキスタン国際航空、成田行きのチケットだ。

「まだまだ時間があるから、ソファーで休みましょ。」澄子が言う。
「そうしましょう。」ごるご君も賛成した。
旅行客が、ぽつりぽつりといるが、長いソファーに横になっても、誰も困らない程度だ。
ごるご君は、ソファーに横になった。
目が冴えているはずだったが、いつの間にか、うとうととしていた。

「飛行機に乗るわよ。」
澄子の声で目が覚めた。時計を見ると、7時を過ぎている。
「顔を洗ってらっしゃい、終わったら、搭乗手続きよ。」
ふらふらしながら、ごるご君はレストルームで顔を洗った。
レストルームを出ると、澄子に手を引かれるようにして搭乗手続きをした。

そして、すぐに飛行機に乗り込んだ。
「ハロー。」隣の、ご婦人が話しかけてきた。どこかで聞いたことのある声だ。
「グッドモーニング。」ご婦人の隣の男性の声にも聞き覚えがある。
澄子は、笑顔で会釈している。

「金さんと奈々さん。」ごるご君は、やっと気がついたが声には出さなかった。

午後1時前。
パキスタン国際航空のジェット機は、成田空港に着陸した。
そして、4人とも何事もなく入国の手続きを済ませた。

空港ロビー。
「ごるご君、無事に日本に連れてきてくれてありがとう。」金さんが言う。
「自分は、何もしていませんから。」高倉健さんのような口調でごるご君が答える。
「これは、今回の仕事の謝礼です。」
金さんは、ごるご君に、封筒を渡す。
「これは、受け取れません。」
「マレーシアにも行ってもらったし、経費もかかっているいるでしょう。受け取っていただかないと困ります。」奈々が言った。
「もらっておきなさい。」澄子が言う。
「そうですか、それでは遠慮なくいただきます。」ごるご君は金さんからもらった封筒を内ポケットに入れた。

金さんと奈々さんは、澄子と」一緒に、まずは、ゴルゴ十三(じゅうそう)の家に行くことになった。
ごるご君は、三人と成田空港で別れた。
明日からは、また、東急ストアーでアルバイトが待っている。

アパートに着いた。
ずいぶん長く留守にしていた気分だ。
ジャケットを脱いだ、ごるご君は、内ポケットに入った、金さんの謝礼を思い出した。
小切手が入っていた。
スイス銀行の小切手だ。
額面は、1,000,000だ。
100万円か、まあ、ほとんど何もしていないし。ごるご君は、額面にほっとした。

しかし、よく見てみると、『円』ではなかった。
1,000,000は、『米弗』であった。





本章終了。



YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

金正男は生きている 15



※この物語はフィクションです。実在の人物、国家、団体、企業等には何ら関係はございません。

金正男は生きている
金正男は生きている 2
金正男は生きている 3
金正男は生きている 4
金正男は生きている 5
金正男は生きている 6
金正男は生きている 7
金正男は生きている 8
金正男は生きている 9
金正男は生きている 10
金正男は生きている 11
金正男は生きている 12
金正男は生きている 13
金正男は生きている 14


訪問者

横になってからも、ごるご君と澄子は、ディスプレイに映し出される空港の様子を確認していた。
クアラルンプールは国際空港だ。ごるご君も、かなりの数の写真を撮影しているが、空港は広い。
この中から怪しげな人をピックアップするだけでも、一苦労だった。
何枚も何人もをチェックする。
澄子の記憶力は、ずば抜けたものがある。
その時に必要な情報を、的確に集める。
情報処理の能力が極端に高いのだ。
しかし、ごるご君は澄子が過去に何をやっていたのか、詳しいことは知らない。

朝になった。
食事は、ルームサービスをとった。
食事をとりながら、作戦会議の続きだ。
澄子の携帯が鳴る。
「もしもし・・・・。」
通話は短かった。

「さて、今日は私が空港に行くわ。ごるご君、携帯のチェックはわすれないようにしてね。」
「僕は何をすればいいですか。」
「そうね、クアラルンプル、プタリンジャヤのあたりをドライブしてもらおうかしら。ドライブレコーダで録画するのを忘れないようにして。レンタカーを手配しておくわ。」
澄子は、どこかに電話した。
「30分後に、ホテルの玄関前にレンタカーが届くから、お願いね。」
そう、言い残して澄子は先に出かけていった。

ごるご君は、地図を確認する。
ナビとドライブレコーダは澄子が準備してくれていた。
30分たったので、ごるご君はホテルの玄関まで行った。
レンタカーはすでに到着していた。
ごるご君が玄関を出ると、レンタカーから男が降りてきた。
「どうぞ。」男は、それだけ言ってキーをごるご君に渡した。
「ありがとう。」ごるご君は、すぐに運転席に座った。
そして、車を発進させる。
5分ほど走って、ごるご君は路肩に車を停めた。
そして、車を入念に調べる。
澄子が手配したレンタカーだ。めったなことはないだろうが用心にこしたことはない。
これは、ごるご君の習性だ。
レンタカーは、アルフォードだ。
マレーシアは、自動車は左側通行だ。日本と同じだ。
エンジンルームまで含めて入念にアルフォードを確認した、ごるご君は、再度、車を発進させた。
マレーシアのドライバーの運転マナーは日本と違って、ひどいものだった。
みんな、われ先にと走ろうとする。
ごるご君は、落ち着いて走ることにした。ここで事故を起こしてしまうと計画に差し障る。
ごるご君は、一度、クアラルンプール空港まで車を走らせた。
空港にアクセスできる道路を走って、ドライブレコーダと自分の頭に入れていく。
ナビにもルートを記憶させている。道路は突発的に渋滞した。
渋滞が始まると、車線を無視しても先に進もうとする車がある。
この渋滞を、すり抜けることは難しいが、すり抜けてしまえば、追手をまくこともできそうだ。


以下、次号。



YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

金正男は生きている 14



※この物語はフィクションです。実在の人物、国家、団体、企業等には何ら関係はございません。

金正男は生きている
金正男は生きている 2
金正男は生きている 3
金正男は生きている 4
金正男は生きている 5
金正男は生きている 6
金正男は生きている 7
金正男は生きている 8
金正男は生きている 9
金正男は生きている 10
金正男は生きている 11
金正男は生きている 12
金正男は生きている 13

ダンシング・オール・ナイト

「私、生レバーは苦手なの。」
澄子が唐突に言った。
「見た目は悪いけど、おいしいですよ。何か今回の作戦に関係があるのですか?」

「ううん。まったく関係ないわ。」
澄子の会話は、時々わからないが、実は本質だったりすることもある。

「ごるご君、もう一度、写真を確認しましょうか。動画も見ておかないとね。」
「そうですね。」
「何時間も空港に居る人なんて、普通はそんなにいないから、長く居る人は全員チェックしておきましょう。」
「到着カウンターが見える場所で、ずっとコーヒーを飲んでいる人がいました。」
「怪しいわね。他にも怪しい人はいると思うわ。」
「そうですね。空港を出る前に、自分を追っていた人は気配も感じさせませんでした。」
「金(きん)さんが言っていたとおり、完全に狙われているようね。まあ敵も中国では実行したくないはずだから、今のお屋敷は襲わないと思うわ。」
「そうですね。でも、敵の動きが一本の間は、何をやるにも敵に知られてしまいそうです。」
「そうなのよ。だから、敵を混乱させて多くのチームが動くように仕向けたいわね。いくつかのチームの誰かが実行したように仕向けるつもりよ。」
「そのために、金(きん)さんの行方を多くの人に探させるように仕向けるわけですね。」
ごるご君も、澄子も同じように考えていた。
「金(きん)さんが、マレーシアに入ったところで実行されないようにしないとね。中国を出国したことは、敵にわからせないといけないし。そして、マレーシアでは行方を隠して出国していないように見せかけるの。」
「わかります。そこで大使館に隠れてもらうわけですね。」
「そうよ。そして奈々さんとは別行動のように見せたほうがいいわ。奈々さんが一緒だと敵も警戒するし。襲いやすい環境のように見せかけないと。」
「そうですね。」
「空港で、金(きん)さんを確認させて、後は隠してしまえばいいのよ。ちらちら、金さんらしい人を見せて、どこかで襲われて亡くなったことにしてしまうの。」
「そのドタバタの隙に日本に入国してもらうという筋書きですね。」
「その通りよ。」

夜も更けてきた。
澄子は、奈々に連絡した。
作戦の決行は少しでも早いほうがいいと思ったようだ。
奈々も澄子の話をすぐにわかったようだ。

「さて、寝ましょうか。」
澄子が言う。
「ごるご君、あなたが撮影してきた動画を流すので気が付いたことがあったら言ってね。」
「わかりました。」

仕事が始まると、完遂までは睡眠など二の次だ。
スナイパーの本能が、ごるご君の身体を包む。
澄子も同じだ。

灯を消した部屋のテレビには、ごるご君が撮影してきた空港の様子が映し出される。
「金さんは、明後日には、こちらにきてもらうわ。」
「早めに実行しましょう。」

澄子と、ごるご君はテレビを注視しながら床についた。





以下、次号。





YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

金正男は生きている 13



※この物語はフィクションです。実在の人物、国家、団体、企業等には何ら関係はございません。

金正男は生きている
金正男は生きている 2
金正男は生きている 3
金正男は生きている 4
金正男は生きている 5
金正男は生きている 6
金正男は生きている 7
金正男は生きている 8
金正男は生きている 9
金正男は生きている 10
金正男は生きている 11
金正男は生きている 12


Duke Togo

「はい、もしもし。」
澄子は、電話を取った。
「・・・・・・・・・・。」
「十三(じゅうそう)さんに連絡がつかないの?Dukeさんは、どこ?」
「・・・・・・・・・・。」
「そうなの!日本に来たのね。どうしたの珍しい。」
「・・・・・・・・・・。」
「日本の外務省の依頼?日本政府って、そんな物騒な依頼をするわけ?」
「・・・・・・・・・・。」
「中堅・中小企業向け海外対策安全マニュアル?最近は、そんな仕事もしてるのね。」
「・・・・・・・・・・。」

「それで、十三(じゅうそう)さんに、連絡したのね。あの人、携帯はきらいだから持っていないし。私は、今、海外なの。そうそう前に話した、ごるご君と一緒なの。ハネムーン。」
「・・・・・・・・・・。」(せきこむような笑い声)


「冗談よ。冗談。そうそう、ちょうどよかった。あのね、日本の近くの人の暗殺とか狙撃とか頼まれていない?」
「・・・・・・・・・・。」
「そうね、今はライフルで狙撃なんて、あまりないわよね。」
「・・・・・・・・・・。」
「あら、その通りよ、狙われているのは、その人。」
「・・・・・・・・・・。」
「そうよ。今回の依頼は、ごるご君に入ったの。私は、ごるご君のお供。」
「・・・・・・・・・・。」
「今は、彼は奈々さんと一緒に中国にいるわ。」
「・・・・・・・・・・。」
「わけってるわよ。奈々さんと会った時に、それはわかったわ。お屋敷に呼ばれた時は銃を持って行ったけど裏切りそうな人じゃなかったから、武器は置いてきたの。私たちは今はマレーシアよ。」
「・・・・・・・・・・。」
「そう、そんな動きがあるのね。今日は私たちも空港でかなり警戒されていたみたい。」
「・・・・・・・・・・。」
「それが怖かったから、イポーまで来ているの。そうなの、それじゃ、ここなら心配なさそうね。」

澄子の会話の相手はわからない。しかし、親しい人であることは間違いなさそうだ。
叔父の、ゴルゴ十三(じゅうそう)とも知り合いであるらしい。


「ねぇ。Duke。なにかいい方法ないかしら。本人には最終的には日本に逃げてもらおうと思っているのだけど。」
「・・・・・・・・・・。」
「そう、それじゃ、マレーシアで替え玉作戦は難しそうね。一度は、正男(まさお)さんに現れてもらわないとわかってしまうわね。まぁ入口の空港の人たちを見ていると、それは、わかったけど。」
「・・・・・・・・・・。」
「そう、そうなの。マレーシアに来てもらうのはいいけど、その後、どこに隠れてもらうか。・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・。」
「大使館?そんな所は無理でしょう。」
「・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・。」
「そんな手があるのね。さすが、Dukeさん。」
「・・・・・・・・・・。」
「それじゃ。お願いしておくわ。よろしくね。今度、日本で会ったら、おいしい卵焼き作ってあげるわね。」
「・・・・・・・・・・。」
「十三(じゅうそう)さんは、終電までには家に帰ると思うわ。よろこぶと思うから、寄ってあげてみて。私がいないから、おかまいはできないけど。」
「・・・・・・・・・・。」
「はい、それでは、また・・・・・。」


電話を置いた澄子の顔は、いつものように明るくなっていた。
電話の会話が気になった、ごるご君は澄子に聞いた。
「誰からの電話ですか?」
「東郷さんよ、Duke東郷さん。覚えていない。ごるご君も会ったことがあるのよ。でも、小さかったから覚えていないかしら。」
「あの東郷さんですか?」
「そうよ。時々、十三(じゅうそう)さんに会いにくるの。名前が似ていることから仲良しなのよ。」
「知りませんでした。」

続けて、ごるご君は会話の中で気になったことを聞いた。
「奈々さんは、どんな人なのですか?」
「あの国の、とても優秀な工作員だった人。昔は不可思議な事件のたびに影がちらつくような人だったけど誰にも尻尾はつかませなかった人よ。前は怖い人だったのだけど、すっかりカドが取れていたわね。本気になったら、とても怖い人よ。」
ごるご君は、びっくりした。しかし普通に考えれば、そうであろう。金(きん)さんを少数で守っている人だ。か弱い女性で、できる仕事ではない。


「あの守りの堅いお屋敷と、奈々さんが居るから金(きん)さんも安全だろうと思っていたのだけど、東郷さんの情報によると、あのお屋敷も敵には、知られているみたい。今は泳がされている状態らしいわ。」
「それでは、金(きん)さんは?」
「そうね、明日にでも連絡して、こちらに呼ぶことにしないと危険ね。奈々さんも一緒に来てもらわないと危険だわ。」
「そんな状況なのですか。」
「そうよ、Dukeから連絡があって、本当によかったわ。外務省さまさまかしら。でもね、もし日本に来ることがなくてもDukeは連絡をくれていたと思うわ。敵の動きも察知していたし。ごるご君が、この仕事をしていることも知っていたはずよ。」

「そうですか。」
ごるご君は不思議な気持ちになった。

「それじゃ、気を取り直して作戦会議といきましょう。」
グラスにワインを注ぎながら澄子は言った。





以下、次号。





YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

金正男は生きている 12



※この物語はフィクションです。実在の人物、国家、団体、企業等には何ら関係はございません。

金正男は生きている
金正男は生きている 2
金正男は生きている 3
金正男は生きている 4
金正男は生きている 5
金正男は生きている 6
金正男は生きている 7
金正男は生きている 8
金正男は生きている 9
金正男は生きている 10
金正男は生きている 11


黒川紀章

クアラルンプール空港、現地時間、午後2時30分。
昼食をとることも忘れて、写真を撮り続ける、ごるご君の携帯に着信。澄子からだ。
「はい。」
ごるご君が、携帯に出ると、澄子は、
「ごるご君。そのまま空港を出てETSに乗って、イポー駅に来て。後ろは振り向かないで。」と言った。
いつになく、澄子の声は真剣だ。
ごるご君も、ただならぬ気配を感じた。
「わかりました。」
すぐに、ごるご君は空港を出てETSに乗った。
午前中は視線や気配を気にしていた、ごるご君だが、すっかり警戒の念が薄れていた。
これは、空港の雰囲気のせいであろうか。
澄子からの電話で我にかえると背後に、重い雰囲気を感じた。
しかし、後ろを振り向いてはならない。
澄子の言葉だけでなく、ごるご君の本能もそう感じた。


ETSが走り始めると、さきほどの悪い気配はなくなった。
つけられてはいない。
すぐに澄子から着信。
「ごるご君、イポー駅の改札の前で待ってるわ。」

イポー駅までは、2時間半ほどかかった。
ごるご君が列車を降りて改札に向かうと、澄子は待っていてくれた。
「おつかれさま。ここに宿をとったので、今日はここで泊まりましょ。」
ごるご君は、澄子に連れられて、宿に向かった。

きれいな街だった。
しかし、観光を楽しむ雰囲気ではない。
珍しく、澄子が真剣そのものなのが気にかかる。

「ごるご君、ごめんね。急だったので1部屋しか取れなかったの。ツインルームだから大丈夫よね。」
いつもの澄子なら、こんなことは言わない。
「大丈夫です。気にしないでください。」ごるご君が答えた。

部屋に入る前も、澄子は周辺を気にしている。

二人は部屋に入った。
ごるご君は、部屋が盗聴、盗撮されていないか調べた。
スナイパーという職業柄、狙われることは多い。
身を守るすべを知っていないと生き抜くことはできない。
澄子も部屋を念入りに確認している。

「大丈夫です。」
ごるご君が言った。
「そうね、大丈夫。」
澄子もいった。

二人は、ひとごこちついた。

「残念だけど、今日の夕食はルームサービスでとりましょう。」
澄子が言う。
「そうしましょう。」
ごるご君も賛成した。

部屋に夕食が運ばれてきた。
広い部屋だし、普通に考えれば豪華な夕食だ。

「思っていたより、敵は手ごわそうね。」
澄子が言った。
「そうですね。途中から気配を感じることができませんでした。澄子さんも空港にいたのですよね。」
「ごるご君から目を離さない人物が二人いたので、合流しないで電車に乗ってもらったの。二人が一緒だと知れると、この先の計画にも支障が出るし。」
「そうだと思っていました。」
「私たちの計画は、わかってないと思うけど、念のために、今日はここで泊まることにしたの。」
「用心にこしたことは、ありません。」

澄子とごるご君は、ごるご君が撮影した写真をタブレットで確認することにした。
空港の建物の写真を見て、ごるご君は懐かしい気分がしたことと、空港職員の対応を思い出した。
「そういえば、写真を撮っていて空港の職員さんに話を聞かれたけど、設計の勉強をしていると言うと納得されたのは、なぜでしょう。」
「クアラルンプールの空港は、黒川紀章さんが中心になって設計しているの。施工も、メインターミナルは大成建設、サテライトは竹中工務店だから日本人で設計の勉強をしている人が多くの写真を撮っていても、不自然ではないのよ。」
「そうだったのですか。」
ごるご君は、建物を見て、なんとなく懐かしい気がした意味もわかった。

「さて。」
澄子と、ごるご君は多くの写真の中から必要なものと必要ではないものを分けていく。
200枚ほどの写真がピックアップされた。

そのとき、突然に澄子の電話に着信があった。




以下、次号。












YOUTUBE チャンネル登録お願いします。


PR



Google+
ブログパーツ

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

最新記事
Google


このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。
鉄道模型
列車非常停止ボタン
アクセス
ニュース
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

天乃にゃん吉

Author:天乃にゃん吉
ついに半世紀を生きた♂
電車と、ラジコンヘリと、お出かけが大好き。
おまけのおもちゃB級コレクター。
まだまだ、更新!

Rakuten
最新コメント